ホームレスの大半が多重債務者?

スポンサーリンク

9月28日付の東京新聞が「ホームレス 大半が多重債務者」と報じている。名古屋市にあるホームレス施設「笹島寮」の調査で、利用者の70%強が多重債務者だったという。同寮の生活指導員は「多重債務問題の取り組みなくしてホームレス問題の改善、解決はない」と訴えている。

この手の話は以前にどこかで聞いたナ。法律の知識がないから自己破産とかいろいろの申し立てができないんだヨ。弁護士が相談に乗ってやれば解決するケースも多いハズ。これもまたアウトリーチの問題でサ、助ける側から手を伸ばしてあげないと助からない人が多いんだよナ。事務所で待っていてもホームレスは相談にゆかないんだヨ。それがホームレスの基本的なメンタリティだと思うけどネ。

関連記事

ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果... 「ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。  ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で...
NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織... 古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。  ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。  支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対...
ホームレス事件3題 「ホームレス連続襲撃か=バットで殴る、警視庁が捜査」(2008年3月13日・時事ドットコム)ということで、相も変わらずホームレスへの襲撃事件はあとを絶たないわけである。ふたりともかなり重傷のもよう。  東京都府中市で就寝中のホームレスの男性が男にバットのようなもので殴られて負傷する事件が2件相次ぎ...
アメリカ漫画と韓国のホームレス施設... 「EP : end-point  科学に佇む心と体」という科学関係のブログを運営されている雨崎良未さんからのネタをご紹介。 アメリカの有名な漫画に「Doonesbury@Slate」というのがあって、ここに準レギュラーでワシントンのホームレスが登場するらしい。そのAliceとElmontは図書館...
スポンサーリンク