イギリスのITホームレス支援事情

スポンサーリンク

「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。

まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか、非常に興味深いところだ。注目してゆきたい。

ところで、では日本でこのようなことが可能だろうか? 携帯電話程度ならばなんとかなるのだろうが、インターネットとなると、昼間っから酒をかっ食らって大騒ぎ、クダを巻いているようなオッチャン連中には、とても扱いきれない気がする。仮になんとか使えるようになったとしても、ネットが社会復帰にどれほど役に立つものか、今のところまったくの未知数だ。

……と、では今まさにそのITホームレスを地でゆくわたしの先行きも、お先真っ暗ということになる。なかなかに気が重いことではある。

関連記事

ホームレスが施設に損害賠償請求 読売新聞によると、川崎市のホームレス一時宿泊施設を利用した男性が、精神的苦痛を受けたとして施設を訴えたというんだな。番号で呼ばれたり暴言を吐かれたそうな。施設運営会社ならびに業務委託している市に230万の慰謝料請求だ。3月から6月までというし、民間なら「愛生寮」ではないな。業務委託というとあそこの簡...
「神奈川県ホームレス就業支援協議会」設立... わたしの知る限り、このニュースを報じたのは日経新聞だけのようだった。少なくとも朝刊において、毎日、読売、朝日の3紙は記事にしていない。なぜ日経だけが?という見方もおもしろいけれど、それはさておき…… 8月4日付の日経新聞・神奈川版は、県、横浜市、川崎市、県労働福祉協会など9団体が、ホームレスの就...
ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果... 「ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。  ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で...
長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
スポンサーリンク