イギリスのITホームレス支援事情

スポンサーリンク

「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。

まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか、非常に興味深いところだ。注目してゆきたい。

ところで、では日本でこのようなことが可能だろうか? 携帯電話程度ならばなんとかなるのだろうが、インターネットとなると、昼間っから酒をかっ食らって大騒ぎ、クダを巻いているようなオッチャン連中には、とても扱いきれない気がする。仮になんとか使えるようになったとしても、ネットが社会復帰にどれほど役に立つものか、今のところまったくの未知数だ。

……と、では今まさにそのITホームレスを地でゆくわたしの先行きも、お先真っ暗ということになる。なかなかに気が重いことではある。

関連記事

東京23区のホームレスが2割減  東京都の調査では、23区のホームレスが昨年に比べて1,000人以上減り、4,200人余りになったと朝日新聞が報じた(リンクが切れているかも)。都では家賃3,000円で2年間アパートを貸す「ホームレス地域生活移行支援事業」などの施策が奏功したと見ている。  今3,000円を払えるからといって2年後...
パリ市職員の51人がホームレスだった フランス・パリ市職員のうち、少なくとも51人がホームレスだったことがわかったと、9月17日付の朝日新聞(asahi.com)が報じた。市民は衝撃を受けているという。 いずれも最も給与水準の低い公務員たちで、離婚など家庭の事情が原因でホームレス生活を強いられている人が多いらしい。市は低所得者向け住...
野宿者自立支援のNPO法人が1億3千万円所得隠し... 嫌なニュースだねぇ。「野宿者自立支援のNPO法人が1億3千万円所得隠し」(5月15日付・朝日新聞)。  野宿生活者らの自立を支援するNPO法人「大東ネットワーク事業團」(大阪市西区)が大阪国税局の税務調査を受け、宿泊施設の利用料などを申告していなかったとして、05年12月期までの3年間で計約1...
ホームレス自立支援施設で利用制限 「ホームレス自立支援施設で利用制限、入所拒否も/川崎市」と、5月26日付・神奈川新聞が報じた。  川崎市がホームレス(路上生活者)の自立や就労を促進するために設けた施設の利用要件に「市内で三カ月以上野宿していること」との制限を加え、他都市からのホームレスの利用を事実上、約一年にわって門前払いし...
スポンサーリンク