ニートやフリーターは国の将来に……

スポンサーリンク

どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、
「将来の税収に影響する」
「経済が衰退する」
「国力が……」
というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろうと考えているんだけれど……

メディアは連日のようにこの話題を取り上げているし、一過性の話題では済まされないということで、継続して考えてゆく機会が与えられたのなら、この種の視点も戦略的ではあるけれど。

そこへゆくとホームレスなんて、なかなか戦略的には話題にしにくいよね(苦笑)。高齢者が多いから税収には大して影響ないだろうし、むしろ歳出を問題にされちゃうかも知れないし、あんまり経済発展には貢献しそうもないし、国と一緒に衰退していっちゃうかも知れないし、世知辛い世の中で貧困の問題を語っても虚しいものになりがちだし……

うぅ~ッ!

関連記事

ニート~良くもなく悪くもなく  このカテゴリーで扱うニートや引きこもりの話題についての、わたしのポジション。 原因  すでに『ニートと引きこもり(5)』でも触れているとおり、ニートや引きこもりの原因は産業構造・雇用・家庭・教育・住宅環境・地域社会など、さまざまな分野で起きている大きな構造的変化にある。それらが複雑に絡...
日本人、哀れなり 数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。 年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢...
ニート成人 10日付の読売新聞・社説は、成人の日を受けて「『働く』ことの意味を考えたい」と題しているのだが、もちろんニートにも触れられている。  気がかりなのは、働こうとしない若者が増えていることだ。 ~中略~  企業が採用を抑え、人材育成を怠ってきた影響は大きい。だが、若者の側も就労意欲をなくし、働くことに...
まだ間に合うよ(2) 7月以降、厚生労働省がニートやフリーターなどを支援する「若者自立塾」がスタートした。しかし、その内実は、早寝早起きなどの生活習慣を身に付けながら、職場体験などによって就労意欲を高めさせ、 「ニートの根性をたたきなおす(与党の有力議員)」(8月3日付・読売新聞) ものだという。 「朝6時半起床。ぞ...
スポンサーリンク