ニートやフリーターは国の将来に……

スポンサーリンク

どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、
「将来の税収に影響する」
「経済が衰退する」
「国力が……」
というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろうと考えているんだけれど……

メディアは連日のようにこの話題を取り上げているし、一過性の話題では済まされないということで、継続して考えてゆく機会が与えられたのなら、この種の視点も戦略的ではあるけれど。

そこへゆくとホームレスなんて、なかなか戦略的には話題にしにくいよね(苦笑)。高齢者が多いから税収には大して影響ないだろうし、むしろ歳出を問題にされちゃうかも知れないし、あんまり経済発展には貢献しそうもないし、国と一緒に衰退していっちゃうかも知れないし、世知辛い世の中で貧困の問題を語っても虚しいものになりがちだし……

うぅ~ッ!

関連記事

ニートと引きこもり(4)  前回、ニートや引きこもり、ホームレスなどの分類については、就業意思のあるなしで分類・対策を考えたほうがシンプルになるのではないかというような意味のことを書いたが、5月17日の産経新聞でニート問題が取り上げられたとき、すでに「就業意欲」を分類の概念として取り込んでいた人の記事があった。  ...
ニート成人 10日付の読売新聞・社説は、成人の日を受けて「『働く』ことの意味を考えたい」と題しているのだが、もちろんニートにも触れられている。  気がかりなのは、働こうとしない若者が増えていることだ。 ~中略~  企業が採用を抑え、人材育成を怠ってきた影響は大きい。だが、若者の側も就労意欲をなくし、働くことに...
親の愛は悪か?  悩んでいる。 ニートを問題視するのはよいことか?  働かないのは問題だ、国の経済上問題だ、労働義務を果たしていないのは問題だ、事件を起こすかも知れないので問題だ、ホームレスになっちゃうかも知れないので問題だ……などなど。むろん、わたしもこれに加担しているわけだが、しかし、これは問題だと声高に叫...
「ちゃんといい加減に生きよう」と玄田さん... ニートなどの研究で知られる東京大学社会科学研究所の玄田有史助教授が「ニートが大人に問うたこと」というテーマで講演したとライブドアニュースが報じた。助教授は「社会全体が余裕を失っている。生真面目になりすぎるのではなく、"ちゃんといい加減に"生きよう」と語ったという。  玄田助教授は「何でも理解し...
スポンサーリンク