ニートやフリーターは国の将来に……

スポンサーリンク

どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、
「将来の税収に影響する」
「経済が衰退する」
「国力が……」
というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろうと考えているんだけれど……

メディアは連日のようにこの話題を取り上げているし、一過性の話題では済まされないということで、継続して考えてゆく機会が与えられたのなら、この種の視点も戦略的ではあるけれど。

そこへゆくとホームレスなんて、なかなか戦略的には話題にしにくいよね(苦笑)。高齢者が多いから税収には大して影響ないだろうし、むしろ歳出を問題にされちゃうかも知れないし、あんまり経済発展には貢献しそうもないし、国と一緒に衰退していっちゃうかも知れないし、世知辛い世の中で貧困の問題を語っても虚しいものになりがちだし……

うぅ~ッ!

関連記事

ホームレスのボランティアで社会参加?... もうずっと前から考えていたことなのだが、ニートや引きこもりの人たちが社会参加する機会として、ホームレスのボランティアをするというのはどうなんだろ? そうすれば一石二鳥だよね。こういうのをコラボレーションとかなんとかいうのかな? 双方の支援団体が横の連絡を取り合えば不可能なことではないよね。あるいは行...
ニート対策にはコーチング ニート対策にはティーチング(指導・教育)よりもコーチングが有効だ。 ニートの原因として社会構造の変化、すなわち社会が「こう生きれば大丈夫」というモデルを示せなくなったということがあるのだが、これは家庭問題としても表面化していて、親が子供に「こう生きれば幸せになれる」というモデルを示せなくなっている、...
ニート成人 10日付の読売新聞・社説は、成人の日を受けて「『働く』ことの意味を考えたい」と題しているのだが、もちろんニートにも触れられている。  気がかりなのは、働こうとしない若者が増えていることだ。 ~中略~  企業が採用を抑え、人材育成を怠ってきた影響は大きい。だが、若者の側も就労意欲をなくし、働くことに...
ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
スポンサーリンク