ニートやフリーターは国の将来に……

スポンサーリンク

どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、
「将来の税収に影響する」
「経済が衰退する」
「国力が……」
というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろうと考えているんだけれど……

メディアは連日のようにこの話題を取り上げているし、一過性の話題では済まされないということで、継続して考えてゆく機会が与えられたのなら、この種の視点も戦略的ではあるけれど。

そこへゆくとホームレスなんて、なかなか戦略的には話題にしにくいよね(苦笑)。高齢者が多いから税収には大して影響ないだろうし、むしろ歳出を問題にされちゃうかも知れないし、あんまり経済発展には貢献しそうもないし、国と一緒に衰退していっちゃうかも知れないし、世知辛い世の中で貧困の問題を語っても虚しいものになりがちだし……

うぅ~ッ!

関連記事

親の愛は悪か?  悩んでいる。 ニートを問題視するのはよいことか?  働かないのは問題だ、国の経済上問題だ、労働義務を果たしていないのは問題だ、事件を起こすかも知れないので問題だ、ホームレスになっちゃうかも知れないので問題だ……などなど。むろん、わたしもこれに加担しているわけだが、しかし、これは問題だと声高に叫...
「ちゃんといい加減に生きよう」と玄田さん... ニートなどの研究で知られる東京大学社会科学研究所の玄田有史助教授が「ニートが大人に問うたこと」というテーマで講演したとライブドアニュースが報じた。助教授は「社会全体が余裕を失っている。生真面目になりすぎるのではなく、"ちゃんといい加減に"生きよう」と語ったという。  玄田助教授は「何でも理解し...
ニートと引きこもり(8)  いきなり仮説的結論。  ニートは、そして引きこもりも、結局のところ自己評価が非常に低い。詳しくは『ホームレス心理学』の一連記事に譲るが、今ここでいう両者に共通する低い自己評価とは、2種類ある自己評価のうち存在の価値のことである。今、生きて在る自分への根源的な信頼を欠いているため、能力の有無に関係...
ニートと引きこもり(3) ニート―フリーターでもなく失業者でもなく玄田 有史 曲沼 美恵幻冬舎 2004-07Amazonで詳しく見る  by G-Tools  はじめに、ニートの定義について。 『ニート』(玄田有史・曲沼美恵/幻冬舎)によると、 就業者 失業者:仕事はしていないが、行政の調査期間中(月末...
スポンサーリンク