川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?

スポンサーリンク

川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、水路・河川敷305人、公共建物周辺105人、駅周辺89人などとなっている。市地域福祉課では減少の原因として、「愛生寮」などの自立支援施策の効果だと分析している。

さて、「愛生寮」とはシェルター(ホームレス一時宿泊施設)の名称だが、この施設を利用できるのはJR川崎駅周辺などに起居していたごく一部のホームレスに限られている。全体の減少の原因が「愛生寮」などにあるとする福祉課の分析は的外れだ。「愛生寮」が原因とするならば、実際に施設から自立していったホームレスの数が公表されねばならないが、あいにくと数字が出ていない。出せる数字ではないからであろう。いずれにせよ、1年ちょっとで90人の卒業生は多過ぎる感がある。せいぜい10人程度ではないのか。卒業生ではなく「落第生」として再び路上に戻った可能性もある。

あまり知られていないが、実は「愛生寮」の設置と前後して、市内各所でホームレスを排除する動きが多発した。たとえばJRの某駅前では、ベンチに寝泊りしていた4、5人(?)のホームレスが追い払われてベンチがなくなり、仕切りのついたベンチが新たに設置された。やや離れた自転車置き場では、一角を占拠していたホームレスがいなくなり、今は鉄柵が張り巡らされている。さらに離れた高架下の公園を使っていたホームレスも荷物を撤去されたようだ。

これらは「愛生寮」の利用対象者地域ではないので、むろん彼らは「愛生寮」を使うことができない。どこかへ消えてしまったわけである。要するに、ホームレスの減少は「愛生寮」の効果などではなく、単なる排除活動の結果であると考えるのが妥当であろう。

もうひとつ、ホームレス減少の可能性として考えられるのは、数えまちがいだ(笑)。テントを張って24時間定住しているホームレスならともかくも、昼間はいなくなり夜間のみに現れる移動型のホームレスなど、数を把握するのがそもそも困難だ。調査の日・時間にたまたまいなかった、あるいは目に付くところにはいなかった、またはいたのだが調査員はホームレスと気づかなかったなど、見落とす原因を挙げればきりがない。そもそも、わたしが勘定に入っていない(爆)。

この調査をもってホームレスが減少したなどという結論はあまりに早計に過ぎるだろう。とてもじゃないが鵜呑みにはできない報道である。

関連記事

「怒った顔がおもしろい」のでホームレスに暴行... 東京新聞の「『怒った顔がおもしろい』ホームレスに暴行」によれば、東京・荒川河川敷のホームレスに暴行などを加えた都立高男子1年生7人が逮捕されたという。今年7月18日深夜、ホームレスに向けてロケット花火約30発を発射。小石約60個を投げつけたほか、暴行を加えた疑い。生徒のひとりは、 「ホームレスなら警...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
川崎市ホームレス自立支援施設問題の推移... 最新トピック ★12月15日 16日付毎日新聞によると、「川崎市社会福祉協議会」が市立川崎高校福祉科の学生、「愛生寮」の朝倉所長、周辺住民、ボランティア団体メンバーなど約200人を集めてパネルディスカッションを開いた。住民からは施設設置経緯における市の対応への批判、現在の利用者との良好な関係などが報...
川崎の愛生寮がグループホームを開設予定... 川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」が来春にもグループホームを開設すると、東京新聞が「愛生寮 来春にもグループホーム」で報じた。 グループホームとは少人数での共同生活のことで高齢者支援などではよくあるが、ホームレスのグループホームはあまり聞いたことがない。市内では初めての試みだという。 たと...
スポンサーリンク