山谷の労働者にパソコン講習

スポンサーリンク

13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。

それはそうだろうと思う。数日の講習でパソコンを使えるようになるのは不可能だ。ましてや相手は50代以上の中高年者が中心である。マウスでインターネット、ぐらいまではなんとかいけそうだが、キーボードで必ずつまずくはず。メール、ワープロ、表計算、この三つがある程度使いこなせなければパソコンを使えるとはいえないだろうし、場合によってはプレゼンソフトも使える必要がある。

ついでにいえば、「使える」と「使いこなせる」の間には相当な開きがあって、とりわけ表計算などはその差が極めて顕著に現れる。かくいうワタクシもまったく使いこなせていません。ワシ、日本製がなかったころから使ってるんで、パソ歴だけは長いんですけどネ(笑)。

それはともかく、中高年者が「使いこなせる」ようになるのは非常に難しいし、「使える」ようになるだけでもなかなかにハードルは高いが、世の中には「コンピューターおばあちゃん」なんていうとんでもない人もいて、存外に使いまくっている人もいるそうだから、ナセバナル?

関連記事

ホームレス自立支援法見直し 「ホームレス自立支援法見直し」という解説記事が、6月30日付・毎日新聞に載っている。  「ホームレス自立支援法」施行から8月で5年が経過し、同法の規定による見直しの時期を迎える。それに向け、各地で自立支援に取り組むNPO(非営利組織)など40団体が「ホームレス支援全国ネットワーク」を設立。地方...
淀川河川敷でホームレス襲撃続発 ■「淀川河川敷でホームレス襲撃続発…投石や小屋破壊」(YOMIURI ONLINE(読売新聞)) 大阪の淀川河川敷に住むホームレス3人が先月から今月にかけて、10人前後の少年グループから連続して襲撃されていたというニュースだ。石を投げられたり小屋を壊されたりしたというが、ひとりは怪我もしているからた...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
ウィリアム王子がホームレス支援 ジャーニーは9月14日、「ウィリアム王子、母親の遺志を受け継ぎ、ホームレス支援チャリティのパトロンに」と報じた。故ダイアナ元妃が関わっていたホームレス支援団体「センターポイント(Centrepoint)」のパトロン(後援者)となり、母親の遺志を継いだかたちとなった。 王子がこうした慈善団体のパト...
スポンサーリンク