山谷の労働者にパソコン講習

スポンサーリンク

13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。

それはそうだろうと思う。数日の講習でパソコンを使えるようになるのは不可能だ。ましてや相手は50代以上の中高年者が中心である。マウスでインターネット、ぐらいまではなんとかいけそうだが、キーボードで必ずつまずくはず。メール、ワープロ、表計算、この三つがある程度使いこなせなければパソコンを使えるとはいえないだろうし、場合によってはプレゼンソフトも使える必要がある。

ついでにいえば、「使える」と「使いこなせる」の間には相当な開きがあって、とりわけ表計算などはその差が極めて顕著に現れる。かくいうワタクシもまったく使いこなせていません。ワシ、日本製がなかったころから使ってるんで、パソ歴だけは長いんですけどネ(笑)。

それはともかく、中高年者が「使いこなせる」ようになるのは非常に難しいし、「使える」ようになるだけでもなかなかにハードルは高いが、世の中には「コンピューターおばあちゃん」なんていうとんでもない人もいて、存外に使いまくっている人もいるそうだから、ナセバナル?

関連記事

「富士見」シェルター設置へ(川崎)...  19日付の毎日・読売・朝日・東京・神奈川各新聞の地域版によると、18日に開かれた「川崎市ホームレス自立支援推進市民協議会」の第2回会議で、市は川崎区・富士見公園内に公園対策型シェルターを設置することを明らかにした。川崎競輪場東側の市所有地、約2,000平方メートルに、事務・管理棟を含めた2階~3階...
ホームレスの大半が多重債務者? 9月28日付の東京新聞が「ホームレス 大半が多重債務者」と報じている。名古屋市にあるホームレス施設「笹島寮」の調査で、利用者の70%強が多重債務者だったという。同寮の生活指導員は「多重債務問題の取り組みなくしてホームレス問題の改善、解決はない」と訴えている。 この手の話は以前にどこかで聞いたナ。...
東京23区のホームレスが2割減  東京都の調査では、23区のホームレスが昨年に比べて1,000人以上減り、4,200人余りになったと朝日新聞が報じた(リンクが切れているかも)。都では家賃3,000円で2年間アパートを貸す「ホームレス地域生活移行支援事業」などの施策が奏功したと見ている。  今3,000円を払えるからといって2年後...
東京・池袋でホームレスへの炊き出しボランティア募集中... 東京・池袋のボランティア・中村雅俊さんが、炊き出しのお手伝いさんを募集しています。 日時:毎週金曜日の午後3時半から5時まで(3時半から4時15分まででも可) 場所:南池袋公園 豊島区南池袋2-21(池袋駅東口より徒歩5分) 内容:ボランティア・中村雅俊さんのお手伝い 条件:年齢・性別を問わず。た...
スポンサーリンク