地域の自己責任

スポンサーリンク

近ごろは自己責任論というものが幅を利かせていて、まぁ多様性が受け入れられる時代になったものだからそうなったという流れはあるのだろうが、なにかにつけて自己責任にするのが流行なので、わたしも少しこの流れに便乗しようと思う。

で、なんの自己責任なのかというと、地域の自己責任の話である。ホームレス問題でありがちなことに、ホームレス関係の施設を作るのに地域住民が反対するケースがある。まぁなぜこの場所なのか、行政の説明責任だとか理由はいろいろありはするのだけれども、そもそも近隣地域ではホームレスが増えることをなぜ許してきたのか、その視点が圧倒的に欠けていることが多い。

これは、地域力の低下、すなわち人間関係が希薄になり、自分たちの住む地域を自分たちのものと考える人が少なくなって、地域に無関心な人が増えたことが大きな要因だろうと思う。それが大量のホームレスの流入を許してしまう結果につながる。きのう今日、地域に突然ホームレスが増えたわけではない。今日になっていきなり裏の公園に数百人ものホームレスが現れたわけではないのだ。波はあるにしても、徐々に増えていったはずである。では、それまで地域の人たちはいったいなにをしていたのだろうか。

初期段階で自治会などが個別に当たり退去願うなり、これ以上増えないように巡回活動などをおこなっていれば、町なかにホームレスの巨大なコミュニティなど到底できようもなかったはずである。自己責任論が闊歩するのなら、地域の自己責任もまた問われることになるだろう。ありていにいえば、
「自分たちの住む地域をほったらかしにしてきたツケが回ってきた」
自己責任論によればこうなる。

さらに奇妙なことには、公園などのホームレスを「迷惑だから退去させよ」と行政に迫りながら、そうしたホームレスを減らすための施設を作るというとこれまた「嫌だ」という、筋の通らないこの矛盾。こうしたことが「住民エゴイズム」や「地域保守主義」と非難される原因になっている。

以前から思っているのだけれども、地域はホームレス問題ともっと前向きに取り組むべきだ。ホームレスが数百人もいる地域など、全国でも滅多にないのである。このまれな条件を建設的に利用しようと考える人がなぜいないのだろうか。たとえば住民の持ち回りによる巡回パトロールなどは、それまで知らなかった他の住民と知り合える絶好の機会になり、そこから新たな交流が生まれる可能性を秘めているし、実際にそのような事例が報告されてもいる。出会いの機会としてだけでなく、地域の一員としての自覚も高まるだろう。さらに、子供や若者、あるいはお年寄りなどにとって、地域社会への参加機会、すなわち地域での役割が得られることの効用は大きいはずだ。彼らを苦しめている問題のひとつに、社会的役割からスポイルされているということがあるからだ。

あるいはまた、ホームレスの多い地域として積極的にアピールしてゆく方法もある。極端な話、問題を逆手に取って「ホームレス問題で町おこし」をするぐらいの発想があってよい。意欲的に取り組む町として注目を集めもし、地域力も持ち直してくるはずだ。

ネガティブな問題をネガティブに処理しているだけのところからは、なにも生まれないのではないか。これまでとはまったくちがった発想で問題に臨む人が、地域から出てこないものだろうか。そのときはじめて、あらゆる批判を一掃できるようになるのだと思う。

関連記事

ホームレスというタブー  雨崎良未さんのご紹介で今年の2月、「アメリカ漫画と韓国のホームレス施設」という記事を書いた。インターネットを使ってバリバリと社会活動をしているホームレスの漫画だ。その際、雨崎さんから 「日本の新聞連載漫画に常連キャラでホームレスを登場させることに抵抗があるとすればそれはなぜか。考えてみると吉」 ...
隠すかオープンにするか まずは住居 まず仕事を、というホームレスやボランティアが非常に多く見受けられるけれど、わたしはやはり住居が先だと考える。日雇いの仕事がいくら増えても、かつてのようなドヤや飯場の生活へと舞い戻るだけで、失業即ホームレスの状況は変わらない。常雇用で安定就労をしてアパートを借りる、というには、技能も資格も...
『傾聴ボランティアのすすめ』(ホールファミリーケア協会)... 傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献三省堂ホールファミリーケア協会(編集)価格:¥ -発送:通常24時間以内に発送Amazon.co.jpで詳しくみるby アフィリエイト戦略論(Amazy) 以前紹介した「ホールファミリーケア協会」の本。ピア・カウンセリングというのがあって、通常のカウ...
ホームレス問題? なにそれ? 既存のマスメディアはいうに及ばず、ネット上のジャーナリズムでさえ、ホームレス問題などはまず取り扱わない。そんな問題は無きが如し。テレビに映ったり新聞の一面を賑わせる事件だけが世界である。 「ホームレス問題? なにそれ?」 ジャーナリズムにホームレス問題は存在しないのが現実なのである。...
スポンサーリンク