川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向

スポンサーリンク

6月11日

きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。

しかし、地域の住民は反発している。他地域からの流入が増える懸念があるし、なんといっても、こんな話は事前に聞いていなかったからであろう。なんの相談もなく、いきなり出てきた話のようなのだ。

なぜ行政というのは、いつも自分勝手にことを進めちまうのか? 驕っているとしか思えない。

関連記事

東京・池袋でホームレスへの炊き出しボランティア募集中... 東京・池袋のボランティア・中村雅俊さんが、炊き出しのお手伝いさんを募集しています。 日時:毎週金曜日の午後3時半から5時まで(3時半から4時15分まででも可) 場所:南池袋公園 豊島区南池袋2-21(池袋駅東口より徒歩5分) 内容:ボランティア・中村雅俊さんのお手伝い 条件:年齢・性別を問わず。た...
パリ市職員の51人がホームレスだった フランス・パリ市職員のうち、少なくとも51人がホームレスだったことがわかったと、9月17日付の朝日新聞(asahi.com)が報じた。市民は衝撃を受けているという。 いずれも最も給与水準の低い公務員たちで、離婚など家庭の事情が原因でホームレス生活を強いられている人が多いらしい。市は低所得者向け住...
10万人のホームレス  新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。  以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。...
移行済み  こちらの記事は『「ビッグイシュー」統合エントリー』に移行しました。
スポンサーリンク