川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向

スポンサーリンク

6月11日

きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。

しかし、地域の住民は反発している。他地域からの流入が増える懸念があるし、なんといっても、こんな話は事前に聞いていなかったからであろう。なんの相談もなく、いきなり出てきた話のようなのだ。

なぜ行政というのは、いつも自分勝手にことを進めちまうのか? 驕っているとしか思えない。

関連記事

「リプラス」破綻で「もやい」が窮地に... 支援企業破たん、窮地に 困窮者入居保証のNPO(中国新聞/2008.11.3)  今年相次いだ不動産会社の破たんが、思わぬところへ影を落とした。九月、米サブプライム住宅ローン問題などの影響で東証マザーズ上場の「リプラス」が東京地裁に破産を申し立てると、生活困窮者を支援する特定非営利活動法人(NPO...
東京23区のホームレスが2割減  東京都の調査では、23区のホームレスが昨年に比べて1,000人以上減り、4,200人余りになったと朝日新聞が報じた(リンクが切れているかも)。都では家賃3,000円で2年間アパートを貸す「ホームレス地域生活移行支援事業」などの施策が奏功したと見ている。  今3,000円を払えるからといって2年後...
名古屋・白川公園でホームレステント撤去...  なんかあれだな、名古屋のほうでなんかあったんだろう。愛知万博に関係あるのかないのか、まぁそれはよいとしても、白川公園で最後まで抵抗していた8人のホームレスがテントを撤去されたとか、まぁそんな話のようだ。ちなみに、白川公園には緊急一時宿泊施設、いわゆるシェルターがある。行政はそこへ移るように指導して...
淀川河川敷でホームレス襲撃続発 ■「淀川河川敷でホームレス襲撃続発…投石や小屋破壊」(YOMIURI ONLINE(読売新聞)) 大阪の淀川河川敷に住むホームレス3人が先月から今月にかけて、10人前後の少年グループから連続して襲撃されていたというニュースだ。石を投げられたり小屋を壊されたりしたというが、ひとりは怪我もしているからた...
スポンサーリンク