勝つことだけを信じて

スポンサーリンク

書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたものはむかしからあったけれども、なんだか最近とても目立つようになってきた。

やはりたいへんな時代だな、と思う。たいへんなくらい嫌な時代だ。だれかが金持ちになれば、だれかが貧乏になる。だれかが成功すれば、だれかが失敗する。だれかが勝てば、だれかが負ける。そうならざるを得ないことを知ってか知らずか、それでなお「なにものか」が、人々を強迫的に駆り立ててゆく。
「自分だけは勝てる」
と信じて、人は走りつづける。それは妄想に過ぎないのだが、そうせずにはいられない。

のんびりゆこう、などという無責任なことをいうつもりは毛頭ない。ときには、人を押しのけてゆかなければならないこともある。けれど、貧乏で失敗だらけで負けてしまった人たちに、
「あぁ、元気になったらまたいっしょにやろうよ」
そうやさしくいってあげられるような金持ち、成功者、勝ち組であってほしいと望むのは、決して高望みではないはずだ。

とりわけ、どん底から這い上がったなどと称する人に多いようだけれども、なんだかやたらと自負心が強い連中が多くて気が滅入る。
「これがオレの成功哲学ッ!」
なんていわれても、べつにあンタ方の哲学なんかどうでもよいような気がする。たしかに経験者のことばには重みがあるが、その経験が万人に通用するわけでもない。いろいろ理由をくっつけてはみたものの、結局は単にツイていただけなのかも知れない。

辛酸をなめてきたからこそ勢いづくのはわかる。
「勝つためにはこうしろッ!」
といいたくなるのもわかる。しかし、鼻息荒くそんなに勝って、いったいどうするつもりなのか。勝ってどうするのか考えて勝っているのか、よく考えてから勝つことを望みたい。

関連記事

書く者と書かざる者 某月某日 ことばは虚しい。いくら叫んでも、いや叫べば叫ぶほどに、ことばはその力を失って空を切り雲散霧消してしまう。届くべきところへと届かない。届くべきところとは、すなわちあなたのその心だった。 ことばを使う者がその力を疑ったらお終いである。だからわたしはすでに終わっている。 かつて阪神大震災で被...
撮るッ!  まだまだ残暑厳しく、暑さしのぎに家電量販店へと足を運ぶことが多い。近ごろはカメラ売り場がお気に入りで、久しく手に取っていなかったアレコレをいじり倒しながら、不意にサッとレンズを振るなりガガガッとシャッターをやっつけて、まぁニヤニヤと悦に入ったりしている。  今はもう1眼レフもコンパクトカメラもデ...
毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
スポンサーリンク