10万人のホームレス

スポンサーリンク

 新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。

 以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。真冬ではないもののすでに夜間は寒く、固い床で毛布にくるまって寝る不安な日々、温かな食事の摂れない毎日、風呂に入れず清潔にできない時間、プライバシーのない精神的疲労、肉体的な疲労に加え、精神的なストレスが蓄積してゆく……。睡眠不足、疲労、免疫力の低下、などなど。屋外トイレの脇で倒れたり、避難中の自動車内で亡くなった人も出はじめている。高齢者を中心に、すでにこうした健康被害が広がりつつあるようだ。

 現在、避難民は10万人を超えたという。誤解を恐れずにいえば、帰る家のないこの人たちは、みなホームレスである。
「あったかい風呂に入りたい」
「味噌汁が恋しい」
 という避難民の声。ほかにも、
「畳で寝たい」
「手足を伸ばしてくつろぎたい」
「布団が恋しい」
「温かい食事が欲しい」
 など、想像される彼らの心の声は、ホームレスもまた共通に持つものだ。
 心からお見舞い申し上げるとともに、一刻も早くふだんの生活に戻れるよう願ってやまない。

 余談ながら、すでに一部のメディアでも報じられているが、ボランティアで現地入りする人は、避難民に不用意に励ましのことばなどかけないよう注意されたい。こうしたミスは事前の勉強で防げる。たった今、あなたは知った。それでは、いってらっしゃいッ!

関連記事

川崎市ホームレス自立支援施設問題の推移... 最新トピック ★12月15日 16日付毎日新聞によると、「川崎市社会福祉協議会」が市立川崎高校福祉科の学生、「愛生寮」の朝倉所長、周辺住民、ボランティア団体メンバーなど約200人を集めてパネルディスカッションを開いた。住民からは施設設置経緯における市の対応への批判、現在の利用者との良好な関係などが報...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
荒川千住でホームレス逮捕 9月8日の東京新聞夕刊に「ホームレスを逮捕」との見出し。小学生に暴行したホームレスが逮捕された記事だ。7日の夕方、荒川千住の河川敷で遊んでいた3人の小学生に、 「ばかにするんじゃない」 などと怒鳴りながら、殴ったり蹴ったり髪の毛を引っ張ったりして軽い怪我を負わせたという。犯人の男は、 「酒に酔ってい...
村上知奈美アナ、ブログを開設 アナウンサーの村上知奈美さんが「東京ホームレス」というサイトを運営していることはみなさんご存知だろうが、そのうちの日記部分がブログとなって独立したそうだ。わがへなちょこホームレスブログにも、すでに2本のトラックバックをいただいた。ありがとうございます。 わたしは自分のブログをホームレス関連サイト...
スポンサーリンク