10万人のホームレス

スポンサーリンク

 新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。

 以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。真冬ではないもののすでに夜間は寒く、固い床で毛布にくるまって寝る不安な日々、温かな食事の摂れない毎日、風呂に入れず清潔にできない時間、プライバシーのない精神的疲労、肉体的な疲労に加え、精神的なストレスが蓄積してゆく……。睡眠不足、疲労、免疫力の低下、などなど。屋外トイレの脇で倒れたり、避難中の自動車内で亡くなった人も出はじめている。高齢者を中心に、すでにこうした健康被害が広がりつつあるようだ。

 現在、避難民は10万人を超えたという。誤解を恐れずにいえば、帰る家のないこの人たちは、みなホームレスである。
「あったかい風呂に入りたい」
「味噌汁が恋しい」
 という避難民の声。ほかにも、
「畳で寝たい」
「手足を伸ばしてくつろぎたい」
「布団が恋しい」
「温かい食事が欲しい」
 など、想像される彼らの心の声は、ホームレスもまた共通に持つものだ。
 心からお見舞い申し上げるとともに、一刻も早くふだんの生活に戻れるよう願ってやまない。

 余談ながら、すでに一部のメディアでも報じられているが、ボランティアで現地入りする人は、避難民に不用意に励ましのことばなどかけないよう注意されたい。こうしたミスは事前の勉強で防げる。たった今、あなたは知った。それでは、いってらっしゃいッ!

関連記事

山谷の労働者にパソコン講習 13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。...
荒川千住でホームレス逮捕 9月8日の東京新聞夕刊に「ホームレスを逮捕」との見出し。小学生に暴行したホームレスが逮捕された記事だ。7日の夕方、荒川千住の河川敷で遊んでいた3人の小学生に、 「ばかにするんじゃない」 などと怒鳴りながら、殴ったり蹴ったり髪の毛を引っ張ったりして軽い怪我を負わせたという。犯人の男は、 「酒に酔ってい...
見えにくくなってゆくホームレス 6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。 公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
スポンサーリンク