もっとラクしよう

スポンサーリンク

はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。

あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを示してもいるんだろうけれども、なんかちっともまとまりがつかないんだよねぇ……

ニートが騒がれ出したのは最近のようだからまだしも、とくに引きこもりのほうはすでにさまざまに考察されていて、しかも非常にむずかしく考察されていて、はっきりいってワシの頭にはひじょーにむずかしいです。要するによくわからん。

だいたい、ワシも書いていることはあちこちで調べた末の継ぎはぎだらけなんで、こう、世間一般の視点はありきたりの紋切り型なんだが、対してこちらが書いていることもすでに書かれたものになってしまうんで、そこいらがなんとしても物足りないよなぁ。新しい切り口でスパッとやってみたいもんだけれども、それにはかなりのオリジナリティが必要で、簡単にできることじゃないしね。

え~、不況で雇用情勢が悪化したための経済問題である、有効な失業者対策を実施できない政府の責任だ、社会が経済的に成熟したために人々が目標を見失ったことによる社会問題だ、豊かになったために飢えることがなくなったせいである、家庭環境が構造的に変化して母子密着が進んだための家庭問題だ、人間関係が希薄になった地域社会の問題である、人間を偏差値だけで判断する学校化社会が進んだことの教育問題だ、などなど……?

すべてがだれかしらに当てはまり、そしてすべてに当てはまる人はいない。原因を考えたってダメなんだろう。だから、結果で考える。プロセスはまったくちがっていても、結果として出てくる状態に、それほどちがいはないんじゃないか。ならば対処の方法もシンプルに考えることができる。防ぐことはできなくても対処はしやすくなるだろう。むずかしいことを考えるのはほかの頭のよい人に任せて、そういうのが苦手なワシは簡単に考えよう。そうしよう。もっとラクしよう(笑)。

関連記事

ニートニュース ★6月14日 「ニート実態調査 家族や本人から原因聞き取り 文科省が初」(産経新聞) 中山成彬文部科学相は十三日、ニート対策などを中央教育審議会に諮問するとともに、同省は本人や家族から聞き取り調査するなど初の実態調査の実施を決めた。 ~中略~ 「原因を掘り下げ、さまざまな教育の機会をとらえて対策を...
ニートやフリーターは国の将来に……... どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、 「将来の税収に影響する」 「経済が衰退する」 「国力が……」 というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろう...
ニートとひきこもり(1)  にせ藤沢人さんのブログ「藤沢生活」の記事『引きこもりとホームレス』では、ひきこもりとホームレスの接点について触れられているが、わたしもホームレス、ニート、ひきこもりには多分に重なり合う部分があると感じている。また、フリーターも単に雇用の問題としてではなく、その心性においてどこかホームレスに通じると...
ニートと引きこもり(8)  いきなり仮説的結論。  ニートは、そして引きこもりも、結局のところ自己評価が非常に低い。詳しくは『ホームレス心理学』の一連記事に譲るが、今ここでいう両者に共通する低い自己評価とは、2種類ある自己評価のうち存在の価値のことである。今、生きて在る自分への根源的な信頼を欠いているため、能力の有無に関係...
スポンサーリンク