もっとラクしよう

スポンサーリンク

はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。

あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを示してもいるんだろうけれども、なんかちっともまとまりがつかないんだよねぇ……

ニートが騒がれ出したのは最近のようだからまだしも、とくに引きこもりのほうはすでにさまざまに考察されていて、しかも非常にむずかしく考察されていて、はっきりいってワシの頭にはひじょーにむずかしいです。要するによくわからん。

だいたい、ワシも書いていることはあちこちで調べた末の継ぎはぎだらけなんで、こう、世間一般の視点はありきたりの紋切り型なんだが、対してこちらが書いていることもすでに書かれたものになってしまうんで、そこいらがなんとしても物足りないよなぁ。新しい切り口でスパッとやってみたいもんだけれども、それにはかなりのオリジナリティが必要で、簡単にできることじゃないしね。

え~、不況で雇用情勢が悪化したための経済問題である、有効な失業者対策を実施できない政府の責任だ、社会が経済的に成熟したために人々が目標を見失ったことによる社会問題だ、豊かになったために飢えることがなくなったせいである、家庭環境が構造的に変化して母子密着が進んだための家庭問題だ、人間関係が希薄になった地域社会の問題である、人間を偏差値だけで判断する学校化社会が進んだことの教育問題だ、などなど……?

すべてがだれかしらに当てはまり、そしてすべてに当てはまる人はいない。原因を考えたってダメなんだろう。だから、結果で考える。プロセスはまったくちがっていても、結果として出てくる状態に、それほどちがいはないんじゃないか。ならば対処の方法もシンプルに考えることができる。防ぐことはできなくても対処はしやすくなるだろう。むずかしいことを考えるのはほかの頭のよい人に任せて、そういうのが苦手なワシは簡単に考えよう。そうしよう。もっとラクしよう(笑)。

関連記事

まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
ニート成人 10日付の読売新聞・社説は、成人の日を受けて「『働く』ことの意味を考えたい」と題しているのだが、もちろんニートにも触れられている。  気がかりなのは、働こうとしない若者が増えていることだ。 ~中略~  企業が採用を抑え、人材育成を怠ってきた影響は大きい。だが、若者の側も就労意欲をなくし、働くことに...
フリーター25万人を正社員化 「政府、フリーター25万人の「正社員化」めざす」と10月7日の日経新聞が報じた。首相官邸で開かれた「若者自立・挑戦戦略会議」で来年度に25万人のフリーターの正社員化を目指す方針を決めた。ニートに対しても自立支援施設を全国60カ所に設置するという。 窓口だけ作って待っていてもダメなんで、積極的にア...
ニート~良くもなく悪くもなく  このカテゴリーで扱うニートや引きこもりの話題についての、わたしのポジション。 原因  すでに『ニートと引きこもり(5)』でも触れているとおり、ニートや引きこもりの原因は産業構造・雇用・家庭・教育・住宅環境・地域社会など、さまざまな分野で起きている大きな構造的変化にある。それらが複雑に絡...
スポンサーリンク