強迫

スポンサーリンク

努力しろ 努力しろ もっと努力しろ
努力しろ 努力しろ もっと努力しろ

みんな大変 みんな辛い
だけど俺たちみんながんばっている
おまえだけができないはずはない
怠けているからできないんだ

努力しろ 努力しろ もっと努力しろ
努力しろ 努力しろ もっと努力しろ

みんな苦しい みんな泣きたい
だけど俺たちみんながんばっている
おまえだけがやれないはずはない
甘えているからやれないんだ

努力しろ 努力しろ もっと努力しろ
努力しろ 努力しろ もっと努力しろ

みんなヘトヘト みんなクタクタ
だけど俺たちみんながんばっている
おまえだけが走れないはずはない
わがままだから走れないんだ

努力しろ 努力しろ もっと努力しろ
努力しろ 努力しろ もっと努力しろ

倒れるまで努力して
死ぬまで努力して
息絶えるまで努力して
この路上 朽ちて果てゆくがいい

関連記事

ほんとうのホームレス問題(ホームレス問題ヲ語ルトイフコト)... 小説の書き方には2種類ある。「わたし」が主人公の1人称小説と「誰か」が主人公の3人称小説だ。1人称のほうが書きやすく思えるので、たいていの人は「わたし」を主人公に書きはじめる。が、実際には1人称のほうがむずかしい。したがって、初心者の書いた1人称小説は読むに耐えぬものとなる。 理由はさまざまだが...
ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
スポンサーリンク