攻める能力、護る能力

スポンサーリンク

 介護職はご利用者さんの幸せをサポートする仕事ですから、笑顔で前向き、温厚で柔和であることなどが必要で、これらは批判や非難といった行為とは対極にあります。声高に叫んだり、舌鋒鋭く切り込んだりする「攻める能力」は、むしろマイナス因子になるんですね。

 反貧困や生活保護基準引き下げ反対運動などの社会活動と介護の仕事は、必要な能力がまったく逆で、相性の悪さを感じていました。こうした活動に介護職の人が少ないことの一因なのかも知れません。

 よい介護には「護る能力」が必要で、批判や非難といった攻めの視点から離れる必要があって、そうした態度から日常的に遠ざかると「習い、性になる」ごとく、やがてそれ自体が苦手になってゆきます。むかしは得意だったけれど今は苦手、という感じ。

 組織に所属すると肩書きに縛られるので、今はどこにも所属せず、スタンドアローンでマイペース。つるまない、ということの大変さはホームレス時代に痛感していますが、苦手な活動で疲弊しないのでとても健康です。

関連記事

【フォトレポート】シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住...  2014年9月15日に東京駅前ビルで開催された、生活保護関連シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》(主催:「STOP!生活保護基準引き下げアクション」「住まいの貧困に取り組むネットワーク」)のお手軽レポートです。 ...
生活保護でブラブラ……? 「生活保護の人はちょっとねぇ……」  電話口で採用担当者がことばをにごす。自治体が民間に委託している、とある社会福祉施設の職員募集に応募したときのことだ。 「受給中の方は採用しないよう行政から指導されているので、生活保護を抜けてから応募してください」  そんなバカな、と云いかけて、しかしわたし...
【フォトレポート】「生活保護「改革」を問う11・20緊急院内集会」...  2013年11月20日、衆議院議員会館でおこなわれた「生活保護「改革」を問う11・20緊急院内集会」のフォトレポートです。10月24日に、1,000名を超える研究者が生活保護法改正案に反対し、共同声明を発表しました。通常、研究者は忙しく、声明も100人前後で、1,000人もの共同声明は異例のことだ...
生活保護の利用は自立そのものです  わたしも当初、生活保護の利用を拒んでいました。人の世話になったらイカン、自分ひとりの糊口もしのげないのはみっともなくてイカン、自立していないのはイカン、とイカンイカンずくめでした。  ですからホームレス施設の職員に生活保護を勧められたとき、はっきりと断りました。すると彼は云ったのです。 「...
スポンサーリンク