写真で見るホームレス自立支援センター 外観編

スポンサーリンク

 ホームレス自立支援センターは、路上生活者の社会復帰を支援する施設です。ハウジングプアやハウジングファーストということばを耳にすることも多くなり、「住まい」について考える機会も増えたので、ざっと紹介していきます。

 写真は2011年の春に閉鎖された、川崎市の「富士見生活づくり支援ホーム」。2008年から2009年に撮影されました。

 施設全景と広場。正門は職員と来客用で、施設利用者は通用門から出入りします。居住区域はすべてプレハブです。
透かし ~ fujimi_1

 通用門。便所裏にある物干し場。通路。休憩所など。
透かし ~ fujimi_2

 大雨が降れば、所内は水浸しです。食事のために、足首まで浸かりながら、食堂へと移動します。みんな、少しヤケクソな気分を漂わせています(笑)。
透かし ~ fujimi_3

関連記事

山谷地域越年越冬宿泊援護施設「なぎさ寮」...  川崎の埋立地は工場ばかりで、公園も緑道もレクリエーション施設もほとんどなく、一般的な散策にはまったく不向きだが、多摩川を越えて東京都に入ると、こちらには公園のたぐいが豊富にある。羽田空港にほど近い埋立地は工業地帯というより物流センター街で、ものものしい異形の工場もなく、このあたりの散策コースは東京...
川崎市ホームレス緊急一時宿泊施設「愛生寮」訪問記...  昨日、12月9日午後8時。しつこく降りつづける冷え切った雨を突いて、ぼくは川崎市ホームレス緊急一時宿泊施設「愛生寮」の門をくぐった。まさか、とお思いの方もおいでだろう。あの健次郎がみずから施設に? だが、事実、そうなのである。  ぼくは先日来、とある出来事をきっかけとして、自己支援プログラム...
写真で見るホームレス自立支援センター 生活編...  前回につづき、ホームレス自立支援センターの一例を紹介します。写真は2011年の春に閉鎖された、川崎市の「富士見生活づくり支援ホーム」です。2008年から2009年の撮影です。  代表的な4人部屋の居室です。2段ベッドをひとりで使うわけではありません。上下とも人が寝ます。鉄パイプなので、か...
スポンサーリンク