国にホームレス問題対策を期待?

スポンサーリンク

柳本顕(やなぎもとあきら)さんは、なんと大阪市会議員である。氏のブログによれば『ホームレス勉強会』を開かれたそうだ。都市部に集中するホームレス対策は自治体だけでは限界があり、国が責任を持って施策をおこなうべきであるという。

財政的な問題もあるけれども、ある程度に全体を統括する必要はあるだろう。たとえば神奈川県の場合なぞ、県・市町村連絡会議なんてものがあるのだが、全県中7割を占めるホームレスを有する横浜・川崎両市は、なんとこの会議に参加していないのだ。ここへきてようやく両市を取り込んで全県的にホームレス対策に乗り出すという話があるのだけれども、自治体内でさえこの連絡の悪さなのだから、国を相手ではなにをかいわんやである。「独自のノウハウ」などといえば聞こえはよいが、要するにみんなてんでバラバラ、好き勝手にやっていたに過ぎないわけだ。

東京なども石原都知事のツルのひと声、これまた独自にホームレス地域生活移行支援事業などというものを始めたので、隣接都市ごとに施策がちがって、ホームレスはあっちへウロウロこっちへウロウロ。きめの細かいことは抜きにしても、やはりおおもとがしっかり締めてくれないと、川崎なんぞはいきあたりばったりの姑息(その場しのぎ)な施策で税金を無駄遣いしているので、早くなんとかしてほしいと思うが、しかし国に期待できるかというと、そりゃもうほとんどまったく全然期待できそうもない。ヤレヤレ……

どうでもよいが、現役のホームレスからトラックバックされた議員さんは、おそらく柳本さんが日本初ではなかろうか? なんだかよくわからないが、すごい時代になってきた。

関連記事

「東京ホームレス」ウォッチ 久方ぶりに「☆ブログ版☆ 「東京ホームレス」 村上知奈美」をのぞいてみる。メインコンテンツの交換日記は、以前はホームレスの山本さんの日記と読者のコメントだけだったが、今年に入ってから村上さん側からの日記も付き、ようやく交換日記らしくなった。代わりに読者のコメントが消えたけれど、これはmixiに移行し...
川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
第1回「東京ホームレス会議」開催 ホームレスが販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」が、25日午後5時から、第1回「東京ホームレス会議」を開くと、「聞いて知って語って 第1回「東京ホームレス会議」開催 - OhmyNews:オーマイニュース “市民みんなが記者だ”」が伝えている。  「会議」前半は、実際の販売者3人と企業のCSR...
東京23区のホームレスが2割減  東京都の調査では、23区のホームレスが昨年に比べて1,000人以上減り、4,200人余りになったと朝日新聞が報じた(リンクが切れているかも)。都では家賃3,000円で2年間アパートを貸す「ホームレス地域生活移行支援事業」などの施策が奏功したと見ている。  今3,000円を払えるからといって2年後...
スポンサーリンク