国にホームレス問題対策を期待?

スポンサーリンク

柳本顕(やなぎもとあきら)さんは、なんと大阪市会議員である。氏のブログによれば『ホームレス勉強会』を開かれたそうだ。都市部に集中するホームレス対策は自治体だけでは限界があり、国が責任を持って施策をおこなうべきであるという。

財政的な問題もあるけれども、ある程度に全体を統括する必要はあるだろう。たとえば神奈川県の場合なぞ、県・市町村連絡会議なんてものがあるのだが、全県中7割を占めるホームレスを有する横浜・川崎両市は、なんとこの会議に参加していないのだ。ここへきてようやく両市を取り込んで全県的にホームレス対策に乗り出すという話があるのだけれども、自治体内でさえこの連絡の悪さなのだから、国を相手ではなにをかいわんやである。「独自のノウハウ」などといえば聞こえはよいが、要するにみんなてんでバラバラ、好き勝手にやっていたに過ぎないわけだ。

東京なども石原都知事のツルのひと声、これまた独自にホームレス地域生活移行支援事業などというものを始めたので、隣接都市ごとに施策がちがって、ホームレスはあっちへウロウロこっちへウロウロ。きめの細かいことは抜きにしても、やはりおおもとがしっかり締めてくれないと、川崎なんぞはいきあたりばったりの姑息(その場しのぎ)な施策で税金を無駄遣いしているので、早くなんとかしてほしいと思うが、しかし国に期待できるかというと、そりゃもうほとんどまったく全然期待できそうもない。ヤレヤレ……

どうでもよいが、現役のホームレスからトラックバックされた議員さんは、おそらく柳本さんが日本初ではなかろうか? なんだかよくわからないが、すごい時代になってきた。

関連記事

傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
川崎・日進町&堤根周辺のドヤ街(簡易宿泊所)...  簡易宿泊所のことを通称「ドヤ」と呼ぶのはご存知だろうが(「簡宿(かんしゅく)」と呼ぶ人もいる)、そのドヤが集まっているドヤ街というと、なにやらスラムのような、汚くて危険なイメージを持つ人がいるかも知れない。  写真は川崎・日進町のドヤ街である。現実にはただの住宅街だ。建物も鉄筋コンクリートや...
東京でホームレス自立支援施設が完成...  これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。  ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるた...
ホームレスの大半が多重債務者? 9月28日付の東京新聞が「ホームレス 大半が多重債務者」と報じている。名古屋市にあるホームレス施設「笹島寮」の調査で、利用者の70%強が多重債務者だったという。同寮の生活指導員は「多重債務問題の取り組みなくしてホームレス問題の改善、解決はない」と訴えている。 この手の話は以前にどこかで聞いたナ。...
スポンサーリンク