国にホームレス問題対策を期待?

スポンサーリンク

柳本顕(やなぎもとあきら)さんは、なんと大阪市会議員である。氏のブログによれば『ホームレス勉強会』を開かれたそうだ。都市部に集中するホームレス対策は自治体だけでは限界があり、国が責任を持って施策をおこなうべきであるという。

財政的な問題もあるけれども、ある程度に全体を統括する必要はあるだろう。たとえば神奈川県の場合なぞ、県・市町村連絡会議なんてものがあるのだが、全県中7割を占めるホームレスを有する横浜・川崎両市は、なんとこの会議に参加していないのだ。ここへきてようやく両市を取り込んで全県的にホームレス対策に乗り出すという話があるのだけれども、自治体内でさえこの連絡の悪さなのだから、国を相手ではなにをかいわんやである。「独自のノウハウ」などといえば聞こえはよいが、要するにみんなてんでバラバラ、好き勝手にやっていたに過ぎないわけだ。

東京なども石原都知事のツルのひと声、これまた独自にホームレス地域生活移行支援事業などというものを始めたので、隣接都市ごとに施策がちがって、ホームレスはあっちへウロウロこっちへウロウロ。きめの細かいことは抜きにしても、やはりおおもとがしっかり締めてくれないと、川崎なんぞはいきあたりばったりの姑息(その場しのぎ)な施策で税金を無駄遣いしているので、早くなんとかしてほしいと思うが、しかし国に期待できるかというと、そりゃもうほとんどまったく全然期待できそうもない。ヤレヤレ……

どうでもよいが、現役のホームレスからトラックバックされた議員さんは、おそらく柳本さんが日本初ではなかろうか? なんだかよくわからないが、すごい時代になってきた。

関連記事

差別を促進する「善良な市民」たち 「ホームレスに占領されてしまった哀しい公園たち」は、主に川崎に在るホームレスの状況を写真で紹介しているサイトである。といっても好意的に取り扱っているわけではなく、ご立派な一般市民にとってホームレスがいかに迷惑な存在か、ということを全身全霊をもってアピールしているサイトだ。 掲示板は行政のホームレ...
ホームレスが地震で募金 デンマークのホームレスがスマトラ沖地震の募金活動をして約35万円を集めたというニュース。デンマーク政府の支援金額を「少なすぎる」と批判してみずから立ち上がったのだとか。その甲斐あってか、その後、支援金額が42倍に増やされたのだとか。「家ない辛さ分かる」とは心からの共感がいわせたことばでしょう。あっぱ...
ホームレスだって投票したい ホームレスとて選挙となれば血がうずく、というわけでもなかろうが、9月3日付・読売新聞の地域版には「ホームレスに投票の機会を」という記事。川崎のホームレスシェルター「愛生寮」において、施設での住民登録を認めるよう、区役所に要望するという話題だ。 ご存知のようにホームレスには住民票がない人も多い。わ...
闇を照らせるのは光だけ ホームレス支援のボランティアさんを批判する人たちは、むかしよくこんないい方をしていたっけ。 「そんなに支援したきゃ自分の家に住まわせればいい」 「全財産をなげうって援助すればいい」 まぁこんな意見をまともに扱う必要はないんだけど、ホームレス支援に限らずなにがしかの援助活動に携わる人の中には、こう...
スポンサーリンク