「市民VSホームレス」から「自分たちVS問題」へ

スポンサーリンク

 人間、どうも「敵味方」という考えから離れられないようだ。「敵(ホームレス全部)VS味方(一般市民)」という構図から、「自分たちVS問題」という姿勢へとシフトしてゆかないと、立場のちがいによる軋轢はいつになってもなくならない。しかし、なかなかこうはゆかないようである。頭でわかってはいても感情がいうことを聞かないのかも知れない。

 以前、簡単にホームレスの分類を試みたが、こうした分類は行政はいうに及ばず一般市民にとってこそ必要なのだと思う。ホームレスと見ればなんでもかんでも十把ひとからげに論じてしまっては問題の解決策など出てきようもないし、「ホームレス」なることばでレッテルを貼りひとくくりにしてしまえば、「怠け者」「甘えている」「楽をしている」「好きでやっている」「迷惑」「臭い」「汚い」など、すべてステレオタイプの印象で認識されてしまい、個々人の事情やちがいなどまったく考慮されなくなってしまう。
「ホームレス? ありゃ甘えて怠けているだけだ。実にケシカランッ!」
 などというわけだ。

 レッテル貼りの利点のひとつは「思考の経済化」、つまり、すでにできあがった既存の価値観に従っていれば自分はなにも考えずに済んで楽チンだという面があるのだが、こうした画一的な見方はいわれなき差別を生み出すことにもなる。

 感情によって自分の意見を構築していればよいのなら話は簡単だ。だれがなんといおうと自分の考えを主張していればよい。好き嫌いとおなじレベルの意見だから、根拠など必要がない。しかし、当然に説得力は皆無となる。他者の意見との接点などありようもない。

 だが、科学的に考えようとするなら話は別になる。自分の感情が基礎になっている意見を棚に上げ、根拠あるものの上に理屈を積み上げられれば、それは他者に対しても説得力を持つことになろうし、なにより利己を離れることができる。このようにいったん利己を離れ、感情を基礎とした意見を棚に上げなければ、“問題”の解決には近づかないだろうと思うのだが、いかんせん世間には、まず自分の感情から出発してこの問題を論じている人がきわめて多い。それは批判派にしろ擁護派にしろ変わりがない。だから、いつまで経っても両者に接点が見えてこないのだ。なんとかならぬのか、ほんとうに。

関連記事

川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
対等で信頼できる人間関係  人がホームレスになる主な原因として人間関係の喪失が大きく関わっていることは、「ホームレスのすべて」で触れたとおりである。それゆえ、たとえば「自立生活サポートセンター もやい」などでも、人と人とのつながりやきずなを重視した活動方針を持っているし、他にも「tenohasi」「さなぎ達」など、こうした方...
『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』を読む... 東京大学先端科学技術研究センター「ジャーナリスト養成コース」の履修者である宮田清彦さんが、ぼくへのインタビューをルポにまとめてくださいました。たいへんな力作で、ありがたいことだと感謝しております。 事前に草稿を拝読しましたが、名称や時期のまちがい、若干のオフレコ部分を除いて、ぼくは内容に一切タッチし...
スポンサーリンク