「市民VSホームレス」から「自分たちVS問題」へ

スポンサーリンク

 人間、どうも「敵味方」という考えから離れられないようだ。「敵(ホームレス全部)VS味方(一般市民)」という構図から、「自分たちVS問題」という姿勢へとシフトしてゆかないと、立場のちがいによる軋轢はいつになってもなくならない。しかし、なかなかこうはゆかないようである。頭でわかってはいても感情がいうことを聞かないのかも知れない。

 以前、簡単にホームレスの分類を試みたが、こうした分類は行政はいうに及ばず一般市民にとってこそ必要なのだと思う。ホームレスと見ればなんでもかんでも十把ひとからげに論じてしまっては問題の解決策など出てきようもないし、「ホームレス」なることばでレッテルを貼りひとくくりにしてしまえば、「怠け者」「甘えている」「楽をしている」「好きでやっている」「迷惑」「臭い」「汚い」など、すべてステレオタイプの印象で認識されてしまい、個々人の事情やちがいなどまったく考慮されなくなってしまう。
「ホームレス? ありゃ甘えて怠けているだけだ。実にケシカランッ!」
 などというわけだ。

 レッテル貼りの利点のひとつは「思考の経済化」、つまり、すでにできあがった既存の価値観に従っていれば自分はなにも考えずに済んで楽チンだという面があるのだが、こうした画一的な見方はいわれなき差別を生み出すことにもなる。

 感情によって自分の意見を構築していればよいのなら話は簡単だ。だれがなんといおうと自分の考えを主張していればよい。好き嫌いとおなじレベルの意見だから、根拠など必要がない。しかし、当然に説得力は皆無となる。他者の意見との接点などありようもない。

 だが、科学的に考えようとするなら話は別になる。自分の感情が基礎になっている意見を棚に上げ、根拠あるものの上に理屈を積み上げられれば、それは他者に対しても説得力を持つことになろうし、なにより利己を離れることができる。このようにいったん利己を離れ、感情を基礎とした意見を棚に上げなければ、“問題”の解決には近づかないだろうと思うのだが、いかんせん世間には、まず自分の感情から出発してこの問題を論じている人がきわめて多い。それは批判派にしろ擁護派にしろ変わりがない。だから、いつまで経っても両者に接点が見えてこないのだ。なんとかならぬのか、ほんとうに。

関連記事

風邪のススメ やっぱり風邪をひいたことのない奴らはダメだなぁ。風邪ひいて熱出して頭痛がして眼の奥が激しく痛み頭がぼぅっとなり何も考えられず止まらぬせきにむせ鼻水が止め処もなく溢れ関節は痛み激しいめまいがあり歩くこともできず起き上がることもできず食欲もなく無理に食べては戻してしまい体に力も入らずひどい倦怠感に包まれ...
ホームレスというタブー  雨崎良未さんのご紹介で今年の2月、「アメリカ漫画と韓国のホームレス施設」という記事を書いた。インターネットを使ってバリバリと社会活動をしているホームレスの漫画だ。その際、雨崎さんから 「日本の新聞連載漫画に常連キャラでホームレスを登場させることに抵抗があるとすればそれはなぜか。考えてみると吉」 ...
荒川千住でホームレス逮捕 9月8日の東京新聞夕刊に「ホームレスを逮捕」との見出し。小学生に暴行したホームレスが逮捕された記事だ。7日の夕方、荒川千住の河川敷で遊んでいた3人の小学生に、 「ばかにするんじゃない」 などと怒鳴りながら、殴ったり蹴ったり髪の毛を引っ張ったりして軽い怪我を負わせたという。犯人の男は、 「酒に酔ってい...
移行済み  こちらの記事は『「ビッグイシュー」統合エントリー』に移行しました。
スポンサーリンク