「市民VSホームレス」から「自分たちVS問題」へ

スポンサーリンク

 人間、どうも「敵味方」という考えから離れられないようだ。「敵(ホームレス全部)VS味方(一般市民)」という構図から、「自分たちVS問題」という姿勢へとシフトしてゆかないと、立場のちがいによる軋轢はいつになってもなくならない。しかし、なかなかこうはゆかないようである。頭でわかってはいても感情がいうことを聞かないのかも知れない。

 以前、簡単にホームレスの分類を試みたが、こうした分類は行政はいうに及ばず一般市民にとってこそ必要なのだと思う。ホームレスと見ればなんでもかんでも十把ひとからげに論じてしまっては問題の解決策など出てきようもないし、「ホームレス」なることばでレッテルを貼りひとくくりにしてしまえば、「怠け者」「甘えている」「楽をしている」「好きでやっている」「迷惑」「臭い」「汚い」など、すべてステレオタイプの印象で認識されてしまい、個々人の事情やちがいなどまったく考慮されなくなってしまう。
「ホームレス? ありゃ甘えて怠けているだけだ。実にケシカランッ!」
 などというわけだ。

 レッテル貼りの利点のひとつは「思考の経済化」、つまり、すでにできあがった既存の価値観に従っていれば自分はなにも考えずに済んで楽チンだという面があるのだが、こうした画一的な見方はいわれなき差別を生み出すことにもなる。

 感情によって自分の意見を構築していればよいのなら話は簡単だ。だれがなんといおうと自分の考えを主張していればよい。好き嫌いとおなじレベルの意見だから、根拠など必要がない。しかし、当然に説得力は皆無となる。他者の意見との接点などありようもない。

 だが、科学的に考えようとするなら話は別になる。自分の感情が基礎になっている意見を棚に上げ、根拠あるものの上に理屈を積み上げられれば、それは他者に対しても説得力を持つことになろうし、なにより利己を離れることができる。このようにいったん利己を離れ、感情を基礎とした意見を棚に上げなければ、“問題”の解決には近づかないだろうと思うのだが、いかんせん世間には、まず自分の感情から出発してこの問題を論じている人がきわめて多い。それは批判派にしろ擁護派にしろ変わりがない。だから、いつまで経っても両者に接点が見えてこないのだ。なんとかならぬのか、ほんとうに。

関連記事

川崎市ホームレス緊急一時宿泊施設「愛生寮」訪問記...  昨日、12月9日午後8時。しつこく降りつづける冷え切った雨を突いて、ぼくは川崎市ホームレス緊急一時宿泊施設「愛生寮」の門をくぐった。まさか、とお思いの方もおいでだろう。あの健次郎がみずから施設に? だが、事実、そうなのである。  ぼくは先日来、とある出来事をきっかけとして、自己支援プログラム...
ホームレス戦争 久しぶりにネットカフェの壁を思い切り蹴飛ばして眼が覚めた。なにかわめいたが、なんとわめいたかはもう忘れてしまった。正確にいえば、思い出したくないのである。思い出さないようにしている。思い出すことを心が拒んでいる。 臨床心理学でいう、フラッシュバック、に似ている。命の危険にさらされるようなショッキング...
10万人のホームレス  新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。  以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。...
東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
スポンサーリンク