川崎市ホームレス自立支援実施計画案

スポンサーリンク

朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。

  1. 自立支援市民事業
  2. 就労支援センター(定員50人)
  3. 公園ホームレス対策シェルター(定員200人)
  4. パン券事業の縮小・廃止
  5. ホームレスと住民との交流事業
  6. 国や隣接都市との広域的な取り組み

Aは、ホームレスを支援する個人・NPO・企業を助成するもの。

  • 公園清掃や駐輪管理などの短期的な社会参加・貢献事業
  • 農作業や高齢者介護などの長期的な経営的事業
  • 就労支援・小規模宿泊事業(グループホーム)

の3本立てで、短期事業には月20人程度の参加で年50万円、長期事業には月50人程度の参加で年50万円およびスタート費用50万円を助成する。いずれも非営利・定期的・非就労目的の事業が対象となるが、助成金はボランティア報酬としてホームレスに渡すことも可能。事業者は市内に拠点を持たなければならない。

グループホームはホームレス5人以上を6ヶ月以内、アパートや一戸建て住宅などに入所させる個人や事業者に月15万円を助成のほか、敷金礼金も助成する。入居者は市に登録し、生活保護は受けられない。

Bは、職業安定所と連携して就職相談や生活指導をする施設で、定員50人で3ヶ月程度の入所期間。

Cは、公園などを占有するテントのホームレスを対象にしたもので、定員200人で短期間入所の施設。

なお、今月31日~9月14日まで市民の意見を市のホームページなどで募り、9月中に正式な計画を策定の予定。

関連記事

東京でホームレス自立支援施設が完成...  これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。  ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるた...
ホームレスの大半が多重債務者? 9月28日付の東京新聞が「ホームレス 大半が多重債務者」と報じている。名古屋市にあるホームレス施設「笹島寮」の調査で、利用者の70%強が多重債務者だったという。同寮の生活指導員は「多重債務問題の取り組みなくしてホームレス問題の改善、解決はない」と訴えている。 この手の話は以前にどこかで聞いたナ。...
ホームレス事件3題 「ホームレス連続襲撃か=バットで殴る、警視庁が捜査」(2008年3月13日・時事ドットコム)ということで、相も変わらずホームレスへの襲撃事件はあとを絶たないわけである。ふたりともかなり重傷のもよう。  東京都府中市で就寝中のホームレスの男性が男にバットのようなもので殴られて負傷する事件が2件相次ぎ...
東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
スポンサーリンク