川崎市ホームレス自立支援実施計画案

スポンサーリンク

朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。

  1. 自立支援市民事業
  2. 就労支援センター(定員50人)
  3. 公園ホームレス対策シェルター(定員200人)
  4. パン券事業の縮小・廃止
  5. ホームレスと住民との交流事業
  6. 国や隣接都市との広域的な取り組み

Aは、ホームレスを支援する個人・NPO・企業を助成するもの。

  • 公園清掃や駐輪管理などの短期的な社会参加・貢献事業
  • 農作業や高齢者介護などの長期的な経営的事業
  • 就労支援・小規模宿泊事業(グループホーム)

の3本立てで、短期事業には月20人程度の参加で年50万円、長期事業には月50人程度の参加で年50万円およびスタート費用50万円を助成する。いずれも非営利・定期的・非就労目的の事業が対象となるが、助成金はボランティア報酬としてホームレスに渡すことも可能。事業者は市内に拠点を持たなければならない。

グループホームはホームレス5人以上を6ヶ月以内、アパートや一戸建て住宅などに入所させる個人や事業者に月15万円を助成のほか、敷金礼金も助成する。入居者は市に登録し、生活保護は受けられない。

Bは、職業安定所と連携して就職相談や生活指導をする施設で、定員50人で3ヶ月程度の入所期間。

Cは、公園などを占有するテントのホームレスを対象にしたもので、定員200人で短期間入所の施設。

なお、今月31日~9月14日まで市民の意見を市のホームページなどで募り、9月中に正式な計画を策定の予定。

関連記事

NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織... 古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。  ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。  支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対...
川崎の愛生寮がグループホームを開設予定... 川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」が来春にもグループホームを開設すると、東京新聞が「愛生寮 来春にもグループホーム」で報じた。 グループホームとは少人数での共同生活のことで高齢者支援などではよくあるが、ホームレスのグループホームはあまり聞いたことがない。市内では初めての試みだという。 たと...
川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
東京・池袋でホームレスへの炊き出しボランティア募集中... 東京・池袋のボランティア・中村雅俊さんが、炊き出しのお手伝いさんを募集しています。 日時:毎週金曜日の午後3時半から5時まで(3時半から4時15分まででも可) 場所:南池袋公園 豊島区南池袋2-21(池袋駅東口より徒歩5分) 内容:ボランティア・中村雅俊さんのお手伝い 条件:年齢・性別を問わず。た...
スポンサーリンク