今日のことば

スポンサーリンク

■2007年

★4月27日
悩み苦しむ人はそれだけで、人を救う働きをしている」(田口ランディ)
 最近聞いたことばの中では圧倒的な癒し効果。思わず涙が出た。人を傷つけるだけしかできない俺でも誰かを救っているのか? そう信じたい。

★3月9日
大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりのために全身を捧げるほうが気高い」(ダグ・ハマーショルド元国連事務総長)
 大義のために働くのなら、まず身近な人間からはじめよ、ということらしい。

■2005年

★12月18日
GOD DOES BLESS(神は祝福します)」(元ホームレスのアメリカ人)
 数ヶ月前、元ホームレスだったというアメリカ人から贈られたことば。神にすがることのできる人たちは幸いだと思った。彼は今、支援する側にまわり、アメリカの路上を駆け巡っている。

★11月26日
ホームレスとは奴隷の別称である」(不明)
 ホームレスが市民から受ける扱いは、つまるところ奴隷のそれである。

危機管理といいますが、管理できないことだから危機なのです」(養老孟司)
 何年も前に養老先生がテレビでいっていたことば。ごもっとも。

★11月15日
非ホームレスはホームレスの痛みを理解しない」(不明)
 アラブ人がいう「彼らはアラブ人の痛みを理解しない」のもじり。

★5月25日
根のない草木に花は咲かない」(不明)
 宿なしのホームレスが花を咲かせることなどないということ。

■2004年

★12月11日
来るもの選び、去るもの追わず」(桜井章一)
 雀鬼こと桜井章一氏は、麻雀の裏プロとして20年間無敗の怪物。その厳しさは常人のレベルにない。弱き人としてはむしろ阿佐田哲也に惹かれるのだが、雀鬼のことばもまた重き現実を見せつける。

★12月4日
嫌な奴は死んだことにする」(永井荷風)
 正確には荷風のことばではなくその態度である。わたしも彼にならい、嫌な奴というかやたらと志の低い人も死んだことにしたい。

★10月27日
燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」(史記)
 鴻鵠なんてのは雲の上だが、せめて路上のキツネでありたい、か、な。

★9月9日
立派な人は手本にならない」(工藤定次)
 立派な人物はその立派さゆえに、凡人の手本にはならないということ。けだし名言である。

★9月7日
人類を愛するのはたやすいが、隣人を愛するのはむずかしい」(フランスだかロシアだかの詩人)
 抽象と具象、ということなのかしらん?

★8月15日
自分を教えられない人間は、他人に教えられても無駄である」(不明)
 脳ミソは使わんとダメ、ということだね。

★8月9日
居は気を移し、養は体を移す。大いなるかな居や」(孟子)
 住まいは大事だ、ということだね。

絶望は死に至る病である」(キルケゴール)
 希望こそがたいせつ、という話だね。

渇すれども盗泉の水を飲まず」(孔子)
 命よりもたいせつにできる矜持を持て、ということだね。

関連記事

毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
致命的なまでにすれちがう世界、あるいは淡白さ... Side A ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」という映画だったように思う。ひとつのエピソードの登場人物が次のエピソードの主人公になってゆくオムニバス形式で、たがいのエピソードには関連性がないという変わったシロモノだが、中でも奇妙なのがこの話である。 ある少女が行方不明になった、あるいは誘拐されたと...
The Long Goodbye 「The Long Goodbye」とは邦題を『長いお別れ』という、レイモンド・チャンドラーの手になる探偵小説のタイトルである。すでにお知らせしたようにブログの終了に伴い、その名にかこつけて書き残したことをいつもの減らず口で最後に。 ***  なぜホームレスなんだ? というご質問が多かっ...
とあるホームレスの一日 某月某日 公園のベンチにしわくちゃの新聞がみ一枚を敷き、そっと腰を下ろす。春とはいえ、まだ首筋を冷たい空気が這いのぼってくる深更である。ほったらかしのブログをどうするか考える。心配してコメントをくれた人たちに取りあえず感謝はしたものの、たいへんに申し訳ないことだが個別の返事は差し控えることにする。ど...
スポンサーリンク