今日のことば

スポンサーリンク

■2007年

★4月27日
悩み苦しむ人はそれだけで、人を救う働きをしている」(田口ランディ)
 最近聞いたことばの中では圧倒的な癒し効果。思わず涙が出た。人を傷つけるだけしかできない俺でも誰かを救っているのか? そう信じたい。

★3月9日
大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりのために全身を捧げるほうが気高い」(ダグ・ハマーショルド元国連事務総長)
 大義のために働くのなら、まず身近な人間からはじめよ、ということらしい。

■2005年

★12月18日
GOD DOES BLESS(神は祝福します)」(元ホームレスのアメリカ人)
 数ヶ月前、元ホームレスだったというアメリカ人から贈られたことば。神にすがることのできる人たちは幸いだと思った。彼は今、支援する側にまわり、アメリカの路上を駆け巡っている。

★11月26日
ホームレスとは奴隷の別称である」(不明)
 ホームレスが市民から受ける扱いは、つまるところ奴隷のそれである。

危機管理といいますが、管理できないことだから危機なのです」(養老孟司)
 何年も前に養老先生がテレビでいっていたことば。ごもっとも。

★11月15日
非ホームレスはホームレスの痛みを理解しない」(不明)
 アラブ人がいう「彼らはアラブ人の痛みを理解しない」のもじり。

★5月25日
根のない草木に花は咲かない」(不明)
 宿なしのホームレスが花を咲かせることなどないということ。

■2004年

★12月11日
来るもの選び、去るもの追わず」(桜井章一)
 雀鬼こと桜井章一氏は、麻雀の裏プロとして20年間無敗の怪物。その厳しさは常人のレベルにない。弱き人としてはむしろ阿佐田哲也に惹かれるのだが、雀鬼のことばもまた重き現実を見せつける。

★12月4日
嫌な奴は死んだことにする」(永井荷風)
 正確には荷風のことばではなくその態度である。わたしも彼にならい、嫌な奴というかやたらと志の低い人も死んだことにしたい。

★10月27日
燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」(史記)
 鴻鵠なんてのは雲の上だが、せめて路上のキツネでありたい、か、な。

★9月9日
立派な人は手本にならない」(工藤定次)
 立派な人物はその立派さゆえに、凡人の手本にはならないということ。けだし名言である。

★9月7日
人類を愛するのはたやすいが、隣人を愛するのはむずかしい」(フランスだかロシアだかの詩人)
 抽象と具象、ということなのかしらん?

★8月15日
自分を教えられない人間は、他人に教えられても無駄である」(不明)
 脳ミソは使わんとダメ、ということだね。

★8月9日
居は気を移し、養は体を移す。大いなるかな居や」(孟子)
 住まいは大事だ、ということだね。

絶望は死に至る病である」(キルケゴール)
 希望こそがたいせつ、という話だね。

渇すれども盗泉の水を飲まず」(孔子)
 命よりもたいせつにできる矜持を持て、ということだね。

関連記事

並ぶ並ばない並べない、立ち入れない取り戻せない、そして立ち去る...  ここ数年、正月は、とある路上で開かれる新年会にお邪魔させてもらっている。主催は野宿者で、近隣の路上生活者やサポーター、社会運動家、立場のよくわからない人、あるいはぼくのように得体の知れない者までが集い、新年のあいさつを交わして、おみくじを引き、書き初めをし、飲んで食べて笑い合い、真剣に語り、ときと...
悪党という厄介な生き方 悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。 ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分...
殺人刀と活人剣、武器執る者の掟、禅... 『よろずや平四郎活人剣』といえば、ドラマ化されたこともある藤沢周平の傑作時代小説だ。しかしこの「活人剣」とは、いったいなんのことだろう? 「かつじんけん」と読むようだが、字義どおりなら「人を活かす剣」だけれど、それはいったいどのようなものなのだろうか。 これは元をたどれば禅の用語で「かつにんけん」と...
だいじょうぶ 前なんか向かない うしろだって振り返らない 上なんか見上げない 下だって見下ろさない 静かに眼を閉じて闇の道 ただ歩いてゆけばいい 肩の荷なんか降ろさなくたって 背中の鎖 断ち切らなくたって つながれた過去すべて ちからいっぱい引きずって こころのかけら詰まったバッグ抱え ただ歩...
スポンサーリンク