今日のことば

スポンサーリンク

■2007年

★4月27日
悩み苦しむ人はそれだけで、人を救う働きをしている」(田口ランディ)
 最近聞いたことばの中では圧倒的な癒し効果。思わず涙が出た。人を傷つけるだけしかできない俺でも誰かを救っているのか? そう信じたい。

★3月9日
大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりのために全身を捧げるほうが気高い」(ダグ・ハマーショルド元国連事務総長)
 大義のために働くのなら、まず身近な人間からはじめよ、ということらしい。

■2005年

★12月18日
GOD DOES BLESS(神は祝福します)」(元ホームレスのアメリカ人)
 数ヶ月前、元ホームレスだったというアメリカ人から贈られたことば。神にすがることのできる人たちは幸いだと思った。彼は今、支援する側にまわり、アメリカの路上を駆け巡っている。

★11月26日
ホームレスとは奴隷の別称である」(不明)
 ホームレスが市民から受ける扱いは、つまるところ奴隷のそれである。

危機管理といいますが、管理できないことだから危機なのです」(養老孟司)
 何年も前に養老先生がテレビでいっていたことば。ごもっとも。

★11月15日
非ホームレスはホームレスの痛みを理解しない」(不明)
 アラブ人がいう「彼らはアラブ人の痛みを理解しない」のもじり。

★5月25日
根のない草木に花は咲かない」(不明)
 宿なしのホームレスが花を咲かせることなどないということ。

■2004年

★12月11日
来るもの選び、去るもの追わず」(桜井章一)
 雀鬼こと桜井章一氏は、麻雀の裏プロとして20年間無敗の怪物。その厳しさは常人のレベルにない。弱き人としてはむしろ阿佐田哲也に惹かれるのだが、雀鬼のことばもまた重き現実を見せつける。

★12月4日
嫌な奴は死んだことにする」(永井荷風)
 正確には荷風のことばではなくその態度である。わたしも彼にならい、嫌な奴というかやたらと志の低い人も死んだことにしたい。

★10月27日
燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」(史記)
 鴻鵠なんてのは雲の上だが、せめて路上のキツネでありたい、か、な。

★9月9日
立派な人は手本にならない」(工藤定次)
 立派な人物はその立派さゆえに、凡人の手本にはならないということ。けだし名言である。

★9月7日
人類を愛するのはたやすいが、隣人を愛するのはむずかしい」(フランスだかロシアだかの詩人)
 抽象と具象、ということなのかしらん?

★8月15日
自分を教えられない人間は、他人に教えられても無駄である」(不明)
 脳ミソは使わんとダメ、ということだね。

★8月9日
居は気を移し、養は体を移す。大いなるかな居や」(孟子)
 住まいは大事だ、ということだね。

絶望は死に至る病である」(キルケゴール)
 希望こそがたいせつ、という話だね。

渇すれども盗泉の水を飲まず」(孔子)
 命よりもたいせつにできる矜持を持て、ということだね。

関連記事

「武州無宿・健次郎のブログ」として... ホームレスに関する数値やデータや生態……。人々が知らずにいて、知ることで知識が得られるだけの、実用書みたいな「情報」。そういうものから離れたいと思いはじめてからしばらく経つ。そのせいか、最近ようやく「ホームレスのブログ」ではなく、「武州無宿・健次郎のブログ」になりつつあるような気がしている。 誰が書...
悪党という厄介な生き方 悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。 ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分...
思慮深さ ブログの訪問者もいろいろだけれど、滞在時間など見ていると興味深い。ウェブサイトは印刷物よりも斜め読みされるケースが多いのだが、それでもこの速さで読めるとは到底思えない速度で読み飛ばされてゆくことがわかる。 このブログで、ひとり平均3分弱である。速い人では1分ぐらいだ。書いたぼくより速く読む(笑)。読...
非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
スポンサーリンク