深夜のホームレス、土砂降りに遭う

スポンサーリンク

Exif_JPEG_PICTURE

 深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。

 ふと思い出してパチリとやったが、長時間露光のために雨そのものははっきりとは写らない。全体がボヤケ気味で、いくつか雨筋が見えるのみ。ただ、雨のカーテンのせいで光が乱反射・拡散し、画面がかなり明るく写っている。これだけでもかなりの降りだったことがわかる。(2008/08/11 00:50ごろ撮影)


Exif_JPEG_PICTURE

 雨上がりに撮った写真。ご覧のとおりスッキリ。しかし、こののちにもまた降ってきた。ヤレヤレ、である。しかも、雨のあとには蚊が増える。一晩で10ヶ所ぐらいは刺されるから、これもヤレヤレ。(2008/08/11 01:10ごろ撮影)

関連記事

お仕事 心配してくださるのだろう。最近になって時折、お仕事のお誘いを受けることがある。うちの会社で働きませんか、というものがほとんどだ。ぼくのような人間に対して、とてもありがたいことである。感謝に堪えない。感謝に堪えないが、みな、お断りしている。正確には、ご返事を差し上げていない。 理由はさまざまだけれ...
ホームレスじゃないホームレス なんだか知らない間に、ホームレスが運営しているブログってやたらと増えたんだねぇ。ぼくがはじめたころは、まずもってほとんどなかったがなぁ。でも、ここ、彼らからは完全にスポイルされているなぁ(笑)。まぁ連中には連中の世界があるのだろう。連中同士の交流もあり、サポートするボランティアも付き添って盛り上がっ...
ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
卒業 このブログには、元気いっぱいの人はあまりやってこない。ぼくがいつもどんよりとした気持ちでいるものだから、どこかしらその気持ちに共振する心を持つ人たちがやってくる。誰しもが多少は鬱屈したものを持ってはいるにしても、さほど悩みなく日常を乗り切って歩いているような人は、まずもってその琴線に触れることがない...
スポンサーリンク