深夜のホームレス、土砂降りに遭う

スポンサーリンク

Exif_JPEG_PICTURE

 深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。

 ふと思い出してパチリとやったが、長時間露光のために雨そのものははっきりとは写らない。全体がボヤケ気味で、いくつか雨筋が見えるのみ。ただ、雨のカーテンのせいで光が乱反射・拡散し、画面がかなり明るく写っている。これだけでもかなりの降りだったことがわかる。(2008/08/11 00:50ごろ撮影)


Exif_JPEG_PICTURE

 雨上がりに撮った写真。ご覧のとおりスッキリ。しかし、こののちにもまた降ってきた。ヤレヤレ、である。しかも、雨のあとには蚊が増える。一晩で10ヶ所ぐらいは刺されるから、これもヤレヤレ。(2008/08/11 01:10ごろ撮影)

関連記事

いつもの風景  2月1日深夜に撮影した川崎市内の某電話ボックス。暖冬とはいえかなり冷え込んでいても、ホームレスはご覧のとおりダンボール1枚でへっちゃらだ。ちなみに、ドアの下部分は大きくえぐれていて素通しになっており、防寒にはまったく役立っていない。...
梅雨なる季節 この季節、路上はほんとうに厄介な場所だ。 雨、雨、雨…… 傘などあろうがなかろうが、ほとんど意味などない。ちょっと歩けば、足元はすぐにびしょ濡れになってしまうからである。それがまたいつ乾くとも知れず、不快きわまりないのだ。 日中といわず夜間といわず、寝場所が極端に少なくなるのも頭が痛い。明日どころか...
眠りを拒絶するベンチ(その5)  Canonの本社がある東京大田区の下丸子。大田区ではよく見かけるタイプのベンチが、この街にもある。もともと古い木製のもので、お色直しのついでにホームレス対策のお邪魔ん棒を取っ付けたようである。武骨なつくりで、とにかくなにがなんでも寝かせないゾという強烈な、ただそれだけのシロモノ。...
コミュニケーション能力が、ない なんだか最近はコミュニケーション能力が重要視されているんである。ふだんの日常的な人間関係をはじめとして、仕事でもコミュニケーション能力が非常に重要視されているんである。企業の採用担当者も、コミュニケーション能力をとても重要視しているんである。ビジネスコンサルタントなども、コミュニケーション能力をやた...
スポンサーリンク