深夜のホームレス、土砂降りに遭う

スポンサーリンク

Exif_JPEG_PICTURE

 深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。

 ふと思い出してパチリとやったが、長時間露光のために雨そのものははっきりとは写らない。全体がボヤケ気味で、いくつか雨筋が見えるのみ。ただ、雨のカーテンのせいで光が乱反射・拡散し、画面がかなり明るく写っている。これだけでもかなりの降りだったことがわかる。(2008/08/11 00:50ごろ撮影)


Exif_JPEG_PICTURE

 雨上がりに撮った写真。ご覧のとおりスッキリ。しかし、こののちにもまた降ってきた。ヤレヤレ、である。しかも、雨のあとには蚊が増える。一晩で10ヶ所ぐらいは刺されるから、これもヤレヤレ。(2008/08/11 01:10ごろ撮影)

関連記事

最悪の状況 今、ネットカフェが使えない状態で電器店からアクセスしているのだが、路上に堕ちたばかりの状況に戻りつつあるようだ。夜は恐ろしく寒い。寝るどころではないし食い物もない。ゴミを漁ったがまだ勘が戻らぬ。すぐに見つけられないのだ。精神状態も非常に悪い。俺がここでやってきた5年間はいったいなんだったのか。なにも...
なにも届かないことばたち 「見えにくくなってゆくホームレス」のコメント欄でオセロットさんからいただいた、  このところの健次郎さんのトピックに触れながら想うのは、“個人と普遍”、“ガッカリするかもしれない読み手の在り方”と表現されたこと=一連のトピックで“哀しさ”や“喪失”を健次郎さんのスタイルで叩きつけるように刻まれ...
卒業 このブログには、元気いっぱいの人はあまりやってこない。ぼくがいつもどんよりとした気持ちでいるものだから、どこかしらその気持ちに共振する心を持つ人たちがやってくる。誰しもが多少は鬱屈したものを持ってはいるにしても、さほど悩みなく日常を乗り切って歩いているような人は、まずもってその琴線に触れることがない...
J.BOY/浜田省吾 J.Boy 掲げてた理想も今は遠く J.Boy 守るべき誇りも見失い (J.BOY/浜田省吾) 浜田省吾のファンというわけでもない。まぁ、だいたいぼくはあまり音楽に馴染みがなく、なにが好きかと訊かれて答えに窮し、つい浜田省吾と答えてしまう程度のものだ。それが先日ブラブラしていると、「愛の世代の前に」...
スポンサーリンク