深夜のホームレス、土砂降りに遭う

スポンサーリンク

Exif_JPEG_PICTURE

 深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。

 ふと思い出してパチリとやったが、長時間露光のために雨そのものははっきりとは写らない。全体がボヤケ気味で、いくつか雨筋が見えるのみ。ただ、雨のカーテンのせいで光が乱反射・拡散し、画面がかなり明るく写っている。これだけでもかなりの降りだったことがわかる。(2008/08/11 00:50ごろ撮影)


Exif_JPEG_PICTURE

 雨上がりに撮った写真。ご覧のとおりスッキリ。しかし、こののちにもまた降ってきた。ヤレヤレ、である。しかも、雨のあとには蚊が増える。一晩で10ヶ所ぐらいは刺されるから、これもヤレヤレ。(2008/08/11 01:10ごろ撮影)

関連記事

思慮深さ ブログの訪問者もいろいろだけれど、滞在時間など見ていると興味深い。ウェブサイトは印刷物よりも斜め読みされるケースが多いのだが、それでもこの速さで読めるとは到底思えない速度で読み飛ばされてゆくことがわかる。 このブログで、ひとり平均3分弱である。速い人では1分ぐらいだ。書いたぼくより速く読む(笑)。読...
致命的なまでにすれちがう世界、あるいは淡白さ... Side A ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」という映画だったように思う。ひとつのエピソードの登場人物が次のエピソードの主人公になってゆくオムニバス形式で、たがいのエピソードには関連性がないという変わったシロモノだが、中でも奇妙なのがこの話である。 ある少女が行方不明になった、あるいは誘拐されたと...
バイブル(私家版)のことば 人はパンのみで生きるのではない。パンの間にあるハムやレタス、またはトマトかタマゴ、ないしツナあるいはハムカツ、さらにコロッケおよびスパゲッティ、加えてサラダついにはマーマレード、必要に応じて小倉あんとジャムとクリームによって生きるのである。 ~バイブル(私家版)より~ 腹減ったッ!(笑)...
進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
スポンサーリンク