見えないものを見るために ~パラダイム転換~

スポンサーリンク

hill

 これは「若い娘と老婆」などといわれる有名なだまし絵である。このひとつの絵の中に、ある人は娘を見、またある人は老婆を見る。見方さえわかれば簡単だが、わかるまでは、
「婆さんだって? 婆さんなんかどこにもいないじゃないか」
「これが若い娘に見えるだなんて、どうかしてるよ」
 などと別の見方を否定し、その存在すら信じないだろう。

 別の視点を発見するには頭のスイッチの切り替えが必要で、こうした「認識の切り替え」を「パラダイム転換」と呼ぶ。別の視点を手に入れることで、眼の前に広がる世界は劇的に変化し、そして広がってゆく。この絵でいえば、娘と老婆、両方を見る視点を持てるということだ。

 これを現実の世界にあてはめてみよう。たとえば若い娘だけを女性だと思っている人は、眼の前の景色の中に老婆がいても、それを女性だと認識することができないだろう。若い娘だけが人間だと考えていれば、老婆を人間としては見ないだろう。逆もまた然りである。一方だけしか見えない人は、もう片方を認識することさえできない。

 ゲーテはいう。
「我々は知っているものだけを見る」
 娘と老婆、両方を知ることで、初めて両方を見ることができるようになる。それまでは片方しか見ることができない。

 マイノリティであっても広く知られている存在の、そのボーダーライン上から下にいる者は、なかなか「そこに在る」ということを認識してもらえないことがある。ホームレスにしろワーキングプアにしろ、マイノリティの中のマイノリティは「眼の前に在る」ということすらわかってもらえない。たいがいは無視、素通り、あるいはカテゴリからの除外である。

 常に新しいパラダイムを求め、吸収し、頭を切り替えて、より多くのものを見ることのできる、多角的な眼を持つことが求められる。人の「進歩」とは「成長」とは、つまりそういうことである。

関連記事

失われた当事者感覚 ホームレス問題は労働問題か? イエス。 ニートや引きこもりやフリーターは労働問題か? イエス。 「loveless zero」では非就労者などについて、 まだ余裕のある時代だからこその心理の問題なのであって、20年後には単に家庭の所得の問題になっている可能性があります。 と語られている。おそらく...
差別を促進する「善良な市民」たち 「ホームレスに占領されてしまった哀しい公園たち」は、主に川崎に在るホームレスの状況を写真で紹介しているサイトである。といっても好意的に取り扱っているわけではなく、ご立派な一般市民にとってホームレスがいかに迷惑な存在か、ということを全身全霊をもってアピールしているサイトだ。 掲示板は行政のホームレ...
ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果... 「ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。  ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で...
ウィリアム王子がホームレス支援 ジャーニーは9月14日、「ウィリアム王子、母親の遺志を受け継ぎ、ホームレス支援チャリティのパトロンに」と報じた。故ダイアナ元妃が関わっていたホームレス支援団体「センターポイント(Centrepoint)」のパトロン(後援者)となり、母親の遺志を継いだかたちとなった。 王子がこうした慈善団体のパト...
スポンサーリンク