見えないものを見るために ~パラダイム転換~

スポンサーリンク

hill

 これは「若い娘と老婆」などといわれる有名なだまし絵である。このひとつの絵の中に、ある人は娘を見、またある人は老婆を見る。見方さえわかれば簡単だが、わかるまでは、
「婆さんだって? 婆さんなんかどこにもいないじゃないか」
「これが若い娘に見えるだなんて、どうかしてるよ」
 などと別の見方を否定し、その存在すら信じないだろう。

 別の視点を発見するには頭のスイッチの切り替えが必要で、こうした「認識の切り替え」を「パラダイム転換」と呼ぶ。別の視点を手に入れることで、眼の前に広がる世界は劇的に変化し、そして広がってゆく。この絵でいえば、娘と老婆、両方を見る視点を持てるということだ。

 これを現実の世界にあてはめてみよう。たとえば若い娘だけを女性だと思っている人は、眼の前の景色の中に老婆がいても、それを女性だと認識することができないだろう。若い娘だけが人間だと考えていれば、老婆を人間としては見ないだろう。逆もまた然りである。一方だけしか見えない人は、もう片方を認識することさえできない。

 ゲーテはいう。
「我々は知っているものだけを見る」
 娘と老婆、両方を知ることで、初めて両方を見ることができるようになる。それまでは片方しか見ることができない。

 マイノリティであっても広く知られている存在の、そのボーダーライン上から下にいる者は、なかなか「そこに在る」ということを認識してもらえないことがある。ホームレスにしろワーキングプアにしろ、マイノリティの中のマイノリティは「眼の前に在る」ということすらわかってもらえない。たいがいは無視、素通り、あるいはカテゴリからの除外である。

 常に新しいパラダイムを求め、吸収し、頭を切り替えて、より多くのものを見ることのできる、多角的な眼を持つことが求められる。人の「進歩」とは「成長」とは、つまりそういうことである。

関連記事

成熟と未熟/システムとしての支援 関東地方は夕方から凄まじい雨になった。ためにネットカフェにきている。時間があったので、あちこちのサイトを覗く。かつて出入りしていたサイトも見る。最後に見てからかなり日が経つ。なにが書いてあっても、もうそれほどにショックは受けないだろう。予断である。 ネット喫茶に泊まるのは、なるべくやめましょう...
写真で見るホームレス自立支援センター 外観編...  ホームレス自立支援センターは、路上生活者の社会復帰を支援する施設です。ハウジングプアやハウジングファーストということばを耳にすることも多くなり、「住まい」について考える機会も増えたので、ざっと紹介していきます。  写真は2011年の春に閉鎖された、川崎市の「富士見生活づくり支援ホーム」。20...
ホームレス事件2題 お盆休み、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? ここもアクセスが半減しましたけれども、今きてくれている人たちはお家で夏休み、ということですかね。熱中症に気をつけましょう。ちなみに、ホームレス自身にはお盆休みはありません。(買い取りなどの)業者がお休み、ということはあるけれど。 8月9日付の東京新聞・...
ホームレス構造改革 次の文章をよくお読みいただきたい。 しかし、ホームレスについては昔から自己決定ではないですか? なぜならわが国は自己申告の社会ですから。 道端で衰弱しようが瀕死をむかえようが、役所に自ら助けを求めなければ行政は助けませんし相手にしませんね。 なぜならホームレスになった理由のほとんどは、自分の選択肢...
スポンサーリンク