見えないものを見るために ~パラダイム転換~

スポンサーリンク

hill

 これは「若い娘と老婆」などといわれる有名なだまし絵である。このひとつの絵の中に、ある人は娘を見、またある人は老婆を見る。見方さえわかれば簡単だが、わかるまでは、
「婆さんだって? 婆さんなんかどこにもいないじゃないか」
「これが若い娘に見えるだなんて、どうかしてるよ」
 などと別の見方を否定し、その存在すら信じないだろう。

 別の視点を発見するには頭のスイッチの切り替えが必要で、こうした「認識の切り替え」を「パラダイム転換」と呼ぶ。別の視点を手に入れることで、眼の前に広がる世界は劇的に変化し、そして広がってゆく。この絵でいえば、娘と老婆、両方を見る視点を持てるということだ。

 これを現実の世界にあてはめてみよう。たとえば若い娘だけを女性だと思っている人は、眼の前の景色の中に老婆がいても、それを女性だと認識することができないだろう。若い娘だけが人間だと考えていれば、老婆を人間としては見ないだろう。逆もまた然りである。一方だけしか見えない人は、もう片方を認識することさえできない。

 ゲーテはいう。
「我々は知っているものだけを見る」
 娘と老婆、両方を知ることで、初めて両方を見ることができるようになる。それまでは片方しか見ることができない。

 マイノリティであっても広く知られている存在の、そのボーダーライン上から下にいる者は、なかなか「そこに在る」ということを認識してもらえないことがある。ホームレスにしろワーキングプアにしろ、マイノリティの中のマイノリティは「眼の前に在る」ということすらわかってもらえない。たいがいは無視、素通り、あるいはカテゴリからの除外である。

 常に新しいパラダイムを求め、吸収し、頭を切り替えて、より多くのものを見ることのできる、多角的な眼を持つことが求められる。人の「進歩」とは「成長」とは、つまりそういうことである。

関連記事

アメリカ漫画と韓国のホームレス施設... 「EP : end-point  科学に佇む心と体」という科学関係のブログを運営されている雨崎良未さんからのネタをご紹介。 アメリカの有名な漫画に「Doonesbury@Slate」というのがあって、ここに準レギュラーでワシントンのホームレスが登場するらしい。そのAliceとElmontは図書館...
ホームレス戦争 久しぶりにネットカフェの壁を思い切り蹴飛ばして眼が覚めた。なにかわめいたが、なんとわめいたかはもう忘れてしまった。正確にいえば、思い出したくないのである。思い出さないようにしている。思い出すことを心が拒んでいる。 臨床心理学でいう、フラッシュバック、に似ている。命の危険にさらされるようなショッキング...
地域の協力 東京都では今年度から「ホームレス地域生活移行支援事業」なるものをはじめている。かいつまんでいうならば、都で住宅を用意して、公園のテント生活者に安い家賃で提供するというもの。空き缶や雑誌の回収など、現在のホームレス自身の労働収入と、清掃などの臨時就労支援によって、生活費はまかなえるとされている。そして...
『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』を読む... 東京大学先端科学技術研究センター「ジャーナリスト養成コース」の履修者である宮田清彦さんが、ぼくへのインタビューをルポにまとめてくださいました。たいへんな力作で、ありがたいことだと感謝しております。 事前に草稿を拝読しましたが、名称や時期のまちがい、若干のオフレコ部分を除いて、ぼくは内容に一切タッチし...
スポンサーリンク