ホームレス事件3題

スポンサーリンク

ホームレス連続襲撃か=バットで殴る、警視庁が捜査」(2008年3月13日・時事ドットコム)ということで、相も変わらずホームレスへの襲撃事件はあとを絶たないわけである。ふたりともかなり重傷のもよう。

 東京都府中市で就寝中のホームレスの男性が男にバットのようなもので殴られて負傷する事件が2件相次ぎ、警視庁捜査1課などは13日までに、同じ男による襲撃の疑いがあるとみて殺人未遂容疑で捜査を始めた。
 昨年4月には昭島市で、河川敷で暮らす男性が頭を石のようなもので殴られて殺された事件があり、同課などが関連を調べている。
 調べによると、12日未明、府中市小柳町の歩道で、就寝中の男性(46)が面識のない男にバットのようなもので襲われ、腕の骨折などで3カ月の重傷を負った。
 5日夜には、同市分梅町の公園で、男性(76)が同様に襲われ、頭や腕をけがした。

ちなみに、ぼくも襲われた経験が4回ほど。うち1回は、深夜の公園で金属バットのようなものを持った連中に追いまわされた。これまでの経験でも、あれがいちばんヤバかった。場合によっては命さえ落としたかも知れない。寝ている頭の上で花火を打ち上げられたこともあったが、これは中高生のイタズラ。

ある公共施設で因縁をつけてきた中年夫婦が、ぼくの胸ぐらをつかんでドツきまわしたこともあった。このとき、ぼくはまったく抵抗しなかった。いざとなったら相手の手を巻き込んで投げを打ち、押さえ込みながら腕をへし折ってやろうと考える余裕があった。しかし、施設の職員は止めにさえ入らなかった。

だが、とある公共施設で「事務所でシバいてやるッ!」と意気込み、ぼくに怪我を負わせた民間警備員は、その後クビになったらしい。その程度はいたしかたあるまい。因果応報。前科がつかなかっただけ、ありがたいと思って欲しい。

***

 警視庁綾瀬署は21日までに、窃盗容疑でいずれも住所不定、無職の小川忠宏(30)、千明美由紀(22)の両容疑者を逮捕した。小川容疑者らはダックスフント1匹を散歩させながら無施錠の車を探していたといい、「犬を連れていれば目立たないと思った。5年前から都内や埼玉、千葉県で900件ぐらいやった」と供述。2人は荒川の河川敷のテントで一緒に暮らしており、生活費目的で犯行を繰り返していたという。

ホームレスとて善人ばかりではない。「したたかなホームレス・カップル」(2008年2月22日・スポーツニッポン)は、車上荒らしに明け暮れたホームレス男女の逮捕記事。一度うまくゆくと知恵がつくのか、犬の散歩を装うのは悪質といってよいと思う。

5年で900件といえば2日に1度の割である。盗みのために四六時中ウロツいていたのだろうか。ホームレスで生活が苦しくやむを得ず900件の盗みを働きました、では情状酌量の余地はないだろう。こりゃ実刑が妥当か。しっかりお務めを果たしてもらう以外にない。

***

加害者としてのホームレス事情を「298円分の盗みで実刑 ホームレスに厳罰で更生できる?」(2008年2月28日・MSN産経ニュース)から。

 弁護人によると、元被告の男性(42)は平成19年10月1日早朝、静岡県富士市の民家の玄関脇にある郵便受けと牛乳箱から、新聞1部と牛乳2本(計298円相当)を盗んだとして、窃盗罪で起訴された。

 弁護人はこの裁判の控訴審を担当した。謝罪と弁償の趣旨で、元被告には黙って被害者に1000円を送った。その被害者からは、意外な返信がきた。次のような内容だ。

 「警察官に伴われて私のところに謝罪に来た犯人の姿を見て、空腹に耐えかねての行為であろうとふびんに思いました。犯人にお金を与えることはいかがなものかと思いましたが、1000円を託しました」

 だが、警察官から「渡せない決まりになっている」と言われ、元被告には渡せなかったという。

 この元被告には、20年2月12日の東京高裁での判決公判で、控訴棄却の判決が言い渡され、懲役1年2月の実刑判決が確定した。

 たった298円の盗みで、懲役1年2カ月の実刑。弁護人は「40年近く法律家をやっているが、こんな判決は初めて。被害者からも哀れみを受けているのに過酷に過ぎる」と憤りをあらわにした。

微妙な内容である。被害者が厳罰を求めているわけでもなく、常習犯でもない限り、298円の窃盗で1年2ヶ月の実刑は、一般感情としても重過ぎる判決であろう。

先日、とある民間施設内に置かれていた千円札(?)をポケットにねじ込んだ中年ビジネスマンを見かけたが、あれは拾得物横領ではなくおそらく窃盗で、単純計算、彼なぞは4年ばかりムショ暮らしをしていただくことになるが、現実にはあり得まい。実際には警察が書類送検、検察が起訴猶予処分として、裁判すらおこなわれないだろう。

この事件、いかにも「被告がホームレスならでは」の判決といえないか。

関連記事

NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織... 古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。  ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。  支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対...
東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
見えにくくなってゆくホームレス 6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。 公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景...
山谷の労働者にパソコン講習 13日の朝日新聞・夕刊だと思うのだが、「城北労働・福祉センター」が、山谷の主にドヤ暮らしの労働者にパソコン講習をおこなっているという記事。といっても専門職に育てるつもりはなく、あくまでも必要最低限のスキル範囲内らしい。土木関係の求人が激減しているので、別の職種への取っ掛かりとしてということのようだ。...
スポンサーリンク