ホームレス、ちょー寒いッ!

スポンサーリンク

TS350448

 この冬は、ここ数年でいちばんの寒さだろう。都心で降っても川崎は降らないというほど雪に縁の薄いこの街も、先日はうっすらと雪化粧。身震いするような寒さであった。今日も先ほどまで路上をウロウロしていたが、ウンザリするような冷え込みである。

 凍りつくようなアスファルトの上にダンボール一枚を敷き詰めて、頭から毛布をかぶり震えながら縮こまっているホームレスの脇をとおり過ぎながら、ぼくはぬくぬくと暖かな場所に逃げ込んでいる。この冬、何度目かの風邪を引き、白湯で葛根湯をいただく。

 風邪を引いている人はお大事に。暖かくしてお休み。引いていない人は気をつけて。暖かくしてお休み。風邪が治った人は、また引かないように。暖かくしてお休み。

 ぼくはこれからひと仕事片づける。――外で寝ていたおやっさんは、この冬、何度風邪を引いただろうか。そんなことを、ふと考える。

関連記事

眠る人々  数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。  むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法...
雨降る晩に  雨がしとしとと降りつづける深更にただひとり、ぽつねんと路上の影に立ち止まっていると、なんだかひどくわびしい。天から雨粒がぽつぽつと落ちてきては、透明な傘の向こうで粉々に砕け散ってゆく。ざぁざぁとやかましい音がしているのにひどく静かなのは、人間がいないからだ。自分ひとりだけしか人間がいない。まる...
ホームレス相手にストレス解消 先日、東京は墨田区の公園に住んでいたホームレスのおじさんが、定時校生のふたり組に殺された。酒を飲んだあとのストレス解消、だという。こんな事件も珍しくなくなった。 学校がヒマになるとつまらぬ輩が出てくる。10日ほど前か、深夜、公園のベンチに寝ていたところを頭の上でロケット花火を打ち上げられた。やはり高...
真夏のオリオン 汗が額を滝のように流れ落ちてゆく。ザーザー。 ウソをつけ。そんなに汗が流れたら前が見えなくて危険だし、たちまち脱水症状を起こしてしまうではないか。だから、汗はガラス窓についた雨粒のようにぼくの額を伝いながら、ゆっくりと流れ落ちていったのだ。幾筋も、幾筋も、幾筋も。 ほの暗い水銀灯が放つか...
スポンサーリンク