ホームレス、稼ぐ

スポンサーリンク

TS350427

 最近いただいたお仕事で得た収入やら、購入した贅沢品やら、必需品やらを、仕事の合い間に記念撮影。

 お金を写真に撮るのはいかにも悪趣味だが、諭吉さんなどそうそう拝めるものではないので、まぁよかろう。健次郎の生活も以前ほどひどくはなくなりつつあるのだと、読者を安心させたい気持ちもある。

 ウォークマンは以前からずっと欲しかった物のひとつで、古い型の中古を格安で手に入れた。このフォルムがなんとも美しい。贅沢品ではあるが、「人間らしく過ごす計画」の一環である。けれど、中に入れる音楽にもお金がかかるのを忘れていた……

 Suicaというシロモノには、正直ビックリした。国電(古いなァッ!)だけでなく、私鉄もバスも乗れて、場所によっては買い物だってできちゃうのだ。1枚のカードでなんでもこなせるレベルに向かって着実に近づきつつあるのか。利用者にとってはありがたい。しかし、ぼくは余計なお金をチャージできないので、あまり意味がない……。というか、いつデポジットの500円が必要な生活に戻ってしまうか、それが心配ではある。

関連記事

生きてゆくうえで大切なこと(その1)... 生きてゆくうえで大切なことは、たいていシンプルだ。そうしてむかしから幾度となく語り継がれ、ごくあたりまえの考えになっているが、そのために忘れ去られ、あるいはないがしろにされている。それらをもう一度思い出してみる。 自分との約束は守れ 約束というと他人とするものだと思ってしまうが、その前にまず自分...
進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
書く者と書かざる者 某月某日 ことばは虚しい。いくら叫んでも、いや叫べば叫ぶほどに、ことばはその力を失って空を切り雲散霧消してしまう。届くべきところへと届かない。届くべきところとは、すなわちあなたのその心だった。 ことばを使う者がその力を疑ったらお終いである。だからわたしはすでに終わっている。 かつて阪神大震災で被...
眠りを拒絶するベンチ(その1)  岡本太郎の作品に「座ることを拒否する椅子」というものがあって、川崎市市民ミュージアムにも所蔵されているが、これは座面にいろいろなものが彫られていて、平らでもなく柔らかくもなく、およそ座り心地のよい椅子ではない。がしかし、これは芸術だからそれでよい。  写真は同館の玄関脇にあるベンチ。むろん岡...
スポンサーリンク