ホームレス、いずこへ

スポンサーリンク

TS350193

 いずこからやってきて、いずこへと消えてゆくホームレス。彼方からやってきて、彼方へと去ってゆく。ゆく先は本人にさえ、定かではないのかも知れない。

 そう書くと感傷的だが、それはもちろん心象風景である。おそらくこのおじさん個人は、「いつもの場所」に向かって歩いているにちがいない。そこに「将来」が待っているかどうかは別にしても。

関連記事

毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
悪党という役まわり 袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ...
永遠の凍土に埋まれ 停滞しはじめた自分の精神に嫌気がさす。急斜面から滑落し、セルフビレイ一本でかろうじて宙にぶら下がっている。もがいてもあがいてもなんの取っ掛かりもなく、吹きつける寒風の中をただ漂っている。ぶら~り、ぶらんぶらん。 切ってしまえ、とさえ思う。なんだってこの岩山を登ろうというのか。もはや理由さえ定かではな...
なぜなのか 某月某日 なぜあなたがたはわたしを嫌うのか。 なぜあなたがたはわたしを無視するのか。 なぜあなたがたは隣のホームレスに気を配りわたしの前を素通りしてゆくのか。 わからない。 わからない。 わからない。 彼らは立ち止まらないことでメッセージを伝える。 彼らは無視することで打撃を加える。 彼らは承認を与...
スポンサーリンク