ホームレス、いずこへ

スポンサーリンク

TS350193

 いずこからやってきて、いずこへと消えてゆくホームレス。彼方からやってきて、彼方へと去ってゆく。ゆく先は本人にさえ、定かではないのかも知れない。

 そう書くと感傷的だが、それはもちろん心象風景である。おそらくこのおじさん個人は、「いつもの場所」に向かって歩いているにちがいない。そこに「将来」が待っているかどうかは別にしても。

関連記事

バイブル(私家版)のことば 人はパンのみで生きるのではない。パンの間にあるハムやレタス、またはトマトかタマゴ、ないしツナあるいはハムカツ、さらにコロッケおよびスパゲッティ、加えてサラダついにはマーマレード、必要に応じて小倉あんとジャムとクリームによって生きるのである。 ~バイブル(私家版)より~ 腹減ったッ!(笑)...
人生からの復讐 なんつーか、俺は自分の人生から復讐されている気がするんだよね。まいた種を刈り取らされているというか、犯した罪を償わされているというか、まぁ因果応報ってヤツだ。自分の人生から「ザマァ見ろ」っていわれている気がする。えらそうなことばかりいって、なにもできねぇじゃねぇかと。やれるもんならやってみろと。 ...
止まらない涙 Side A ことの起こりはこんなことだ。かなり以前になるが、あるボランティアの運営するブログにその人の友人であるボランティアの男性がコメントし、ぼくがその男性にあいさつをしたところ無視されたという、たったそれだけのことなのである。けれど、ぼくはそのことでずいぶんと悩み、なぜ無視されたのか、なぜ相手...
どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
スポンサーリンク