ホームレス、眠る

スポンサーリンク

TS350383

 ここは私鉄の高架下。電車が通るたびに、けたたましい騒音が響き渡る。ついでに巨大なバスターミナルのど真ん中だ。バスやタクシーが引きも切らず、のべつまくなし出入りして、膨大な排気ガスをまき散らしてゆく。

 健康によいはずもないが、それでも人は眠らなければ、生きてはゆけない。

関連記事

拝啓 ありがとうございます 感謝、ということが苦手だ。ありがとうございます、感謝しています、毎度あり、どうも、サンキュー、ダンケシェン……。ことばにしてしまえばそれだけのことだけれど、胸の奥底から突き上げてきたものが口をついて溢れ出るための、本来その胸の奥に燃えたぎっているべきものが、ない。にもかかわらず、ぼくは平然といってし...
ホームレスを整理ポストへ 人生にはよいことも悪いこともある、というのが一般的な見解で、だから「禍福はあざなえる縄の如し」なんてむかしの人はいったのだが、おそらくこういうことばは気休めから出てきたのだろう。 実際には、個人によって大きなばらつきがあるものだ。よいことが多くつづく人と、悪いことばかり重なる奴がいる。もちろん、ぼく...
さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
ホームレスとは、なにかを諦めること... ホームレスとは、なにかを諦めること。 それは、家族と作る幸せな家庭かも知れない。 充実した仕事をこなすことかも知れない。 毎日を笑顔で楽しく過ごすことかも知れない。 仕事での成功や社会的な地位、名誉などといったものではない。 誰しもが目指し、そうして簡単にできると思っていること。 平凡に生きるこ...
スポンサーリンク