外道ホームレス

スポンサーリンク

ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそんなトピックを書いてしまうぼく自身の在り方に、常に、常に、戸惑う。

たとえば、付き合いをやめたとはいえ、仮にも一時はお世話になった人々への苦言をネタにトピックを書くことは、ほんとうに正しいことなのだろうか? さまざまな行き違いからケンカ別れすることになったのだとしても、世話になった以上はただそのことのみを感謝して、ほかのことには眼をつむるべきなのではなかろうか?

おそらく、そうすることが人の道にちがいない。ぼくはまちがっているだろう。たぶん、恩を仇で返すという、人の道に外れることをしているのだと思う。それゆえ、このブログは多くの人たちにとって楽しいものではなく、むしろ不快でさえある。それはいうまでもなく、ぼく自身が不快な人間であるからだ。

「外道」、ということばがある。文字どおり、道を外れることを指す。ぼくは人の道を外れている。外道、といってよい。外道で悪党。それがぼくだ。

ぼくがホームレスなのは、外道で悪党だからだと思う。人の道を外れた悪党だから、ぼくはホームレスなのにちがいない。善人も尻尾を巻いて逃げ出す外道なホームレス悪党。それがぼく。もちろん、自業自得に決まっている。

もしかすると、ぼくは人の喜びを自分の喜びとするような、善人になりたかったのかも知れない。他人の役に立つことを喜びとするような、善人になりたかったのかも知れない。誰かに笑顔を取り戻させるような、善人になりたかったのかも知れない。

だが、このていたらく。

……もう充分だ。外道には外道の道がある。悪党には悪党の道がある。きのうの友は今日の敵。仮面の善を斬り捨てろ。善人もどきを叩き斬ってしまえ。恩など捨て去りすべてを仇にせよ。薙ぎ払えッ! 叩き斬れッ! 焼き尽くせッ! 外道な悪党の道をゆけッ! 神と仏にゃ地獄で詫びよう。地獄で会おうぜ、ベイビィ。

関連記事

ホームレス、稼ぐ  最近いただいたお仕事で得た収入やら、購入した贅沢品やら、必需品やらを、仕事の合い間に記念撮影。  お金を写真に撮るのはいかにも悪趣味だが、諭吉さんなどそうそう拝めるものではないので、まぁよかろう。健次郎の生活も以前ほどひどくはなくなりつつあるのだと、読者を安心させたい気持ちもある。 ...
今日のことば ■2007年 ★4月27日 「悩み苦しむ人はそれだけで、人を救う働きをしている」(田口ランディ)  最近聞いたことばの中では圧倒的な癒し効果。思わず涙が出た。人を傷つけるだけしかできない俺でも誰かを救っているのか? そう信じたい。 ★3月9日 「大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりのために全...
さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
ホームレス、自業自得 ホームレスなんざ自業自得よ。ほかの奴らは知らねぇが、俺自身は自業自得よ。俺にゃ善人ヅラは似合わねぇ。人に与えるものなんか、なにひとつ持っちゃいねぇからな。俺は奪うだけの人間だ。それだから悪党なのさ。...
スポンサーリンク