外道ホームレス

スポンサーリンク

ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそんなトピックを書いてしまうぼく自身の在り方に、常に、常に、戸惑う。

たとえば、付き合いをやめたとはいえ、仮にも一時はお世話になった人々への苦言をネタにトピックを書くことは、ほんとうに正しいことなのだろうか? さまざまな行き違いからケンカ別れすることになったのだとしても、世話になった以上はただそのことのみを感謝して、ほかのことには眼をつむるべきなのではなかろうか?

おそらく、そうすることが人の道にちがいない。ぼくはまちがっているだろう。たぶん、恩を仇で返すという、人の道に外れることをしているのだと思う。それゆえ、このブログは多くの人たちにとって楽しいものではなく、むしろ不快でさえある。それはいうまでもなく、ぼく自身が不快な人間であるからだ。

「外道」、ということばがある。文字どおり、道を外れることを指す。ぼくは人の道を外れている。外道、といってよい。外道で悪党。それがぼくだ。

ぼくがホームレスなのは、外道で悪党だからだと思う。人の道を外れた悪党だから、ぼくはホームレスなのにちがいない。善人も尻尾を巻いて逃げ出す外道なホームレス悪党。それがぼく。もちろん、自業自得に決まっている。

もしかすると、ぼくは人の喜びを自分の喜びとするような、善人になりたかったのかも知れない。他人の役に立つことを喜びとするような、善人になりたかったのかも知れない。誰かに笑顔を取り戻させるような、善人になりたかったのかも知れない。

だが、このていたらく。

……もう充分だ。外道には外道の道がある。悪党には悪党の道がある。きのうの友は今日の敵。仮面の善を斬り捨てろ。善人もどきを叩き斬ってしまえ。恩など捨て去りすべてを仇にせよ。薙ぎ払えッ! 叩き斬れッ! 焼き尽くせッ! 外道な悪党の道をゆけッ! 神と仏にゃ地獄で詫びよう。地獄で会おうぜ、ベイビィ。

関連記事

深夜のホームレス、土砂降りに遭う  深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。  ふと思い出してパチリとやったが、長時間...
眠る人々  数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。  むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
ほんとうはなにもできない自分 俺はよく傷ついた傷ついたっていって騒ぐんだけども、ほんとうはそれとおなじぐらい、あるいはそれ以上に人を傷つけているんだ。意図的に傷つけることもあるし、気づかないうちに不用意に傷つけてしまうこともある。 当代の幸四郎が子供のころ、父親の白鸚(はくおう)に稽古をつけてもらっていたときのこと、なにかの...
スポンサーリンク