外道ホームレス

スポンサーリンク

ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそんなトピックを書いてしまうぼく自身の在り方に、常に、常に、戸惑う。

たとえば、付き合いをやめたとはいえ、仮にも一時はお世話になった人々への苦言をネタにトピックを書くことは、ほんとうに正しいことなのだろうか? さまざまな行き違いからケンカ別れすることになったのだとしても、世話になった以上はただそのことのみを感謝して、ほかのことには眼をつむるべきなのではなかろうか?

おそらく、そうすることが人の道にちがいない。ぼくはまちがっているだろう。たぶん、恩を仇で返すという、人の道に外れることをしているのだと思う。それゆえ、このブログは多くの人たちにとって楽しいものではなく、むしろ不快でさえある。それはいうまでもなく、ぼく自身が不快な人間であるからだ。

「外道」、ということばがある。文字どおり、道を外れることを指す。ぼくは人の道を外れている。外道、といってよい。外道で悪党。それがぼくだ。

ぼくがホームレスなのは、外道で悪党だからだと思う。人の道を外れた悪党だから、ぼくはホームレスなのにちがいない。善人も尻尾を巻いて逃げ出す外道なホームレス悪党。それがぼく。もちろん、自業自得に決まっている。

もしかすると、ぼくは人の喜びを自分の喜びとするような、善人になりたかったのかも知れない。他人の役に立つことを喜びとするような、善人になりたかったのかも知れない。誰かに笑顔を取り戻させるような、善人になりたかったのかも知れない。

だが、このていたらく。

……もう充分だ。外道には外道の道がある。悪党には悪党の道がある。きのうの友は今日の敵。仮面の善を斬り捨てろ。善人もどきを叩き斬ってしまえ。恩など捨て去りすべてを仇にせよ。薙ぎ払えッ! 叩き斬れッ! 焼き尽くせッ! 外道な悪党の道をゆけッ! 神と仏にゃ地獄で詫びよう。地獄で会おうぜ、ベイビィ。

関連記事

母の日に そうか、きのうは母の日だったんだね。すっかり忘れていた。娘として息子として、あるいは母として、過ごした人も多かったのだろう。 ぼくに母はいない。まだ存命だと思うけれど、もう何年も会っていないので実際にはわからない。いずれにせよ、彼女が死ぬまで会うことはないだろうと思うので、もう死んだことにしてい...
「武州無宿・健次郎のブログ」として... ホームレスに関する数値やデータや生態……。人々が知らずにいて、知ることで知識が得られるだけの、実用書みたいな「情報」。そういうものから離れたいと思いはじめてからしばらく経つ。そのせいか、最近ようやく「ホームレスのブログ」ではなく、「武州無宿・健次郎のブログ」になりつつあるような気がしている。 誰が書...
非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
スポンサーリンク