ホテルに泊まる

スポンサーリンク

TS350376

 ホームレスのぶんざいで申し訳ないのだけれど、ホテルにきている。この時季、都会のホテルは安い。シティホテル並みのビジネスホテルが並みのビジネスホテル並みの格安料金並みで泊まれる……という説明でわかってもらえるかどうかわからないのだけれど、少なくともぼくにとっては極上の贅沢であることにはちがいない。とにかく外は暑過ぎる。

 ふかふかのベッドは10人ぐらい寝られる広さがあり、バカでかいバスルームは100人同時に入って水泳大会が開けるほどだ。1,000人がいっぺんに使えそうなパソコンまで備え付けである。そういうわけだから、ぼくは今、そのパソコンでこのトピックを書いている。

 ぼくは明日のチェックアウトまでに、ここで3回か4回ぐらい風呂に入り、身体に積もり積もった汚れをきれいさっぱり洗い流してゆくつもりである。死んだように見せかけてその実、単に寝ているだけというぐらいに眠りつづけるつもりである。今年、初めて布団に寝るのだ。今から楽しみである。ぐわはははッ!

ついでに、アフィリエイトでたまった使い道のない楽天ポイントでお代を支払う。換金できるわけじゃないし、バカみたいな使い方だとは思うけれど、今のぼくには極上の贅沢なのである。あぁ、許されよ。

関連記事

武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?... わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか? 「ホームレス問題を訴える」 「ホームレスへの理解を求める」 というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから...
ひとりぼっちの彼 高校進学の際、三つの学校を受験した。ひとつは進学校で学業レベルが高く、ぼくの学力ではギリギリで、私学でもあり授業料も値が張る。おまけに家から遠く、同級生で受験する者もいなかったが、担任教師が強く勧めるのでやむなく選んだ。学力不足以上に、本人に進みたい気持ちがないので当然落ちた。 ふたつめは公立校で...
どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
池に浮かぶベンチ  6月15日、梅雨入り宣言翌日の川崎市等々力緑地にて。ほんとうは池にベンチが浮かんでいるわけではないのだけれど、前日の雨でできた水たまりの中、ベンチが孤立している。...
スポンサーリンク