ホテルに泊まる

スポンサーリンク

TS350376

 ホームレスのぶんざいで申し訳ないのだけれど、ホテルにきている。この時季、都会のホテルは安い。シティホテル並みのビジネスホテルが並みのビジネスホテル並みの格安料金並みで泊まれる……という説明でわかってもらえるかどうかわからないのだけれど、少なくともぼくにとっては極上の贅沢であることにはちがいない。とにかく外は暑過ぎる。

 ふかふかのベッドは10人ぐらい寝られる広さがあり、バカでかいバスルームは100人同時に入って水泳大会が開けるほどだ。1,000人がいっぺんに使えそうなパソコンまで備え付けである。そういうわけだから、ぼくは今、そのパソコンでこのトピックを書いている。

 ぼくは明日のチェックアウトまでに、ここで3回か4回ぐらい風呂に入り、身体に積もり積もった汚れをきれいさっぱり洗い流してゆくつもりである。死んだように見せかけてその実、単に寝ているだけというぐらいに眠りつづけるつもりである。今年、初めて布団に寝るのだ。今から楽しみである。ぐわはははッ!

ついでに、アフィリエイトでたまった使い道のない楽天ポイントでお代を支払う。換金できるわけじゃないし、バカみたいな使い方だとは思うけれど、今のぼくには極上の贅沢なのである。あぁ、許されよ。

関連記事

外道ホームレス ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそん...
未成熟なココロ トップページに、改めてホームレスの分類についての解説を載せた。以前に公開していたものを引きずり出してきて、少し書き直した。「明るく元気で前向きにガンバッているホームレス」ばかりがホームレスじゃないんだよ、ということを訴えたい気持ちが強かった。けれど、なんだってこんなことをするのだろう。いまさらどうで...
ほんとうのホームレス問題(ホームレス問題ヲ語ルトイフコト)... 小説の書き方には2種類ある。「わたし」が主人公の1人称小説と「誰か」が主人公の3人称小説だ。1人称のほうが書きやすく思えるので、たいていの人は「わたし」を主人公に書きはじめる。が、実際には1人称のほうがむずかしい。したがって、初心者の書いた1人称小説は読むに耐えぬものとなる。 理由はさまざまだが...
ほんとうはなにもできない自分 俺はよく傷ついた傷ついたっていって騒ぐんだけども、ほんとうはそれとおなじぐらい、あるいはそれ以上に人を傷つけているんだ。意図的に傷つけることもあるし、気づかないうちに不用意に傷つけてしまうこともある。 当代の幸四郎が子供のころ、父親の白鸚(はくおう)に稽古をつけてもらっていたときのこと、なにかの...
スポンサーリンク