ホテルに泊まる

スポンサーリンク

TS350376

 ホームレスのぶんざいで申し訳ないのだけれど、ホテルにきている。この時季、都会のホテルは安い。シティホテル並みのビジネスホテルが並みのビジネスホテル並みの格安料金並みで泊まれる……という説明でわかってもらえるかどうかわからないのだけれど、少なくともぼくにとっては極上の贅沢であることにはちがいない。とにかく外は暑過ぎる。

 ふかふかのベッドは10人ぐらい寝られる広さがあり、バカでかいバスルームは100人同時に入って水泳大会が開けるほどだ。1,000人がいっぺんに使えそうなパソコンまで備え付けである。そういうわけだから、ぼくは今、そのパソコンでこのトピックを書いている。

 ぼくは明日のチェックアウトまでに、ここで3回か4回ぐらい風呂に入り、身体に積もり積もった汚れをきれいさっぱり洗い流してゆくつもりである。死んだように見せかけてその実、単に寝ているだけというぐらいに眠りつづけるつもりである。今年、初めて布団に寝るのだ。今から楽しみである。ぐわはははッ!

ついでに、アフィリエイトでたまった使い道のない楽天ポイントでお代を支払う。換金できるわけじゃないし、バカみたいな使い方だとは思うけれど、今のぼくには極上の贅沢なのである。あぁ、許されよ。

関連記事

がんばれーッ! オレ ホームページのアフィリエイトもほぼ全壊し、おおむね収入源を断たれたかたちではあるけれど、しかし去年から取り組んできた「求人広告をふつうに見られるようになること」という目標が、だいたい達成できたようだ。以前は求人広告を見ただけで過去の辛い思い出がよみがえり、気分が悪くなって吐き気や悪寒や頭痛に襲われて...
こだわりの生き方 元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。 なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考...
悪党という厄介な生き方 悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。 ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分...
バイブル(私家版)のことば 人はパンのみで生きるのではない。パンの間にあるハムやレタス、またはトマトかタマゴ、ないしツナあるいはハムカツ、さらにコロッケおよびスパゲッティ、加えてサラダついにはマーマレード、必要に応じて小倉あんとジャムとクリームによって生きるのである。 ~バイブル(私家版)より~ 腹減ったッ!(笑)...
スポンサーリンク