熱中症に気をつけて

スポンサーリンク

肌を焼け尽くすような凄まじい日差しだと思っていたら、埼玉県熊谷市では、観測史上最高の40.9度を記録したという。熱中症で亡くなる方があちこちで出ているので、どうかみなさん、くれぐれも気をつけてください。とりわけ、体温の調整機能が落ちている人、お年寄りや子ども、病気の人は注意されたい。予防には水だけでなく、塩分の摂取も必要なのだそうだ。

狂ったような暑さである。ふだんは何時間も道を歩きつづけるぼくでさえ、この日差しの下では30分と歩けない。というか、10分に一度ぐらいは休まないと、文字どおり命の危険を感じる。だから、今はほとんど出歩かず、移動は最小限。涼しい場所を見つけて、一ヶ所にできるだけ長居するようにしている。無理はしかたがないが無茶はいかんということで、みなさんも無茶はしないで長生きしてください。

関連記事

無意味で理不尽なトピック 「だいじょうぶ」を書いてから読んだ大覚アキラの詩 二度と詩は書かないと決めた 俺は小説を書いたほうがよさそうだ ついでにエッセイも 大覚アキラは密かなる我が師 師を呼び捨ては礼儀にかなう 「主任の健次郎さんです」とは紹介しないから 「会長の健次郎です」が正しいのさ けれど 俺は俺を呼...
あるじなき摩天楼(地獄と天国)  5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。  路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの...
武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?... わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか? 「ホームレス問題を訴える」 「ホームレスへの理解を求める」 というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから...
歩く健次郎  5月22日撮影。歩きながら自分の足元をノーファインダー(ディスプレイを見ずに勘で撮る方法)で撮ったうちの1枚。この日はむやみに5万歩ぐらい歩いている。  左上の花はツツジかなにかだろうか。この季節、道端でほんとうによく見かける花なのだけれど、その名さえ知らず、すべて通り過ぎてゆく。...
スポンサーリンク