熱中症に気をつけて

スポンサーリンク

肌を焼け尽くすような凄まじい日差しだと思っていたら、埼玉県熊谷市では、観測史上最高の40.9度を記録したという。熱中症で亡くなる方があちこちで出ているので、どうかみなさん、くれぐれも気をつけてください。とりわけ、体温の調整機能が落ちている人、お年寄りや子ども、病気の人は注意されたい。予防には水だけでなく、塩分の摂取も必要なのだそうだ。

狂ったような暑さである。ふだんは何時間も道を歩きつづけるぼくでさえ、この日差しの下では30分と歩けない。というか、10分に一度ぐらいは休まないと、文字どおり命の危険を感じる。だから、今はほとんど出歩かず、移動は最小限。涼しい場所を見つけて、一ヶ所にできるだけ長居するようにしている。無理はしかたがないが無茶はいかんということで、みなさんも無茶はしないで長生きしてください。

関連記事

さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
きれいになってよかったね おめでとう きれいな町になってよかったね ホームレスのいない きれいな町になってよかったね ブルーテントもダンボールハウスもない きれいな町になってよかったね ほら 公園や河川敷には暖かな陽の光が降りそそぎ 草木の緑が萌え さわやかな風が吹き渡ってゆく 小鳥たちがうれしそうにさえずって 犬や猫も...
ある引っ越しにて ぼくは途方に暮れたまま、呆けたように立ち尽くしていた。あらかたの荷物はトラックに積み込んだが、洗濯機だけがどうしても動かせないのだ。中はほとんど空っぽのくせに、底のほうに重たいモーターかなにかが詰まっているのだろう。低重心でひどくバランスが悪くて、ひとりで運ぶには重過ぎるのだった。 十年以上前の...
眠りを拒絶するベンチ(その5)  Canonの本社がある東京大田区の下丸子。大田区ではよく見かけるタイプのベンチが、この街にもある。もともと古い木製のもので、お色直しのついでにホームレス対策のお邪魔ん棒を取っ付けたようである。武骨なつくりで、とにかくなにがなんでも寝かせないゾという強烈な、ただそれだけのシロモノ。...
スポンサーリンク