ホームレスとは、なにかを諦めること

スポンサーリンク

ホームレスとは、なにかを諦めること。

それは、家族と作る幸せな家庭かも知れない。
充実した仕事をこなすことかも知れない。
毎日を笑顔で楽しく過ごすことかも知れない。

仕事での成功や社会的な地位、名誉などといったものではない。
誰しもが目指し、そうして簡単にできると思っていること。
平凡に生きること。

屋根のある家に住み、
つらくも楽しくもある仕事でそれなりの収入を得て、
ゴタゴタしながらも大切な家族を持ち、
ときに友人たちと楽しく語らい、
ときに好きな趣味に没頭し、
そうして少しずつ老いさらばえてゆく。

平凡に生きること。
ホームレスとは、平凡に生きることさえ諦めることである。
それは、愛さえ諦めること。

ホームレスとは、なにかを諦めることである。
人生に、生きてゆくために必要ななにかを諦めること。
それがホームレスというものだ。

関連記事

眠りを拒絶するベンチ(その3)  JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。...
毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
毎日の暮らしメモ(5月14日~16日) 総歩数 消費カロリー 食事 本日のちょびっと善行 本日の悪行ざんまい その他 ■5月14日(月) 31,607歩 647kcal カップラーメン、野菜ジュースなど 子供と眼が合ったので手を振った どこかのおっさんと眼が合ったら「バカ」といわれた 夜半、公園のベンチで寝るが、まだ寒すぎる。 ...
ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
スポンサーリンク