ホームレスとは、なにかを諦めること

スポンサーリンク

ホームレスとは、なにかを諦めること。

それは、家族と作る幸せな家庭かも知れない。
充実した仕事をこなすことかも知れない。
毎日を笑顔で楽しく過ごすことかも知れない。

仕事での成功や社会的な地位、名誉などといったものではない。
誰しもが目指し、そうして簡単にできると思っていること。
平凡に生きること。

屋根のある家に住み、
つらくも楽しくもある仕事でそれなりの収入を得て、
ゴタゴタしながらも大切な家族を持ち、
ときに友人たちと楽しく語らい、
ときに好きな趣味に没頭し、
そうして少しずつ老いさらばえてゆく。

平凡に生きること。
ホームレスとは、平凡に生きることさえ諦めることである。
それは、愛さえ諦めること。

ホームレスとは、なにかを諦めることである。
人生に、生きてゆくために必要ななにかを諦めること。
それがホームレスというものだ。

関連記事

早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
真夏のオリオン 汗が額を滝のように流れ落ちてゆく。ザーザー。 ウソをつけ。そんなに汗が流れたら前が見えなくて危険だし、たちまち脱水症状を起こしてしまうではないか。だから、汗はガラス窓についた雨粒のようにぼくの額を伝いながら、ゆっくりと流れ落ちていったのだ。幾筋も、幾筋も、幾筋も。 ほの暗い水銀灯が放つか...
さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
スポンサーリンク