いまだ哀しみを知らぬ者たちに捧ぐ

スポンサーリンク

ホームレスとは、生きる哀しみを心に刻み込んだ者たちのことである。

あなた方がもしもいまだ哀しみを知らぬ生を送っているのだとしたら、ホームレスのうちに宿る一片の哀しみを探し出すがよい。探し出して、身にまとうがよい。あなた方が知るべきは哀しみである。あなた方は弱過ぎる。哀しみを知らぬがゆえに。

自己責任だの自助努力だのセイフティネットだの自業自得だの屁理屈を並べる前に、他者の哀しみを見つめることのできぬおのれの弱さを知るがよい。もしもあなた方が哀しみをその身にまとっていれば、その心に哀しみを刻みつけていれば、このような弱きことばなどに頼らず、強い心を以ってその哀しみを見据えることができるだろう。

ホームレスを見て、その胸の奥底を詰まらせてみるがよい。ホームレスを見て、その頬にひと筋の涙を伝わらせてみるがよい。それができぬのは、哀しみを知らぬ弱き心だからである。弱き心であるがゆえ、人の哀しみを見つめることができず、おのが心を守ろうとし、愚にもつかぬ屁理屈を唱えるのだ。もしもあなた方が強き心であったなら、おのが心を守る前に、まず人の哀しみを見つめることができるだろう。あなた方はあまりに弱過ぎる。

弱き者たちよ。哀しみを知り、哀しみに胸詰まらせ、哀しみに涙し、哀しみを抱き締め、そして強くなれ。ほんとうの強さとは、哀しみを知ることからはじまる。哀しみとは愛だからである。愛を知らぬ者は弱い。それだから、愛を知って強くなれ。

関連記事

毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
あとがき ~ホームレスの河~  ホームレスと非ホームレスとの境にはとても大きな河が流れていて、わたしはいつもその河を泳いで渡り、非ホームレスであるみなさんの眼の前に現れて話をする。わたしはそのときみなさんの世界にいて、わたしが体験し、そして見てきたホームレスの世界をみなさんに語る。  それは、みなさんへ贈る、わたしがホームレス...
スポンサーリンク