若者のイベントとホームレス

スポンサーリンク

TS350359

 七夕の翌日、川崎市内の公園にある野外ステージでおこなわれていたなにかのイベント。ステージ上のDJにあわせて若者たちが踊っていたが、人影もどことなくまばらであり、今ひとつ盛り上がりに欠け、それにもましていったいなんのイベントなのかさっぱりわからなかった。


TS350244

 この野外ステージ、ふだんはこんな様子である。奥の両隅にホームレスが定住しているが、イベントなどがあればサッと消える。ここに住むホームレスたちは、ぼくが路上に堕ちたときにはすでにいたから、路上生活は相当な期間になるはずだ。そうして、今もまだホームレスのままである。

 余談ながら、この公園では数年前、ホームレスが首を吊ったという。

関連記事

Show me a way!  梅雨入りしてからというもの、南関東は連日、凄まじいまでの暑さがつづく。レンガだかタイルだかの張られた路上からの照り返しは猛烈だ。ぼくはやや脱水状態気味であり、あまり体調がよろしくない。みなさんもお身体お大事に。...
外道ホームレス ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそん...
ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
飛べない鋼鉄の小鳥たち  川崎市公文書館裏にある横断歩道。その手すりに留まっている鋼鉄の小鳥たち。彼らは永遠に飛び立つことができない。恨めしげに空を眺めるだけだ。...
スポンサーリンク