眠りを拒絶するベンチ(その5)

スポンサーリンク

TS350358

 Canonの本社がある東京大田区の下丸子。大田区ではよく見かけるタイプのベンチが、この街にもある。もともと古い木製のもので、お色直しのついでにホームレス対策のお邪魔ん棒を取っ付けたようである。武骨なつくりで、とにかくなにがなんでも寝かせないゾという強烈な、ただそれだけのシロモノ。

関連記事

勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
人生からの復讐 なんつーか、俺は自分の人生から復讐されている気がするんだよね。まいた種を刈り取らされているというか、犯した罪を償わされているというか、まぁ因果応報ってヤツだ。自分の人生から「ザマァ見ろ」っていわれている気がする。えらそうなことばかりいって、なにもできねぇじゃねぇかと。やれるもんならやってみろと。 ...
並ぶ並ばない並べない、立ち入れない取り戻せない、そして立ち去る...  ここ数年、正月は、とある路上で開かれる新年会にお邪魔させてもらっている。主催は野宿者で、近隣の路上生活者やサポーター、社会運動家、立場のよくわからない人、あるいはぼくのように得体の知れない者までが集い、新年のあいさつを交わして、おみくじを引き、書き初めをし、飲んで食べて笑い合い、真剣に語り、ときと...
こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
スポンサーリンク