眠りを拒絶するベンチ(その5)

スポンサーリンク

TS350358

 Canonの本社がある東京大田区の下丸子。大田区ではよく見かけるタイプのベンチが、この街にもある。もともと古い木製のもので、お色直しのついでにホームレス対策のお邪魔ん棒を取っ付けたようである。武骨なつくりで、とにかくなにがなんでも寝かせないゾという強烈な、ただそれだけのシロモノ。

関連記事

理解することされること、ムダな努力、負け組勝ち組、そして棺おけ。... 人はその根本において、互いに理解しあうことはできない。他人を完全に理解することは不可能だ。それは人間がそのような仕組みにできあがっている以上、どうしようもないことである。 人間はすべての世界をおのれの内側に作り上げ、それらと付き合うことで日々を暮らしている。あなたが今見ている景色でさえ、別の人間には...
ホームレスタウン ~葬られてゆく人々~...  今回は写真のみ。説明は無用と思う。
梅雨なる季節 この季節、路上はほんとうに厄介な場所だ。 雨、雨、雨…… 傘などあろうがなかろうが、ほとんど意味などない。ちょっと歩けば、足元はすぐにびしょ濡れになってしまうからである。それがまたいつ乾くとも知れず、不快きわまりないのだ。 日中といわず夜間といわず、寝場所が極端に少なくなるのも頭が痛い。明日どころか...
ハードボイルドな空  暗くどんよりとした鉛色の雲が、この街を押し潰すように低く垂れ込めていた……などというとハードボイルド小説の書き出しのようだが、5月31日の夕刻、東京地方は雷鳴とどろいて、まさに鉛色の雲がどよよんと押し寄せた。こののち凄まじい豪雨となったのはいうまでもない。  ハードボイルドなホームレスは、し...
スポンサーリンク