眠りを拒絶するベンチ(その4)

スポンサーリンク

TS350352

 川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやってこないから、このベンチの仕掛けも無意味、無駄である。付けた人間はバカといってよい。

関連記事

ホテルに泊まる  ホームレスのぶんざいで申し訳ないのだけれど、ホテルにきている。この時季、都会のホテルは安い。シティホテル並みのビジネスホテルが並みのビジネスホテル並みの格安料金並みで泊まれる……という説明でわかってもらえるかどうかわからないのだけれど、少なくともぼくにとっては極上の贅沢であることにはちがいない...
ホームレス、眠る  ここは私鉄の高架下。電車が通るたびに、けたたましい騒音が響き渡る。ついでに巨大なバスターミナルのど真ん中だ。バスやタクシーが引きも切らず、のべつまくなし出入りして、膨大な排気ガスをまき散らしてゆく。  健康によいはずもないが、それでも人は眠らなければ、生きてはゆけない。...
ホームレス、ちょー寒いッ!  この冬は、ここ数年でいちばんの寒さだろう。都心で降っても川崎は降らないというほど雪に縁の薄いこの街も、先日はうっすらと雪化粧。身震いするような寒さであった。今日も先ほどまで路上をウロウロしていたが、ウンザリするような冷え込みである。  凍りつくようなアスファルトの上にダンボール一枚を敷き詰め...
今日のことば ■2007年 ★4月27日 「悩み苦しむ人はそれだけで、人を救う働きをしている」(田口ランディ)  最近聞いたことばの中では圧倒的な癒し効果。思わず涙が出た。人を傷つけるだけしかできない俺でも誰かを救っているのか? そう信じたい。 ★3月9日 「大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりのために全...
スポンサーリンク