眠りを拒絶するベンチ(その4)

スポンサーリンク

TS350352

 川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやってこないから、このベンチの仕掛けも無意味、無駄である。付けた人間はバカといってよい。

関連記事

不思議の世界 このブログをざっと読み返してみる。ヤだな、と思う。とりわけここのところ攻撃的な記事がつづいていて、ヤだな、と思う。読むとひどくすさんだ気持ちになってくる。読んですさんだ気持ちになるような文章は、ヤだな、と思う。なんだってコイツはこんなヤな文章を書いてやがるんだと思い、またヤだな、と思う。文章には人が...
なにも届かないことばたち 「見えにくくなってゆくホームレス」のコメント欄でオセロットさんからいただいた、  このところの健次郎さんのトピックに触れながら想うのは、“個人と普遍”、“ガッカリするかもしれない読み手の在り方”と表現されたこと=一連のトピックで“哀しさ”や“喪失”を健次郎さんのスタイルで叩きつけるように刻まれ...
バイブル(私家版)のことば 人はパンのみで生きるのではない。パンの間にあるハムやレタス、またはトマトかタマゴ、ないしツナあるいはハムカツ、さらにコロッケおよびスパゲッティ、加えてサラダついにはマーマレード、必要に応じて小倉あんとジャムとクリームによって生きるのである。 ~バイブル(私家版)より~ 腹減ったッ!(笑)...
深夜のホームレス、土砂降りに遭う  深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。  ふと思い出してパチリとやったが、長時間...
スポンサーリンク