ホームレスが生き抜くための自転車

スポンサーリンク

TS350345

 空き缶満載の自転車など、都会では珍しくもない。携帯電話に付いているカメラの広角レンズでここまで寄るのは珍しいかも知れない。横顔のショットになってしまったので、フォトレタッチソフトを使ってお顔やお洋服に細工をさせてもらった。まるで整形外科医のような気分になった。レタッチは好きじゃないが、どこの誰だかわかるようなショットは困る。

 よくこれだけ載せられるなぁと、まるで少年のように素直に感心する。これをまたバランスよく運転してゆくのだから、職人芸のようなものだ。ホームレスが生き抜いてゆくためのひとつの技術だが、それにしても驚く。

 時折、こういうものを「積載量オーバーの道交法違反である」とか「走る凶器だ」といって騒いでいる大人たちを見かけるのだけれど、なんだか惨めな心の持ち主だなぁと哀れに思う。それは世界の見方、「世界観」がとても矮小だからだろう。ものの見方が硬直化してしまった善人ぶりっ子の大人たちの世界観は、なにも生み出さずに破壊するだけだからつまらない。バカだな、良民ぶった大人ってヤツは。ゴミ箱に捨てちゃえ。

関連記事

起き抜けの景色  眼を開けると茂った木々の向こうに青空が見えた。しばらくぼんやりしてから公園の硬いベンチの上、えいやッと身体を起こす。雨が過ぎ去って、今日は暑くなりそうな予感がする。どこか日陰を探そう。  ホームレスになりたてのころ、眼を覚ましてすぐには、自分の居場所がわからないことが多かった。見慣れぬ高い天...
永遠の凍土に埋まれ 停滞しはじめた自分の精神に嫌気がさす。急斜面から滑落し、セルフビレイ一本でかろうじて宙にぶら下がっている。もがいてもあがいてもなんの取っ掛かりもなく、吹きつける寒風の中をただ漂っている。ぶら~り、ぶらんぶらん。 切ってしまえ、とさえ思う。なんだってこの岩山を登ろうというのか。もはや理由さえ定かではな...
年忘れホームレス座談会 「なんじゃ、健次郎。おぬし、またひとりぼっちになってしまったのう」 「よせやい。元に戻っただけじゃねぇか」 「そうもいえるが……。で、どうじゃったかな。ブログを1年半やってみて」 「……疲れた、というのが率直なところだな」 「そうか、疲れたか」 「俺のような状況にあって、ふつう、こういうことはしね...
バタリ。 なにか非常に状態がよくない。やらなければならないことがあるのだが、その手間を考えただけでうんざりしてしまう。頭の中がゴチャゴチャしているのだ。今はまだやりたくないのかも知れない。では、やりたくなるまで放っておくことにしよう。このところあちこちでハシャぎ過ぎたので、疲れているのだろう、たぶん。...
スポンサーリンク