ホームレスが生き抜くための自転車

スポンサーリンク

TS350345

 空き缶満載の自転車など、都会では珍しくもない。携帯電話に付いているカメラの広角レンズでここまで寄るのは珍しいかも知れない。横顔のショットになってしまったので、フォトレタッチソフトを使ってお顔やお洋服に細工をさせてもらった。まるで整形外科医のような気分になった。レタッチは好きじゃないが、どこの誰だかわかるようなショットは困る。

 よくこれだけ載せられるなぁと、まるで少年のように素直に感心する。これをまたバランスよく運転してゆくのだから、職人芸のようなものだ。ホームレスが生き抜いてゆくためのひとつの技術だが、それにしても驚く。

 時折、こういうものを「積載量オーバーの道交法違反である」とか「走る凶器だ」といって騒いでいる大人たちを見かけるのだけれど、なんだか惨めな心の持ち主だなぁと哀れに思う。それは世界の見方、「世界観」がとても矮小だからだろう。ものの見方が硬直化してしまった善人ぶりっ子の大人たちの世界観は、なにも生み出さずに破壊するだけだからつまらない。バカだな、良民ぶった大人ってヤツは。ゴミ箱に捨てちゃえ。

関連記事

無意味で理不尽なトピック 「だいじょうぶ」を書いてから読んだ大覚アキラの詩 二度と詩は書かないと決めた 俺は小説を書いたほうがよさそうだ ついでにエッセイも 大覚アキラは密かなる我が師 師を呼び捨ては礼儀にかなう 「主任の健次郎さんです」とは紹介しないから 「会長の健次郎です」が正しいのさ けれど 俺は俺を呼...
若者のイベントとホームレス  七夕の翌日、川崎市内の公園にある野外ステージでおこなわれていたなにかのイベント。ステージ上のDJにあわせて若者たちが踊っていたが、人影もどことなくまばらであり、今ひとつ盛り上がりに欠け、それにもましていったいなんのイベントなのかさっぱりわからなかった。  この野外ステージ、ふ...
毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
あとがき ~ホームレスの河~  ホームレスと非ホームレスとの境にはとても大きな河が流れていて、わたしはいつもその河を泳いで渡り、非ホームレスであるみなさんの眼の前に現れて話をする。わたしはそのときみなさんの世界にいて、わたしが体験し、そして見てきたホームレスの世界をみなさんに語る。  それは、みなさんへ贈る、わたしがホームレス...
スポンサーリンク