ホームレスが生き抜くための自転車

スポンサーリンク

TS350345

 空き缶満載の自転車など、都会では珍しくもない。携帯電話に付いているカメラの広角レンズでここまで寄るのは珍しいかも知れない。横顔のショットになってしまったので、フォトレタッチソフトを使ってお顔やお洋服に細工をさせてもらった。まるで整形外科医のような気分になった。レタッチは好きじゃないが、どこの誰だかわかるようなショットは困る。

 よくこれだけ載せられるなぁと、まるで少年のように素直に感心する。これをまたバランスよく運転してゆくのだから、職人芸のようなものだ。ホームレスが生き抜いてゆくためのひとつの技術だが、それにしても驚く。

 時折、こういうものを「積載量オーバーの道交法違反である」とか「走る凶器だ」といって騒いでいる大人たちを見かけるのだけれど、なんだか惨めな心の持ち主だなぁと哀れに思う。それは世界の見方、「世界観」がとても矮小だからだろう。ものの見方が硬直化してしまった善人ぶりっ子の大人たちの世界観は、なにも生み出さずに破壊するだけだからつまらない。バカだな、良民ぶった大人ってヤツは。ゴミ箱に捨てちゃえ。

関連記事

明るく元気で前向きにガンバる やーど~もぉ。武州無宿の健次郎でゴザイマス。健ちゃんと呼んでくださいネ。 いやーこれでも毎日なかなかたいへんなのですが、いやー空き缶集め、いやービッグイシュー、いやー交換日記、いやー炊き出し、いやーお付き合い、いやーなかなかどうして実行はむずかしく、食うや食わずってなモンですが、いやーこんなんでへこ...
生きてゆくうえで大切なこと(その1)... 生きてゆくうえで大切なことは、たいていシンプルだ。そうしてむかしから幾度となく語り継がれ、ごくあたりまえの考えになっているが、そのために忘れ去られ、あるいはないがしろにされている。それらをもう一度思い出してみる。 自分との約束は守れ 約束というと他人とするものだと思ってしまうが、その前にまず自分...
あるじなき摩天楼(地獄と天国)  5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。  路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの...
とあるホームレスの一日 某月某日 公園のベンチにしわくちゃの新聞がみ一枚を敷き、そっと腰を下ろす。春とはいえ、まだ首筋を冷たい空気が這いのぼってくる深更である。ほったらかしのブログをどうするか考える。心配してコメントをくれた人たちに取りあえず感謝はしたものの、たいへんに申し訳ないことだが個別の返事は差し控えることにする。ど...
スポンサーリンク