ホームレスが生き抜くための自転車

スポンサーリンク

TS350345

 空き缶満載の自転車など、都会では珍しくもない。携帯電話に付いているカメラの広角レンズでここまで寄るのは珍しいかも知れない。横顔のショットになってしまったので、フォトレタッチソフトを使ってお顔やお洋服に細工をさせてもらった。まるで整形外科医のような気分になった。レタッチは好きじゃないが、どこの誰だかわかるようなショットは困る。

 よくこれだけ載せられるなぁと、まるで少年のように素直に感心する。これをまたバランスよく運転してゆくのだから、職人芸のようなものだ。ホームレスが生き抜いてゆくためのひとつの技術だが、それにしても驚く。

 時折、こういうものを「積載量オーバーの道交法違反である」とか「走る凶器だ」といって騒いでいる大人たちを見かけるのだけれど、なんだか惨めな心の持ち主だなぁと哀れに思う。それは世界の見方、「世界観」がとても矮小だからだろう。ものの見方が硬直化してしまった善人ぶりっ子の大人たちの世界観は、なにも生み出さずに破壊するだけだからつまらない。バカだな、良民ぶった大人ってヤツは。ゴミ箱に捨てちゃえ。

関連記事

さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
あとがき ~ホームレスの河~  ホームレスと非ホームレスとの境にはとても大きな河が流れていて、わたしはいつもその河を泳いで渡り、非ホームレスであるみなさんの眼の前に現れて話をする。わたしはそのときみなさんの世界にいて、わたしが体験し、そして見てきたホームレスの世界をみなさんに語る。  それは、みなさんへ贈る、わたしがホームレス...
謹賀新年 あけましておめでとうございます。 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 昨年はたいへんお世話になり、ほんとうにありがとうございました。 さて、これもまた例によって元旦当日、ぼくはどこでなにをしているのかわからない始末なのだが、いよいよ今年は健次郎が自立に向かって羽ばたくッ!可能性がなきにし...
こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
スポンサーリンク