起き抜けの景色

スポンサーリンク

TS350334

 眼を開けると茂った木々の向こうに青空が見えた。しばらくぼんやりしてから公園の硬いベンチの上、えいやッと身体を起こす。雨が過ぎ去って、今日は暑くなりそうな予感がする。どこか日陰を探そう。

 ホームレスになりたてのころ、眼を覚ましてすぐには、自分の居場所がわからないことが多かった。見慣れぬ高い天井が見えたり、青空を流れてゆく白い雲が見えたりした。それを眺めながら、ほんの数秒、激しい混乱に襲われた。

 いったいここはどこなのか? なぜ自分はこんなところにいるのか? 懸命になって過去の記憶をさかのぼろうとするのだ。そうして直ちに、自分には帰る家がないことを思い出し、そのために病院の待合室だとか公園のベンチだとかで寝たのだと気づくのだった。あの数秒間に襲ってくる、わけのわからない不安といったらなかったものだ。

 けれど、今はもうあのような恐怖はない。眼を覚ますと、毎日ちがう景色が見える。それがあたりまえの生活になってしまったのだ。眼を開けると、見える風景がいつもちがう。もう驚くこともなくなってしまった。

関連記事

不思議の世界 このブログをざっと読み返してみる。ヤだな、と思う。とりわけここのところ攻撃的な記事がつづいていて、ヤだな、と思う。読むとひどくすさんだ気持ちになってくる。読んですさんだ気持ちになるような文章は、ヤだな、と思う。なんだってコイツはこんなヤな文章を書いてやがるんだと思い、またヤだな、と思う。文章には人が...
あなたのこころ。 誰かのそばに最後まで付き添ってやりたい、という気持ちは常にある。ひとりぽつねんとして、うずくまって在るこころ。誰も気づかずにただ通り過ぎてゆくだけのこころ。誰かが気づいたとしてもやがて離れていってしまうだけのこころに、最後まで付き合ってやりたい気持ちはある。もう誰もいなくなっても、俺だけは最後まで付...
なまってます ふだん、ネットカフェにこられない夜間は寝ずに起きているのだけれど、ここのところ外で過ごす日が多いので、やむなくむかしのように寝ることにした。もちろん公園のベンチだ。日中は汗ばむ陽気なのに、これが夜半になるとやけに冷え込む。もってせいぜい3時間ぐらいが関の山である。 とはいえ、隣のベンチでいびきを...
並ぶ並ばない並べない、立ち入れない取り戻せない、そして立ち去る...  ここ数年、正月は、とある路上で開かれる新年会にお邪魔させてもらっている。主催は野宿者で、近隣の路上生活者やサポーター、社会運動家、立場のよくわからない人、あるいはぼくのように得体の知れない者までが集い、新年のあいさつを交わして、おみくじを引き、書き初めをし、飲んで食べて笑い合い、真剣に語り、ときと...
スポンサーリンク