起き抜けの景色

スポンサーリンク

TS350334

 眼を開けると茂った木々の向こうに青空が見えた。しばらくぼんやりしてから公園の硬いベンチの上、えいやッと身体を起こす。雨が過ぎ去って、今日は暑くなりそうな予感がする。どこか日陰を探そう。

 ホームレスになりたてのころ、眼を覚ましてすぐには、自分の居場所がわからないことが多かった。見慣れぬ高い天井が見えたり、青空を流れてゆく白い雲が見えたりした。それを眺めながら、ほんの数秒、激しい混乱に襲われた。

 いったいここはどこなのか? なぜ自分はこんなところにいるのか? 懸命になって過去の記憶をさかのぼろうとするのだ。そうして直ちに、自分には帰る家がないことを思い出し、そのために病院の待合室だとか公園のベンチだとかで寝たのだと気づくのだった。あの数秒間に襲ってくる、わけのわからない不安といったらなかったものだ。

 けれど、今はもうあのような恐怖はない。眼を覚ますと、毎日ちがう景色が見える。それがあたりまえの生活になってしまったのだ。眼を開けると、見える風景がいつもちがう。もう驚くこともなくなってしまった。

関連記事

俺は迷惑だ 俺は迷惑だ 会社にいられちゃ迷惑なんだ 社長にいわれて いるとこなくて うちに帰ったのさ あんたにいられちゃ迷惑なのよ 家族にいわれて いるとこなくて ダチの部屋に行ったのさ おまえにこられちゃ迷惑なんだ ダチにいわれて いるとこなくて 図書館に行ったのさ あんたに使われちゃ迷惑なんだ 市民にいわれ...
書く者と書かざる者 某月某日 ことばは虚しい。いくら叫んでも、いや叫べば叫ぶほどに、ことばはその力を失って空を切り雲散霧消してしまう。届くべきところへと届かない。届くべきところとは、すなわちあなたのその心だった。 ことばを使う者がその力を疑ったらお終いである。だからわたしはすでに終わっている。 かつて阪神大震災で被...
眠る健次郎  5月23日の深夜、公園の古ぼけたベンチで寝る自分を撮影。暗くてよくわからないが、手前が頭で向こうが足である。身体を右の背もたれのほうに横向けている。ひざが曲がっているのはベンチの長さが足りないためだ。  この日も寒くて2時間ぐらい眠るのが限度だった。白く浮き出た手が、自分のものとはいえ、...
眠る人々  数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。  むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法...
スポンサーリンク