起き抜けの景色

スポンサーリンク

TS350334

 眼を開けると茂った木々の向こうに青空が見えた。しばらくぼんやりしてから公園の硬いベンチの上、えいやッと身体を起こす。雨が過ぎ去って、今日は暑くなりそうな予感がする。どこか日陰を探そう。

 ホームレスになりたてのころ、眼を覚ましてすぐには、自分の居場所がわからないことが多かった。見慣れぬ高い天井が見えたり、青空を流れてゆく白い雲が見えたりした。それを眺めながら、ほんの数秒、激しい混乱に襲われた。

 いったいここはどこなのか? なぜ自分はこんなところにいるのか? 懸命になって過去の記憶をさかのぼろうとするのだ。そうして直ちに、自分には帰る家がないことを思い出し、そのために病院の待合室だとか公園のベンチだとかで寝たのだと気づくのだった。あの数秒間に襲ってくる、わけのわからない不安といったらなかったものだ。

 けれど、今はもうあのような恐怖はない。眼を覚ますと、毎日ちがう景色が見える。それがあたりまえの生活になってしまったのだ。眼を開けると、見える風景がいつもちがう。もう驚くこともなくなってしまった。

関連記事

ホームレスタウン ~葬られてゆく人々~...  今回は写真のみ。説明は無用と思う。
毎日の暮らしメモ(5月17日~24日) 総歩数 消費カロリー 食事 本日のちょびっと善行 本日の悪行ざんまい その他 ■5月17日(木) 5,847歩 130kcal お弁当、パン、おにぎり、野菜ジュースなど そんなむかしのことは覚えていない 悪いことはすぐに忘れる 本を借りるもだるくて読めず。集中力なし。ネットカフェで休む。 ...
なんだか、どよよん。 なんだか近ごろは、気がつくと、どよよんとしている。いつも、どよよん。今も、どよよん。明日も、どよよん。やらなきゃいけないことがあるのに、どよよん。なくても、どよよん。 原因はわかっている。いや、わかっていないかも知れない。わかっているような気がしているだけなのかも知れないのかもわからないかも知れ...
くたばれ健次郎ッ! 俺は自己チューなんだよッ! てめぇがギリギリ生きるので目一杯で、人の心配できねぇのよッ! 人の心配しようとしても、気がつくとてめぇのことばっか考えてんのよッ! てめぇじゃどうにもならねぇのよッ! どうにもならねぇんだよッ! それが悪いか? 悪いに決まってんじゃねぇかよッ! なんだってんだ、あぁ? ...
スポンサーリンク