雨降る晩に

スポンサーリンク

TS350307

 雨がしとしとと降りつづける深更にただひとり、ぽつねんと路上の影に立ち止まっていると、なんだかひどくわびしい。天から雨粒がぽつぽつと落ちてきては、透明な傘の向こうで粉々に砕け散ってゆく。ざぁざぁとやかましい音がしているのにひどく静かなのは、人間がいないからだ。自分ひとりだけしか人間がいない。まるで世界が消え去ってしまったように静かだ。ただ、雨の音だけがしている。

関連記事

生きてます 取り急ぎ、ぼくは無事、というほどのこともないのだけれど、年末年始を切り抜けて生きております。ご心配いただいた方々、ありがとうございました。コメントをいただいた方々には個別にご返事差し上げたいところなのですが、今ちょっと時間がありませんので、次の機会に譲らせていただきたいと思います。取りあえず、ぼくは...
最悪の状況 今、ネットカフェが使えない状態で電器店からアクセスしているのだが、路上に堕ちたばかりの状況に戻りつつあるようだ。夜は恐ろしく寒い。寝るどころではないし食い物もない。ゴミを漁ったがまだ勘が戻らぬ。すぐに見つけられないのだ。精神状態も非常に悪い。俺がここでやってきた5年間はいったいなんだったのか。なにも...
早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
スポンサーリンク