ホームレスの傘は夜ひらく

スポンサーリンク

TS350212

 梅雨だから、というわけじゃない。川崎市内の某所では、夜な夜なホームレスたちの傘が開く。傘などあってもなくても実質はほとんど変わらないが、心理的な壁なのだと思う。

関連記事

今日のことば ■2007年 ★4月27日 「悩み苦しむ人はそれだけで、人を救う働きをしている」(田口ランディ)  最近聞いたことばの中では圧倒的な癒し効果。思わず涙が出た。人を傷つけるだけしかできない俺でも誰かを救っているのか? そう信じたい。 ★3月9日 「大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりのために全...
健次郎、その後 順序が逆になっていますが、簡単に状況報告を。 管理人の胃袋は当面の危機を脱しましたが、アクセス環境の不安定さは相変わらずで、まぁこれは以前も不安定だったわけですからそれほど変わらないわけで、まぁそうした中で今までやってきたわけで、まぁこれからもそのようにつづけてゆくしかあるまいというわけで、まぁこの...
なんだかぼんやり。 なんだか近ごろは、気がつくとぼんやりしている。歩きながらぼんやり、道端に座り込んでぼんやり、図書館でぼんやり、マックでぼんやり、ネットカフェでぼんやり。気力が停滞している。半年ぐらい前は、しばらくぶりに気力回復かと思えたが、再び立ち止まってしまっている。というか、元に戻ってしまった。 感覚的に、...
終わる健次郎 抑うつ状態がひどい。寒い。体の芯が冷え切っている。飯を食っていない。わめきたい。ここは公共施設なのだがログイン作業をさせてくれるのか? そのうち怒られるかも知れない。なんだ、バカ。もう終わりだ、終わり。人間なんざまったく信用できない。健次郎は終了だ。もう終了。明日なんか知らない。今夜だって知らない。...
スポンサーリンク