池に浮かぶベンチ

スポンサーリンク

TS350221

 6月15日、梅雨入り宣言翌日の川崎市等々力緑地にて。ほんとうは池にベンチが浮かんでいるわけではないのだけれど、前日の雨でできた水たまりの中、ベンチが孤立している。

関連記事

縦だか横だかわからないステーキ  ステーキというものに縁がない。学生時代、ファミリーレストランでバイトをしていた友人が、職場からくすねてきたサーロイン・ステーキを調理して振舞ってくれた。3人前ぐらいあったのをみなで分け合って食べたのだけれど、なんだか薄っぺらな肉片に過ぎず、取り立ててうまいわけでもなかった。ちょっとがっかりしな...
悪党という厄介な生き方 悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。 ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分...
相も変わらず路上の暮らし ぼくは現在、ネットで6つのサイトを運営していて、さらにひとつを開設準備中なのだが、そのうち3つがホームレス関連のサイトだ。ひとつはいうまでもなくこの「ミッドナイト・ホームレス・ブルー」であり、もうひとつはここで書いていたエッセイだけを独立させた「ホームレス・ブルース」、さらには海外向けの英語版サイト...
ホームレス、稼ぐ  最近いただいたお仕事で得た収入やら、購入した贅沢品やら、必需品やらを、仕事の合い間に記念撮影。  お金を写真に撮るのはいかにも悪趣味だが、諭吉さんなどそうそう拝めるものではないので、まぁよかろう。健次郎の生活も以前ほどひどくはなくなりつつあるのだと、読者を安心させたい気持ちもある。 ...
スポンサーリンク