眠りを拒絶するベンチ(その3)

スポンサーリンク

TS350295

 JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。

関連記事

人生30点主義 なんでも完璧にこなそうとすると、ぜんぜんそうできない自分に嫌気が差しちゃう。いつも100点満点、いや120点を目指しちゃうと、70点ぐらいの自分が嫌になっちゃう。 だから「人生80点主義」なんてものがあるのだけれど、俺は80点も要らないや。30点でいい、30点で。赤点ギリギリでいいよ。 ホームレスっ...
人生からの復讐 なんつーか、俺は自分の人生から復讐されている気がするんだよね。まいた種を刈り取らされているというか、犯した罪を償わされているというか、まぁ因果応報ってヤツだ。自分の人生から「ザマァ見ろ」っていわれている気がする。えらそうなことばかりいって、なにもできねぇじゃねぇかと。やれるもんならやってみろと。 ...
眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
未成熟なココロ トップページに、改めてホームレスの分類についての解説を載せた。以前に公開していたものを引きずり出してきて、少し書き直した。「明るく元気で前向きにガンバッているホームレス」ばかりがホームレスじゃないんだよ、ということを訴えたい気持ちが強かった。けれど、なんだってこんなことをするのだろう。いまさらどうで...
スポンサーリンク