眠りを拒絶するベンチ(その3)

スポンサーリンク

TS350295

 JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。

関連記事

よいお年をお迎えください むかしのログを眺めていると懐かしさを感じる。「Birth of Blues」さんなんていうブログとはトラックバックを打ち合ったこともあったと思うけど、いたずらっけのあるおもしろい人だった。時事問題をこまめにていねいにおもしろおかしく追いかけている人で、ホームレスのおかしなブロガーが出てきたってんで、...
致命的なまでにすれちがう世界、あるいは淡白さ... Side A ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」という映画だったように思う。ひとつのエピソードの登場人物が次のエピソードの主人公になってゆくオムニバス形式で、たがいのエピソードには関連性がないという変わったシロモノだが、中でも奇妙なのがこの話である。 ある少女が行方不明になった、あるいは誘拐されたと...
永遠の凍土に埋まれ 停滞しはじめた自分の精神に嫌気がさす。急斜面から滑落し、セルフビレイ一本でかろうじて宙にぶら下がっている。もがいてもあがいてもなんの取っ掛かりもなく、吹きつける寒風の中をただ漂っている。ぶら~り、ぶらんぶらん。 切ってしまえ、とさえ思う。なんだってこの岩山を登ろうというのか。もはや理由さえ定かではな...
ホームレス、ちょー寒いッ!  この冬は、ここ数年でいちばんの寒さだろう。都心で降っても川崎は降らないというほど雪に縁の薄いこの街も、先日はうっすらと雪化粧。身震いするような寒さであった。今日も先ほどまで路上をウロウロしていたが、ウンザリするような冷え込みである。  凍りつくようなアスファルトの上にダンボール一枚を敷き詰め...
スポンサーリンク