眠りを拒絶するベンチ(その2)

スポンサーリンク

TS350270

 川崎市幸区下平間(JR鹿島田駅付近)の公園にある「眠りを拒絶するベンチ」。平均的なタイプで、他の造りとデザインが一体化している。当初からこのようにデザインされているのであろう。肘掛けを装って自己正当化しているのがなんともイヤラシイ。発想が醜い。イコール作った人間の心が醜い。


TS350268

 同公園内にある別のタイプ。花壇に沿って湾曲した凝った造形。細いパイプで穏やかに、しかし眠ることをきっぱりと拒絶している。

関連記事

涙さえも自分のために 今日も酒、入っちゃってます。えへへ。ネットカフェってなぁ酒呑んだらダメだから、バレたら退店だ。でも、俺は自己チューだから、酒だってなんだって飲むんだよッ! うひ~、まずいねぇ酒ってやつはッ! なんでこんなもんを呑むんだぁ? 俺はねぇ、今まで他人の思惑に振りまわされてきたの。他人の顔色をうかがいながら...
さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
歩道橋でひと休み  5月22日の午後に撮影。歩道橋というか、街道にのぼる階段の途中で寝ている人。ホームレスかどうかはわからない。よく見ると、顔にタオルをかけている。ジョギングかなにかの途中だったのかも知れない。  撮影時にはたまたま誰もいなかったのだけれど、この階段をさまざまな人たちが通り過ぎていった。ほとんど...
終わる健次郎 抑うつ状態がひどい。寒い。体の芯が冷え切っている。飯を食っていない。わめきたい。ここは公共施設なのだがログイン作業をさせてくれるのか? そのうち怒られるかも知れない。なんだ、バカ。もう終わりだ、終わり。人間なんざまったく信用できない。健次郎は終了だ。もう終了。明日なんか知らない。今夜だって知らない。...
スポンサーリンク