眠りを拒絶するベンチ(その2)

スポンサーリンク

TS350270

 川崎市幸区下平間(JR鹿島田駅付近)の公園にある「眠りを拒絶するベンチ」。平均的なタイプで、他の造りとデザインが一体化している。当初からこのようにデザインされているのであろう。肘掛けを装って自己正当化しているのがなんともイヤラシイ。発想が醜い。イコール作った人間の心が醜い。


TS350268

 同公園内にある別のタイプ。花壇に沿って湾曲した凝った造形。細いパイプで穏やかに、しかし眠ることをきっぱりと拒絶している。

関連記事

火事場のホームレス 火事場の馬鹿力、とは、 「これ以上ちからを出すとケガするかも」 という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。 まちがっても超人的とはいわないけれど、このブ...
最悪の状況 今、ネットカフェが使えない状態で電器店からアクセスしているのだが、路上に堕ちたばかりの状況に戻りつつあるようだ。夜は恐ろしく寒い。寝るどころではないし食い物もない。ゴミを漁ったがまだ勘が戻らぬ。すぐに見つけられないのだ。精神状態も非常に悪い。俺がここでやってきた5年間はいったいなんだったのか。なにも...
眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
思慮深さ ブログの訪問者もいろいろだけれど、滞在時間など見ていると興味深い。ウェブサイトは印刷物よりも斜め読みされるケースが多いのだが、それでもこの速さで読めるとは到底思えない速度で読み飛ばされてゆくことがわかる。 このブログで、ひとり平均3分弱である。速い人では1分ぐらいだ。書いたぼくより速く読む(笑)。読...
スポンサーリンク