眠りを拒絶するベンチ(その1)

スポンサーリンク

TS350256

 岡本太郎の作品に「座ることを拒否する椅子」というものがあって、川崎市市民ミュージアムにも所蔵されているが、これは座面にいろいろなものが彫られていて、平らでもなく柔らかくもなく、およそ座り心地のよい椅子ではない。がしかし、これは芸術だからそれでよい。

 写真は同館の玄関脇にあるベンチ。むろん岡本作品ではない。横になることができないように仕切りがついているけれど、もともとこのベンチにこんなものはなかった。近年になって同館が誇らしげにつけた、アトヅケのシロモノなのである。

 岡本太郎をもじれば、さしずめ「眠りを拒絶するベンチ」だが、ホームレス対策というその発想がなんともイヤラシイ。仮にも芸術と関わる場所にこのようなものを作ったとあっては、今は亡き御大もさぞや呆れ果てていることだろう。

 ホームレス対策ということで、こうした仕切りを持つベンチが非常に増えたけれど、これを最初に考え出した奴は、ベンチで眠らざるを得ない生活を送る人間の苦しみを考えたことがあるのだろうか。おそらくよいアイディアだと喜んだことだろうが、被爆者の苦しみを考えずに原爆を作り出した科学者と変わらぬ心ではないのか。発想そのものがあまりにも醜く情けない。人間の風上にも置けぬ輩だと感じる。

関連記事

持たざるものは分かち合えず  ここのところシェアとか分かち合いということを考えていて、それだからたとえば「「東京ホームレス」ウォッチ」では「幸せとは人と分かち合うものであるようだ」なんて書いたのだが、なにかぼく自身がやるぶんには気持ちがついてゆかず、幸せや愛や優しさや安らぎや明るさや元気さといったポジティブなエネルギーを分かち...
よくない嫌い悪いダメ、だけど素敵 近づいてくる人はいつもいっしょ あなたを利用させてください あなたのこことそこがよくありません 役に立たないのならもうきません もっと利用できる人を見つけました あなたを利用し終わりました サヨウナラ いい寄ってくる女はいつもいっしょ あなたを好きになりました あなたのこことそこが嫌いです 直し...
若者のイベントとホームレス  七夕の翌日、川崎市内の公園にある野外ステージでおこなわれていたなにかのイベント。ステージ上のDJにあわせて若者たちが踊っていたが、人影もどことなくまばらであり、今ひとつ盛り上がりに欠け、それにもましていったいなんのイベントなのかさっぱりわからなかった。  この野外ステージ、ふ...
並ぶ並ばない並べない、立ち入れない取り戻せない、そして立ち去る...  ここ数年、正月は、とある路上で開かれる新年会にお邪魔させてもらっている。主催は野宿者で、近隣の路上生活者やサポーター、社会運動家、立場のよくわからない人、あるいはぼくのように得体の知れない者までが集い、新年のあいさつを交わして、おみくじを引き、書き初めをし、飲んで食べて笑い合い、真剣に語り、ときと...
スポンサーリンク