眠りを拒絶するベンチ(その1)

スポンサーリンク

TS350256

 岡本太郎の作品に「座ることを拒否する椅子」というものがあって、川崎市市民ミュージアムにも所蔵されているが、これは座面にいろいろなものが彫られていて、平らでもなく柔らかくもなく、およそ座り心地のよい椅子ではない。がしかし、これは芸術だからそれでよい。

 写真は同館の玄関脇にあるベンチ。むろん岡本作品ではない。横になることができないように仕切りがついているけれど、もともとこのベンチにこんなものはなかった。近年になって同館が誇らしげにつけた、アトヅケのシロモノなのである。

 岡本太郎をもじれば、さしずめ「眠りを拒絶するベンチ」だが、ホームレス対策というその発想がなんともイヤラシイ。仮にも芸術と関わる場所にこのようなものを作ったとあっては、今は亡き御大もさぞや呆れ果てていることだろう。

 ホームレス対策ということで、こうした仕切りを持つベンチが非常に増えたけれど、これを最初に考え出した奴は、ベンチで眠らざるを得ない生活を送る人間の苦しみを考えたことがあるのだろうか。おそらくよいアイディアだと喜んだことだろうが、被爆者の苦しみを考えずに原爆を作り出した科学者と変わらぬ心ではないのか。発想そのものがあまりにも醜く情けない。人間の風上にも置けぬ輩だと感じる。

関連記事

火事場のホームレス 火事場の馬鹿力、とは、 「これ以上ちからを出すとケガするかも」 という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。 まちがっても超人的とはいわないけれど、このブ...
聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
拝啓 ありがとうございます 感謝、ということが苦手だ。ありがとうございます、感謝しています、毎度あり、どうも、サンキュー、ダンケシェン……。ことばにしてしまえばそれだけのことだけれど、胸の奥底から突き上げてきたものが口をついて溢れ出るための、本来その胸の奥に燃えたぎっているべきものが、ない。にもかかわらず、ぼくは平然といってし...
ひとりぼっちの彼 高校進学の際、三つの学校を受験した。ひとつは進学校で学業レベルが高く、ぼくの学力ではギリギリで、私学でもあり授業料も値が張る。おまけに家から遠く、同級生で受験する者もいなかったが、担任教師が強く勧めるのでやむなく選んだ。学力不足以上に、本人に進みたい気持ちがないので当然落ちた。 ふたつめは公立校で...
スポンサーリンク