女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」

スポンサーリンク

女子大生が焼き打ち「燃やせ!殺せ!」」と、6月7日付・日刊スポーツが報じた。

 埼玉県警朝霞署は6日までに、ホームレスの男性が寝ていた段ボール箱の「家」にサラダ油をまき、放火しようとしたとして、東洋大4年の安藤佳南子容疑者(21)ら男女4人を器物損壊容疑で逮捕した。4人は深夜河川敷でバーベキューをしているうち「殺せ」「燃やせ」などと騒ぎ、この段ボールを“焼き打ち”しようとしたが、ライターのオイルが切れていたため着火しなかった。この男性は「もうダメかと思った」と恐怖を振り返った。

 逮捕されたのは、東京都板橋区に住む東洋大4年安藤容疑者のほか、埼玉県坂戸市、専門学校生伊藤貴紘容疑者(20)埼玉県狭山市、東洋大2年の男子学生(19)埼玉県新座市、成城大2年の男子学生(19)の学生グループ4人。

 調べでは、4人は5日午前4時半ごろ、朝霞市の黒目川にかかる浜崎黒目橋のたもとの河川敷でホームレスの男性(43)が寝ていた「段ボールハウス」にサラダ油約500ミリリットルをかけ、ライターで火を付けようとした疑い。

 朝霞署や被害男性によると、4人はこの日午前0時すぎから河川敷でバーベキューを始め、ビールなどを飲み盛り上がった。そのうち、だれかが「このサラダオイル余ったけどどうしよう」と言った後、口々に「あの段ボールは燃えやすい。かけろ!」「燃やそう」と騒ぎ出したという。

酔って盛り上がった末の勢い、ということらしい。バカな学生どもである。人を殺そうとしておいて酔っていたもなにもない。殺人未遂だろう。実刑がふさわしい。いさぎよく刑務所へ行って10年ぐらい入ってなさい。

関連記事

ホームレスだって投票したい ホームレスとて選挙となれば血がうずく、というわけでもなかろうが、9月3日付・読売新聞の地域版には「ホームレスに投票の機会を」という記事。川崎のホームレスシェルター「愛生寮」において、施設での住民登録を認めるよう、区役所に要望するという話題だ。 ご存知のようにホームレスには住民票がない人も多い。わ...
川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
スポンサーリンク