ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果

スポンサーリンク

ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。

 ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で計六十七人が就職し社会復帰を果たす一方で、高齢化の壁なども浮き彫りになっている。

 同市などがまとめた初年度の運営状況によると、支援センターの入所者は百八人で、退所者(就労自立)は七十二人。支援ホームでは、入所者は延べ五百九十五人(実人数二百十七人)、退所者は百四十二人だった。

 このうち就労支援などの結果、就職が決まり退所した人数は、支援センターが過半数に達する四十一人、支援ホームが二十六人の合計六十七人にのぼった。

シャッター前で眠るホームレス

 数字のあれこれはよくわからないが、「退所者(就労自立)」と「就職が決まり退所した人」とどうちがうのか? ワケのわからない数字だなぁ。残りの人たちはどこへ行っちゃったんだろうなぁ? みんなまたホームレスになっちゃったわけですかぁ?

 減ってるとかいうけどホントかねぇ? 周辺で寝ている人、まだまだいっぱいいるんだぜ?

関連記事

川崎のホームレス、数えまちがいで減少か?... 川崎のホームレスが減少したと8月25日付・読売新聞川崎版が報じた。川崎市では7月にホームレス数の調査をおこない、同月29日現在で938人(概数)を確認。90人減少したという。内訳は川崎区605人、幸区132人、中原区92人、高津区35人、宮前区6人、多摩区62人、麻生区6人。場所は公園など351人、...
ホームレス自立支援施設で利用制限 「ホームレス自立支援施設で利用制限、入所拒否も/川崎市」と、5月26日付・神奈川新聞が報じた。  川崎市がホームレス(路上生活者)の自立や就労を促進するために設けた施設の利用要件に「市内で三カ月以上野宿していること」との制限を加え、他都市からのホームレスの利用を事実上、約一年にわって門前払いし...
「ビッグイシュー」統合エントリー 「ビッグイシュー」の話題を統合しました。コメントやトラックバックはこちらまで。 ★2005年9月29日 「お茶の水でビッグイシュー」は「ビッグイシュー」販売員であるお茶の水博士さんのブログである。「ビッグイシュー」とは、ホームレスだけが販売できる一般向けの雑誌である。つまり、お茶の水博士さんはホ...
第1回「東京ホームレス会議」開催 ホームレスが販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」が、25日午後5時から、第1回「東京ホームレス会議」を開くと、「聞いて知って語って 第1回「東京ホームレス会議」開催 - OhmyNews:オーマイニュース “市民みんなが記者だ”」が伝えている。  「会議」前半は、実際の販売者3人と企業のCSR...
スポンサーリンク