ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果

スポンサーリンク

ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。

 ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で計六十七人が就職し社会復帰を果たす一方で、高齢化の壁なども浮き彫りになっている。

 同市などがまとめた初年度の運営状況によると、支援センターの入所者は百八人で、退所者(就労自立)は七十二人。支援ホームでは、入所者は延べ五百九十五人(実人数二百十七人)、退所者は百四十二人だった。

 このうち就労支援などの結果、就職が決まり退所した人数は、支援センターが過半数に達する四十一人、支援ホームが二十六人の合計六十七人にのぼった。

シャッター前で眠るホームレス

 数字のあれこれはよくわからないが、「退所者(就労自立)」と「就職が決まり退所した人」とどうちがうのか? ワケのわからない数字だなぁ。残りの人たちはどこへ行っちゃったんだろうなぁ? みんなまたホームレスになっちゃったわけですかぁ?

 減ってるとかいうけどホントかねぇ? 周辺で寝ている人、まだまだいっぱいいるんだぜ?

関連記事

ホームレスが施設に損害賠償請求 読売新聞によると、川崎市のホームレス一時宿泊施設を利用した男性が、精神的苦痛を受けたとして施設を訴えたというんだな。番号で呼ばれたり暴言を吐かれたそうな。施設運営会社ならびに業務委託している市に230万の慰謝料請求だ。3月から6月までというし、民間なら「愛生寮」ではないな。業務委託というとあそこの簡...
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
ホームレス絞殺事件 読売新聞やら朝日新聞やら毎日新聞やらによれば、7月26日午後8時ごろ、川崎市内の多摩川河川敷に小屋掛けしていたホームレスが、おなじホームレス仲間を絞殺しちゃったんだって。容疑者は自首したというが、嫌な事件だなァ…… 小屋の中で一緒に酒を呑んでいたんだが、金銭問題をめぐって口論になったんだと。殴り...
移行済み  こちらの記事は『「ビッグイシュー」統合エントリー』に移行しました。
スポンサーリンク