縦だか横だかわからないステーキ

スポンサーリンク

TS350139

 ステーキというものに縁がない。学生時代、ファミリーレストランでバイトをしていた友人が、職場からくすねてきたサーロイン・ステーキを調理して振舞ってくれた。3人前ぐらいあったのをみなで分け合って食べたのだけれど、なんだか薄っぺらな肉片に過ぎず、取り立ててうまいわけでもなかった。ちょっとがっかりしながらいただいたのが、あとにも先にもステーキなるものを食した最初で最後の機会である。

 表題にある「縦だか横だかわからないステーキ」とは、松本零士のマンガ「男おいどん」の中で、チビでメガネでガニマタで頭も要領も悪く、金も学歴もない主人公が、なにかの折に食べたいものを問われて答えるセリフであったと思う。いわれた側は困惑しながら、それでも巨大なサイコロにも似たステーキを調理して主人公に食べさせるという、なんだか妙なエピソードだった。

 写真は街角で見かけたテンダーロイン・ステーキのサンプル。縦だか横だかわからない、というほどではないけれど、これは相当に分厚くて思わず見とれてしまった。ぼくは基本的に下戸なのだが、それでもちょっとだけビールを飲(や)りながらこんなステーキにパクつけたら、それはそれで幸せな食事だと思う。


TS350147

 こちらは当日の実際の食事。第一パン製の5個入り小倉パンとコーヒーだ。白玉も入ってボリュームもあり、これはこれでおいしい。なによりサンプルは食べられないが、これはれっきとした食い物であるのがありがたい。

関連記事

The Long Goodbye 「The Long Goodbye」とは邦題を『長いお別れ』という、レイモンド・チャンドラーの手になる探偵小説のタイトルである。すでにお知らせしたようにブログの終了に伴い、その名にかこつけて書き残したことをいつもの減らず口で最後に。 ***  なぜホームレスなんだ? というご質問が多かっ...
こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
コミュニケーション能力が、ない なんだか最近はコミュニケーション能力が重要視されているんである。ふだんの日常的な人間関係をはじめとして、仕事でもコミュニケーション能力が非常に重要視されているんである。企業の採用担当者も、コミュニケーション能力をとても重要視しているんである。ビジネスコンサルタントなども、コミュニケーション能力をやた...
毎日の暮らしメモ(5月17日~24日) 総歩数 消費カロリー 食事 本日のちょびっと善行 本日の悪行ざんまい その他 ■5月17日(木) 5,847歩 130kcal お弁当、パン、おにぎり、野菜ジュースなど そんなむかしのことは覚えていない 悪いことはすぐに忘れる 本を借りるもだるくて読めず。集中力なし。ネットカフェで休む。 ...
スポンサーリンク