縦だか横だかわからないステーキ

スポンサーリンク

TS350139

 ステーキというものに縁がない。学生時代、ファミリーレストランでバイトをしていた友人が、職場からくすねてきたサーロイン・ステーキを調理して振舞ってくれた。3人前ぐらいあったのをみなで分け合って食べたのだけれど、なんだか薄っぺらな肉片に過ぎず、取り立ててうまいわけでもなかった。ちょっとがっかりしながらいただいたのが、あとにも先にもステーキなるものを食した最初で最後の機会である。

 表題にある「縦だか横だかわからないステーキ」とは、松本零士のマンガ「男おいどん」の中で、チビでメガネでガニマタで頭も要領も悪く、金も学歴もない主人公が、なにかの折に食べたいものを問われて答えるセリフであったと思う。いわれた側は困惑しながら、それでも巨大なサイコロにも似たステーキを調理して主人公に食べさせるという、なんだか妙なエピソードだった。

 写真は街角で見かけたテンダーロイン・ステーキのサンプル。縦だか横だかわからない、というほどではないけれど、これは相当に分厚くて思わず見とれてしまった。ぼくは基本的に下戸なのだが、それでもちょっとだけビールを飲(や)りながらこんなステーキにパクつけたら、それはそれで幸せな食事だと思う。


TS350147

 こちらは当日の実際の食事。第一パン製の5個入り小倉パンとコーヒーだ。白玉も入ってボリュームもあり、これはこれでおいしい。なによりサンプルは食べられないが、これはれっきとした食い物であるのがありがたい。

関連記事

あるじなき摩天楼(地獄と天国)  5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。  路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの...
J.BOY/浜田省吾 J.Boy 掲げてた理想も今は遠く J.Boy 守るべき誇りも見失い (J.BOY/浜田省吾) 浜田省吾のファンというわけでもない。まぁ、だいたいぼくはあまり音楽に馴染みがなく、なにが好きかと訊かれて答えに窮し、つい浜田省吾と答えてしまう程度のものだ。それが先日ブラブラしていると、「愛の世代の前に」...
謹賀新年 あけましておめでとうございます。 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 昨年はたいへんお世話になり、ほんとうにありがとうございました。 さて、これもまた例によって元旦当日、ぼくはどこでなにをしているのかわからない始末なのだが、いよいよ今年は健次郎が自立に向かって羽ばたくッ!可能性がなきにし...
さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
スポンサーリンク