縦だか横だかわからないステーキ

スポンサーリンク

TS350139

 ステーキというものに縁がない。学生時代、ファミリーレストランでバイトをしていた友人が、職場からくすねてきたサーロイン・ステーキを調理して振舞ってくれた。3人前ぐらいあったのをみなで分け合って食べたのだけれど、なんだか薄っぺらな肉片に過ぎず、取り立ててうまいわけでもなかった。ちょっとがっかりしながらいただいたのが、あとにも先にもステーキなるものを食した最初で最後の機会である。

 表題にある「縦だか横だかわからないステーキ」とは、松本零士のマンガ「男おいどん」の中で、チビでメガネでガニマタで頭も要領も悪く、金も学歴もない主人公が、なにかの折に食べたいものを問われて答えるセリフであったと思う。いわれた側は困惑しながら、それでも巨大なサイコロにも似たステーキを調理して主人公に食べさせるという、なんだか妙なエピソードだった。

 写真は街角で見かけたテンダーロイン・ステーキのサンプル。縦だか横だかわからない、というほどではないけれど、これは相当に分厚くて思わず見とれてしまった。ぼくは基本的に下戸なのだが、それでもちょっとだけビールを飲(や)りながらこんなステーキにパクつけたら、それはそれで幸せな食事だと思う。


TS350147

 こちらは当日の実際の食事。第一パン製の5個入り小倉パンとコーヒーだ。白玉も入ってボリュームもあり、これはこれでおいしい。なによりサンプルは食べられないが、これはれっきとした食い物であるのがありがたい。

関連記事

悪党という厄介な生き方 悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。 ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分...
進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
健次郎、その後 順序が逆になっていますが、簡単に状況報告を。 管理人の胃袋は当面の危機を脱しましたが、アクセス環境の不安定さは相変わらずで、まぁこれは以前も不安定だったわけですからそれほど変わらないわけで、まぁそうした中で今までやってきたわけで、まぁこれからもそのようにつづけてゆくしかあるまいというわけで、まぁこの...
スポンサーリンク