ハードボイルドな空

スポンサーリンク

TS350134

 暗くどんよりとした鉛色の雲が、この街を押し潰すように低く垂れ込めていた……などというとハードボイルド小説の書き出しのようだが、5月31日の夕刻、東京地方は雷鳴とどろいて、まさに鉛色の雲がどよよんと押し寄せた。こののち凄まじい豪雨となったのはいうまでもない。

 ハードボイルドなホームレスは、しかし珍しく準備万端。事前に避難してことなきを得たのよ。ふだんならズブ濡れなのに、いや、珍しいこともあるもんだ。みなさまのおかげです。

関連記事

飛べない鋼鉄の小鳥たち  川崎市公文書館裏にある横断歩道。その手すりに留まっている鋼鉄の小鳥たち。彼らは永遠に飛び立つことができない。恨めしげに空を眺めるだけだ。...
毎日の暮らしメモ(5月17日~24日) 総歩数 消費カロリー 食事 本日のちょびっと善行 本日の悪行ざんまい その他 ■5月17日(木) 5,847歩 130kcal お弁当、パン、おにぎり、野菜ジュースなど そんなむかしのことは覚えていない 悪いことはすぐに忘れる 本を借りるもだるくて読めず。集中力なし。ネットカフェで休む。 ...
なにも届かないことばたち 「見えにくくなってゆくホームレス」のコメント欄でオセロットさんからいただいた、  このところの健次郎さんのトピックに触れながら想うのは、“個人と普遍”、“ガッカリするかもしれない読み手の在り方”と表現されたこと=一連のトピックで“哀しさ”や“喪失”を健次郎さんのスタイルで叩きつけるように刻まれ...
バタリ。 なにか非常に状態がよくない。やらなければならないことがあるのだが、その手間を考えただけでうんざりしてしまう。頭の中がゴチャゴチャしているのだ。今はまだやりたくないのかも知れない。では、やりたくなるまで放っておくことにしよう。このところあちこちでハシャぎ過ぎたので、疲れているのだろう、たぶん。...
スポンサーリンク