ハードボイルドな空

スポンサーリンク

TS350134

 暗くどんよりとした鉛色の雲が、この街を押し潰すように低く垂れ込めていた……などというとハードボイルド小説の書き出しのようだが、5月31日の夕刻、東京地方は雷鳴とどろいて、まさに鉛色の雲がどよよんと押し寄せた。こののち凄まじい豪雨となったのはいうまでもない。

 ハードボイルドなホームレスは、しかし珍しく準備万端。事前に避難してことなきを得たのよ。ふだんならズブ濡れなのに、いや、珍しいこともあるもんだ。みなさまのおかげです。

関連記事

進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
火事場のホームレス 火事場の馬鹿力、とは、 「これ以上ちからを出すとケガするかも」 という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。 まちがっても超人的とはいわないけれど、このブ...
生きてゆくうえで大切なこと(その2)... 損得や好き嫌いで行動するな 自分が損をするか得をするかを行動の基準にしてはいけない。あるいは、好きか嫌いかを基準に行動するな。ときが経てば、状況が変われば、人がちがえば、損得や好き嫌いなどたやすく変化してしまう。そんなものを基準に行動するのは、あまりにも自分勝手である。自分勝手な人間になりたくなけれ...
謹賀新年 あけましておめでとうございます。 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 昨年はたいへんお世話になり、ほんとうにありがとうございました。 さて、これもまた例によって元旦当日、ぼくはどこでなにをしているのかわからない始末なのだが、いよいよ今年は健次郎が自立に向かって羽ばたくッ!可能性がなきにし...
スポンサーリンク