生きてゆくうえで大切なこと(その2)

スポンサーリンク

損得や好き嫌いで行動するな

自分が損をするか得をするかを行動の基準にしてはいけない。あるいは、好きか嫌いかを基準に行動するな。ときが経てば、状況が変われば、人がちがえば、損得や好き嫌いなどたやすく変化してしまう。そんなものを基準に行動するのは、あまりにも自分勝手である。自分勝手な人間になりたくなければ、損得や好き嫌いで行動してはならない。

やると決めたらとことん、徹底的にやれ

最近、ある人がなかなか立派なことをしようとしているのを眼にした。「自分自身より大切」「自分はこれに殉じたい」とまでいい切って、相当な入れ込みようだった。けれど、そこまでいいながら、すべてを投げ出す覚悟はない。「まぁこの程度でよいだろう」という腹がある。

覚悟も持たずに大風呂敷を広げてはいけない。やると決めたらとことん、徹底的にやれ。殉ずると決めたら、命さえ投げ出す覚悟がなければならない。「まぁこんなもんでよいだろう」などという限度はない。「この程度」や「こんなもん」を突き崩して、とことん徹底的にやれ。なにかを「やる」とは、そういことだ。

ものごとをふたつに分けるな

正義と悪、強いと弱い、勝ちと負け、正しいとまちがい、好きと嫌い、あちらとこちら、敵と味方、よいと悪い……。そのように、ものごとをふたつに分離して考えるな。表と裏、両面があってひとつなのだ。両者は互いを必要とし、そしてそれは結局ひとつのものなのである。

分離は対立を生み、対立は戦いに結びつく。分離せず、両者を統合しろ。境界をなくし、ひとつのものと考えろ。すべてをひとつに結びつけろ。すべてはひとつのものからできている。ひとつのものが、形を変えて現れているだけなのである。

敵は自分自身

人生で出会う人はすべてみな、必要があって出会う。好きも嫌いも味方も敵も、みな必要な出会いである。必要があって出会った人は、みな味方である。あなたは彼または彼女を必要としていたのだから。

敵はどこにいるか。自分の中である。外にはいない。敵とは自分自身のことだ。すべての戦いは己の中から起こる。では、自分自身を味方につけよう。そうすれば、もうどこにも敵はいなくなる。すべてはあなたの味方である。ほんとうは、敵などどこにも存在しないのだ。

生きることは傷つくこと

これは最近の新聞で読んだことだけれど、長く生きれば生きるほど、命はあちこちに故障を起こして、やがて死に至る。つまり、生きるとは、傷つきつづけることなのだ。生きて傷つくのはあたりまえなのである。傷つかないように、傷つくことを避けて生きようとするのはバカげている。傷つきながら生きろ。生きることは傷つくことなのだから。

関連記事

人生からの復讐 なんつーか、俺は自分の人生から復讐されている気がするんだよね。まいた種を刈り取らされているというか、犯した罪を償わされているというか、まぁ因果応報ってヤツだ。自分の人生から「ザマァ見ろ」っていわれている気がする。えらそうなことばかりいって、なにもできねぇじゃねぇかと。やれるもんならやってみろと。 ...
火事場のホームレス 火事場の馬鹿力、とは、 「これ以上ちからを出すとケガするかも」 という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。 まちがっても超人的とはいわないけれど、このブ...
謹賀新年 あけましておめでとうございます。 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 昨年はたいへんお世話になり、ほんとうにありがとうございました。 さて、これもまた例によって元旦当日、ぼくはどこでなにをしているのかわからない始末なのだが、いよいよ今年は健次郎が自立に向かって羽ばたくッ!可能性がなきにし...
縦だか横だかわからないステーキ  ステーキというものに縁がない。学生時代、ファミリーレストランでバイトをしていた友人が、職場からくすねてきたサーロイン・ステーキを調理して振舞ってくれた。3人前ぐらいあったのをみなで分け合って食べたのだけれど、なんだか薄っぺらな肉片に過ぎず、取り立ててうまいわけでもなかった。ちょっとがっかりしな...
スポンサーリンク