生きてゆくうえで大切なこと(その2)

スポンサーリンク

損得や好き嫌いで行動するな

自分が損をするか得をするかを行動の基準にしてはいけない。あるいは、好きか嫌いかを基準に行動するな。ときが経てば、状況が変われば、人がちがえば、損得や好き嫌いなどたやすく変化してしまう。そんなものを基準に行動するのは、あまりにも自分勝手である。自分勝手な人間になりたくなければ、損得や好き嫌いで行動してはならない。

やると決めたらとことん、徹底的にやれ

最近、ある人がなかなか立派なことをしようとしているのを眼にした。「自分自身より大切」「自分はこれに殉じたい」とまでいい切って、相当な入れ込みようだった。けれど、そこまでいいながら、すべてを投げ出す覚悟はない。「まぁこの程度でよいだろう」という腹がある。

覚悟も持たずに大風呂敷を広げてはいけない。やると決めたらとことん、徹底的にやれ。殉ずると決めたら、命さえ投げ出す覚悟がなければならない。「まぁこんなもんでよいだろう」などという限度はない。「この程度」や「こんなもん」を突き崩して、とことん徹底的にやれ。なにかを「やる」とは、そういことだ。

ものごとをふたつに分けるな

正義と悪、強いと弱い、勝ちと負け、正しいとまちがい、好きと嫌い、あちらとこちら、敵と味方、よいと悪い……。そのように、ものごとをふたつに分離して考えるな。表と裏、両面があってひとつなのだ。両者は互いを必要とし、そしてそれは結局ひとつのものなのである。

分離は対立を生み、対立は戦いに結びつく。分離せず、両者を統合しろ。境界をなくし、ひとつのものと考えろ。すべてをひとつに結びつけろ。すべてはひとつのものからできている。ひとつのものが、形を変えて現れているだけなのである。

敵は自分自身

人生で出会う人はすべてみな、必要があって出会う。好きも嫌いも味方も敵も、みな必要な出会いである。必要があって出会った人は、みな味方である。あなたは彼または彼女を必要としていたのだから。

敵はどこにいるか。自分の中である。外にはいない。敵とは自分自身のことだ。すべての戦いは己の中から起こる。では、自分自身を味方につけよう。そうすれば、もうどこにも敵はいなくなる。すべてはあなたの味方である。ほんとうは、敵などどこにも存在しないのだ。

生きることは傷つくこと

これは最近の新聞で読んだことだけれど、長く生きれば生きるほど、命はあちこちに故障を起こして、やがて死に至る。つまり、生きるとは、傷つきつづけることなのだ。生きて傷つくのはあたりまえなのである。傷つかないように、傷つくことを避けて生きようとするのはバカげている。傷つきながら生きろ。生きることは傷つくことなのだから。

関連記事

どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
眠りを拒絶するベンチ(その3)  JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。...
不思議の世界 このブログをざっと読み返してみる。ヤだな、と思う。とりわけここのところ攻撃的な記事がつづいていて、ヤだな、と思う。読むとひどくすさんだ気持ちになってくる。読んですさんだ気持ちになるような文章は、ヤだな、と思う。なんだってコイツはこんなヤな文章を書いてやがるんだと思い、またヤだな、と思う。文章には人が...
飛べない鋼鉄の小鳥たち  川崎市公文書館裏にある横断歩道。その手すりに留まっている鋼鉄の小鳥たち。彼らは永遠に飛び立つことができない。恨めしげに空を眺めるだけだ。...
スポンサーリンク