生きてゆくうえで大切なこと(その1)

スポンサーリンク

生きてゆくうえで大切なことは、たいていシンプルだ。そうしてむかしから幾度となく語り継がれ、ごくあたりまえの考えになっているが、そのために忘れ去られ、あるいはないがしろにされている。それらをもう一度思い出してみる。

自分との約束は守れ

約束というと他人とするものだと思ってしまうが、その前にまず自分自身と約束しよう。他人に対する以前に、自分自身にウソをついたり、自分をごまかしたり裏切らないことだ。

自分に対してすることは、他人に対してもする。ウソやごまかしの多い人は、まず初めに自分にウソをつき、自分をごまかしている。自分をごまかさず、自分にウソをつかないことからはじめよう。まず最初に、自分自身を裏切らないことだ。

たった今、この瞬間を大切に生きろ

今、とは、今この瞬間、たった今のことだ。「い」から「ま」へと移ってゆく、そのあいだの瞬間だ。瞬間は瞬間でしかなく、過去でも未来でもない。人間は、この「たった今」という瞬間にだけ存在する。ほかの時間を生きることはできない。

ある人はこれを「1秒前のことも考えず、1秒あとのことも考えない。今にいる」というような表現をしていたが、いつでも「たった今、この瞬間を大切に生きる」ことが大事だ。時間というのは瞬間瞬間が永遠につづいてゆくことだから、いまこの瞬間に集中し、充実させよう。

ただし、これは「今さえよければいい」「今が楽しければよい」といった刹那的な、キリギリスのような生活の意味では決してない。無計画に生きることと、瞬間を充実させることとは、まったく別の次元の話だ。

今の自分に自己満足するな

自己満足に陥ってはならない。上の話と関連するが、たった今、この瞬間の自分に最高の評価を与え、自分を肯定しながら、同時にさらに上を目指そう。「こんな自分はダメ」と自己否定せずに、今の自分をベストと考え、100点満点を与えながら、同時に次は120点を目指すのだ。

今の自分を「ベストだ」と肯定的に受け容れてゆくことと、さらに上を目指すことは、まったく矛盾しない。「このままでよい」と思った瞬間から、人は退化しはじめる。

嫌なことをやれ

自分の好きなこと、やりたいことだけやって生きてゆけたら、どれほど楽しい人生だろう。けれど、それは楽しい人生かも知れないが、ただ楽しいというだけだ。楽しいだけではなんの成長もない。人間には喜怒哀楽という幅広い能力が備わっている。ならば、すべての能力を使え。嫌なことを避けてとおる人生など、生きる値打ちさえない。

楽しいことをするのは誰でもやっている。嫌なことをする人はごくまれだ。だから、他人のやりたがらない、自分が嫌だと思うことをやれ。人がそれを嫌がるのは、それが苦しくつらいからだ。では、自分は、人が嫌がって避けてとおりたがることをやろう。

常に苦しい道を選べ

上の話とおなじことだが、楽するよりも、常に苦しい道を選ぼう。なにかに上達するには訓練が必要なのはあたりまえだが、訓練は常につらく苦しいものだ。しかし、訓練しなければ上達はない。スポーツにおいても芸術においても、そして人生においても。

関連記事

J.BOY/浜田省吾 J.Boy 掲げてた理想も今は遠く J.Boy 守るべき誇りも見失い (J.BOY/浜田省吾) 浜田省吾のファンというわけでもない。まぁ、だいたいぼくはあまり音楽に馴染みがなく、なにが好きかと訊かれて答えに窮し、つい浜田省吾と答えてしまう程度のものだ。それが先日ブラブラしていると、「愛の世代の前に」...
Show me a way!  梅雨入りしてからというもの、南関東は連日、凄まじいまでの暑さがつづく。レンガだかタイルだかの張られた路上からの照り返しは猛烈だ。ぼくはやや脱水状態気味であり、あまり体調がよろしくない。みなさんもお身体お大事に。...
あなたのこころ。 誰かのそばに最後まで付き添ってやりたい、という気持ちは常にある。ひとりぽつねんとして、うずくまって在るこころ。誰も気づかずにただ通り過ぎてゆくだけのこころ。誰かが気づいたとしてもやがて離れていってしまうだけのこころに、最後まで付き合ってやりたい気持ちはある。もう誰もいなくなっても、俺だけは最後まで付...
眠る健次郎  5月23日の深夜、公園の古ぼけたベンチで寝る自分を撮影。暗くてよくわからないが、手前が頭で向こうが足である。身体を右の背もたれのほうに横向けている。ひざが曲がっているのはベンチの長さが足りないためだ。  この日も寒くて2時間ぐらい眠るのが限度だった。白く浮き出た手が、自分のものとはいえ、...
スポンサーリンク