生きてゆくうえで大切なこと(その1)

スポンサーリンク

生きてゆくうえで大切なことは、たいていシンプルだ。そうしてむかしから幾度となく語り継がれ、ごくあたりまえの考えになっているが、そのために忘れ去られ、あるいはないがしろにされている。それらをもう一度思い出してみる。

自分との約束は守れ

約束というと他人とするものだと思ってしまうが、その前にまず自分自身と約束しよう。他人に対する以前に、自分自身にウソをついたり、自分をごまかしたり裏切らないことだ。

自分に対してすることは、他人に対してもする。ウソやごまかしの多い人は、まず初めに自分にウソをつき、自分をごまかしている。自分をごまかさず、自分にウソをつかないことからはじめよう。まず最初に、自分自身を裏切らないことだ。

たった今、この瞬間を大切に生きろ

今、とは、今この瞬間、たった今のことだ。「い」から「ま」へと移ってゆく、そのあいだの瞬間だ。瞬間は瞬間でしかなく、過去でも未来でもない。人間は、この「たった今」という瞬間にだけ存在する。ほかの時間を生きることはできない。

ある人はこれを「1秒前のことも考えず、1秒あとのことも考えない。今にいる」というような表現をしていたが、いつでも「たった今、この瞬間を大切に生きる」ことが大事だ。時間というのは瞬間瞬間が永遠につづいてゆくことだから、いまこの瞬間に集中し、充実させよう。

ただし、これは「今さえよければいい」「今が楽しければよい」といった刹那的な、キリギリスのような生活の意味では決してない。無計画に生きることと、瞬間を充実させることとは、まったく別の次元の話だ。

今の自分に自己満足するな

自己満足に陥ってはならない。上の話と関連するが、たった今、この瞬間の自分に最高の評価を与え、自分を肯定しながら、同時にさらに上を目指そう。「こんな自分はダメ」と自己否定せずに、今の自分をベストと考え、100点満点を与えながら、同時に次は120点を目指すのだ。

今の自分を「ベストだ」と肯定的に受け容れてゆくことと、さらに上を目指すことは、まったく矛盾しない。「このままでよい」と思った瞬間から、人は退化しはじめる。

嫌なことをやれ

自分の好きなこと、やりたいことだけやって生きてゆけたら、どれほど楽しい人生だろう。けれど、それは楽しい人生かも知れないが、ただ楽しいというだけだ。楽しいだけではなんの成長もない。人間には喜怒哀楽という幅広い能力が備わっている。ならば、すべての能力を使え。嫌なことを避けてとおる人生など、生きる値打ちさえない。

楽しいことをするのは誰でもやっている。嫌なことをする人はごくまれだ。だから、他人のやりたがらない、自分が嫌だと思うことをやれ。人がそれを嫌がるのは、それが苦しくつらいからだ。では、自分は、人が嫌がって避けてとおりたがることをやろう。

常に苦しい道を選べ

上の話とおなじことだが、楽するよりも、常に苦しい道を選ぼう。なにかに上達するには訓練が必要なのはあたりまえだが、訓練は常につらく苦しいものだ。しかし、訓練しなければ上達はない。スポーツにおいても芸術においても、そして人生においても。

関連記事

並ぶ並ばない並べない、立ち入れない取り戻せない、そして立ち去る...  ここ数年、正月は、とある路上で開かれる新年会にお邪魔させてもらっている。主催は野宿者で、近隣の路上生活者やサポーター、社会運動家、立場のよくわからない人、あるいはぼくのように得体の知れない者までが集い、新年のあいさつを交わして、おみくじを引き、書き初めをし、飲んで食べて笑い合い、真剣に語り、ときと...
眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
梅雨なる季節 この季節、路上はほんとうに厄介な場所だ。 雨、雨、雨…… 傘などあろうがなかろうが、ほとんど意味などない。ちょっと歩けば、足元はすぐにびしょ濡れになってしまうからである。それがまたいつ乾くとも知れず、不快きわまりないのだ。 日中といわず夜間といわず、寝場所が極端に少なくなるのも頭が痛い。明日どころか...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
スポンサーリンク