さよならスポルディング

スポンサーリンク

TS350127

 ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから、歩いていると滑りまくる。

 以前、スニーカーをビニールテープでグルグル巻きにしているホームレスを見かけたが、あれはかえって危ないのじゃないか。新しい靴を買おう。長年の相棒に感謝しつつ。

関連記事

よき人生に大切な ■よき人生に大切なことがら 誠実、正直、誠意、謙虚、謙譲、思いやり、寛容、奉仕、貢献、犠牲、清潔、純潔、廉潔、協調、協力、勤勉、忍耐、節制、節約、勇気、正義、公正、決断、自由、平等、追求心、幸福、沈黙、規律、中庸、礼儀、平静…… 全部をひっくるめてひとことでいえば、それすなわち「愛」ということば...
無意味で理不尽なトピック 「だいじょうぶ」を書いてから読んだ大覚アキラの詩 二度と詩は書かないと決めた 俺は小説を書いたほうがよさそうだ ついでにエッセイも 大覚アキラは密かなる我が師 師を呼び捨ては礼儀にかなう 「主任の健次郎さんです」とは紹介しないから 「会長の健次郎です」が正しいのさ けれど 俺は俺を呼...
ホームレスの多摩川  ゴールデンウイークの最終日、5月6日の朝に撮影。多摩川の堤防に、ひとりぽつねんと座るホームレス。たしか、この日は一日じゅう雨が降っていたと記憶しているが、この時間には一時的に止んでいたようだ。...
ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
スポンサーリンク