あるじなき摩天楼(地獄と天国)

スポンサーリンク

TS350117

 5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。

 路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの跡地が再開発の真っ只中だ。このバケモノをはじめ、そのほか多くのタワーマンションが建設されつつある。図書館や市民館、消防署までもが移設されるらしい。近くを通るJR横須賀線も新駅を計画中だ。

 新しい街に住む人たちは土地の人間ではないだろう。ましてやこんなバケモノマンションに住まうのは、どういう素性の人たちなのだろうか。少なくともワーキングプアやホームレスの経験はなさそうだ。

 この路地の入り口は毎夜、キャバクラの客引きが立ち、勤め人や酔客のふところを掠め取ろうと狙っている。そうして明け方になれば物欲しげなホームレスが這うようにウロウロと徘徊している、掃き溜めのような場所である。

関連記事

聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
火事場のホームレス 火事場の馬鹿力、とは、 「これ以上ちからを出すとケガするかも」 という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。 まちがっても超人的とはいわないけれど、このブ...
ホームレス、哀れなり ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。 さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうち...
若者のイベントとホームレス  七夕の翌日、川崎市内の公園にある野外ステージでおこなわれていたなにかのイベント。ステージ上のDJにあわせて若者たちが踊っていたが、人影もどことなくまばらであり、今ひとつ盛り上がりに欠け、それにもましていったいなんのイベントなのかさっぱりわからなかった。  この野外ステージ、ふ...
スポンサーリンク