あるじなき摩天楼(地獄と天国)

スポンサーリンク

TS350117

 5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。

 路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの跡地が再開発の真っ只中だ。このバケモノをはじめ、そのほか多くのタワーマンションが建設されつつある。図書館や市民館、消防署までもが移設されるらしい。近くを通るJR横須賀線も新駅を計画中だ。

 新しい街に住む人たちは土地の人間ではないだろう。ましてやこんなバケモノマンションに住まうのは、どういう素性の人たちなのだろうか。少なくともワーキングプアやホームレスの経験はなさそうだ。

 この路地の入り口は毎夜、キャバクラの客引きが立ち、勤め人や酔客のふところを掠め取ろうと狙っている。そうして明け方になれば物欲しげなホームレスが這うようにウロウロと徘徊している、掃き溜めのような場所である。

関連記事

眠る人々  数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。  むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法...
勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
ある引っ越しにて ぼくは途方に暮れたまま、呆けたように立ち尽くしていた。あらかたの荷物はトラックに積み込んだが、洗濯機だけがどうしても動かせないのだ。中はほとんど空っぽのくせに、底のほうに重たいモーターかなにかが詰まっているのだろう。低重心でひどくバランスが悪くて、ひとりで運ぶには重過ぎるのだった。 十年以上前の...
スポンサーリンク