あるじなき摩天楼(地獄と天国)

スポンサーリンク

TS350117

 5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。

 路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの跡地が再開発の真っ只中だ。このバケモノをはじめ、そのほか多くのタワーマンションが建設されつつある。図書館や市民館、消防署までもが移設されるらしい。近くを通るJR横須賀線も新駅を計画中だ。

 新しい街に住む人たちは土地の人間ではないだろう。ましてやこんなバケモノマンションに住まうのは、どういう素性の人たちなのだろうか。少なくともワーキングプアやホームレスの経験はなさそうだ。

 この路地の入り口は毎夜、キャバクラの客引きが立ち、勤め人や酔客のふところを掠め取ろうと狙っている。そうして明け方になれば物欲しげなホームレスが這うようにウロウロと徘徊している、掃き溜めのような場所である。

関連記事

深夜のホームレス、土砂降りに遭う  深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。  ふと思い出してパチリとやったが、長時間...
非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
ホームレス、哀れなり ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。 さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうち...
どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
スポンサーリンク