あるじなき摩天楼(地獄と天国)

スポンサーリンク

TS350117

 5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。

 路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの跡地が再開発の真っ只中だ。このバケモノをはじめ、そのほか多くのタワーマンションが建設されつつある。図書館や市民館、消防署までもが移設されるらしい。近くを通るJR横須賀線も新駅を計画中だ。

 新しい街に住む人たちは土地の人間ではないだろう。ましてやこんなバケモノマンションに住まうのは、どういう素性の人たちなのだろうか。少なくともワーキングプアやホームレスの経験はなさそうだ。

 この路地の入り口は毎夜、キャバクラの客引きが立ち、勤め人や酔客のふところを掠め取ろうと狙っている。そうして明け方になれば物欲しげなホームレスが這うようにウロウロと徘徊している、掃き溜めのような場所である。

関連記事

悪党という役まわり 袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ...
あとがき ~ホームレスの河~  ホームレスと非ホームレスとの境にはとても大きな河が流れていて、わたしはいつもその河を泳いで渡り、非ホームレスであるみなさんの眼の前に現れて話をする。わたしはそのときみなさんの世界にいて、わたしが体験し、そして見てきたホームレスの世界をみなさんに語る。  それは、みなさんへ贈る、わたしがホームレス...
いまだ哀しみを知らぬ者たちに捧ぐ ホームレスとは、生きる哀しみを心に刻み込んだ者たちのことである。 あなた方がもしもいまだ哀しみを知らぬ生を送っているのだとしたら、ホームレスのうちに宿る一片の哀しみを探し出すがよい。探し出して、身にまとうがよい。あなた方が知るべきは哀しみである。あなた方は弱過ぎる。哀しみを知らぬがゆえに。 自己...
眠る人々  数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。  むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法...
スポンサーリンク