歩道橋でひと休み

スポンサーリンク

TS350090

 5月22日の午後に撮影。歩道橋というか、街道にのぼる階段の途中で寝ている人。ホームレスかどうかはわからない。よく見ると、顔にタオルをかけている。ジョギングかなにかの途中だったのかも知れない。

 撮影時にはたまたま誰もいなかったのだけれど、この階段をさまざまな人たちが通り過ぎていった。ほとんどの人は見向きもしない。むしろ、道端に立っているぼくを気にしていた。おかしなものだ。

関連記事

歩く健次郎  5月22日撮影。歩きながら自分の足元をノーファインダー(ディスプレイを見ずに勘で撮る方法)で撮ったうちの1枚。この日はむやみに5万歩ぐらい歩いている。  左上の花はツツジかなにかだろうか。この季節、道端でほんとうによく見かける花なのだけれど、その名さえ知らず、すべて通り過ぎてゆく。...
ほんとうはなにもできない自分 俺はよく傷ついた傷ついたっていって騒ぐんだけども、ほんとうはそれとおなじぐらい、あるいはそれ以上に人を傷つけているんだ。意図的に傷つけることもあるし、気づかないうちに不用意に傷つけてしまうこともある。 当代の幸四郎が子供のころ、父親の白鸚(はくおう)に稽古をつけてもらっていたときのこと、なにかの...
早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
眠る健次郎  5月23日の深夜、公園の古ぼけたベンチで寝る自分を撮影。暗くてよくわからないが、手前が頭で向こうが足である。身体を右の背もたれのほうに横向けている。ひざが曲がっているのはベンチの長さが足りないためだ。  この日も寒くて2時間ぐらい眠るのが限度だった。白く浮き出た手が、自分のものとはいえ、...
スポンサーリンク