ホームレスの多摩川

スポンサーリンク

TS350086

 ゴールデンウイークの最終日、5月6日の朝に撮影。多摩川の堤防に、ひとりぽつねんと座るホームレス。たしか、この日は一日じゅう雨が降っていたと記憶しているが、この時間には一時的に止んでいたようだ。

関連記事

ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
相も変わらず路上の暮らし ぼくは現在、ネットで6つのサイトを運営していて、さらにひとつを開設準備中なのだが、そのうち3つがホームレス関連のサイトだ。ひとつはいうまでもなくこの「ミッドナイト・ホームレス・ブルー」であり、もうひとつはここで書いていたエッセイだけを独立させた「ホームレス・ブルース」、さらには海外向けの英語版サイト...
ホームレスの将来  ホームレスに将来があるか、と問われたら、躊躇なく「ない」と答える。ホームレスの将来とは、すなわちワーキングプアのことだからだ。  ホームレス脱出、などといったところで、所在なきワーキングプアから、住まいのあるワーキングプアに出世するだけである。そこがホームレスのドン詰まりだ。その先に道はない...
いつもの風景  2月1日深夜に撮影した川崎市内の某電話ボックス。暖冬とはいえかなり冷え込んでいても、ホームレスはご覧のとおりダンボール1枚でへっちゃらだ。ちなみに、ドアの下部分は大きくえぐれていて素通しになっており、防寒にはまったく役立っていない。...
スポンサーリンク