ホームレスの多摩川

スポンサーリンク

TS350086

 ゴールデンウイークの最終日、5月6日の朝に撮影。多摩川の堤防に、ひとりぽつねんと座るホームレス。たしか、この日は一日じゅう雨が降っていたと記憶しているが、この時間には一時的に止んでいたようだ。

関連記事

ひとりぼっちの彼 高校進学の際、三つの学校を受験した。ひとつは進学校で学業レベルが高く、ぼくの学力ではギリギリで、私学でもあり授業料も値が張る。おまけに家から遠く、同級生で受験する者もいなかったが、担任教師が強く勧めるのでやむなく選んだ。学力不足以上に、本人に進みたい気持ちがないので当然落ちた。 ふたつめは公立校で...
無意味で理不尽なトピック 「だいじょうぶ」を書いてから読んだ大覚アキラの詩 二度と詩は書かないと決めた 俺は小説を書いたほうがよさそうだ ついでにエッセイも 大覚アキラは密かなる我が師 師を呼び捨ては礼儀にかなう 「主任の健次郎さんです」とは紹介しないから 「会長の健次郎です」が正しいのさ けれど 俺は俺を呼...
非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
スポンサーリンク